ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スパイス商人に学ぶ。スパイスドリンクの世界

Photo by macaroni

神奈川県鎌倉市でスパイス専門店「アナン」を営むメタ・バラッツさんに夏のスパイスドリンクを教えてもらいました。アナンは祖父の代から続くスパイス商で、バラッツさんは3代目。幼いころからスパイスに囲まれて育ち、故郷であるインドにも度々足を運んでいるそう。

インドのスパイス文化や、日本人の舌に合うレシピを教えてくれるアナン邸には、近所の方が自然と集まり、スパイスについて楽しく会話する声が聞こえてきます。

「スパイスドリンクも夏と冬でブレンドを変えたり、伝統的なものから新しいものまであったりするので楽しいですよね」と話すバラッツさん。ご紹介してもらったドリンクは、本格的ながら飲みやすく、爽やかな味わいなものばかりです。

Photo by macaroni

スパイス専門店「アナン」/スパイス商人 メタ・バラッツさん アナン(株)にて新商品開発や新規事業に携わりながら、父アナンさんの元で、アーユルヴェーダを基にした料理を実践する。旬の野菜をテーマにしたカフェ「移動チャイ屋」を立ち上げ、出張料理を精力的に展開。カレーの炊き出し「女川カレーProject」やオンラインショップ「インターネットオブスパイス」を仲間と共に始める
キッチン棚にずらっと並ぶスパイス。それだけでなく「畑でも育てていますよ」と、ターメリックやカモミール、レモングラスなどを摘んできてくれました。

今回、第1弾でご紹介するのは「レモングラスチャイ」です。普通のチャイよりもスッキリと飲めて、スパイシーさだけでなく爽やかな風味が楽しめます。一度飲んだら夏の定番ドリンクに仲間入りすること間違いなしですよ。

食後にはもちろん、スパイス系の料理と合わせるのもおすすめ。おいしく仕上げるポイントや、バラッツさんのこだわりも必見です。

西インドのスパイスドリンク「レモングラスチャイ」

Photo by macaroni

「チャイとは、インドで “お茶” のこと。ミルクとブレンドされていても、ストレートでも、お茶であれば、チャイと呼ばれています。

レモングラスチャイは、インド全土で飲まれているものではなく、私の故郷である西インド、グジャラートという地域で親しまれている飲み物です。鼻からふわっと抜けるレモングラスとミントの香りが心地よく、スッキリと飲めますよ」

作り方はとても簡単で、アイスでもホットでも楽しめます。

材料(3〜4人分)

Photo by macaroni

・水……250cc
・牛乳……500cc
・アッサムCTC……小さじ4杯
・三温糖……25g
・レモングラス…1本(乾燥の場合は大さじ1杯程度)
・ミント……1掴み(乾燥の場合は小さじ1杯程度)
・カルダモン……4〜5粒
・クローブ……3粒
・シナモンスティック……1本

スパイスはパウダーでも問題ありませんが、香りが出やすいので分量を調整しながら使用してください。

作り方

1. 鍋に水、カルダモン、クローブ、シナモンを加え火にかける

2. ぐつぐつと煮えてきたらアッサム、ミント、レモングラス、三温糖を加え1〜2分煮出す

3. 2に牛乳を加え3回沸騰させる

4. 茶漉しでこして完成

おいしく仕上げるポイント

混ぜずに3回沸騰させる

Photo by macaroni

「ぐつぐつ煮出している間、混ぜずに沸騰を3回繰り返します。そうすると、泡でできた膜の内側で、茶葉やスパイスがジャンプするんです。

紅茶を淹れるときにもジャンピングをさせるというやり方がありますが、原理は同じ。泡でフタをし、中で茶葉やスパイスが動くことで香り高く仕上がります。

これは子どものころ、祖母が教えてくれたおいしく作るポイントです!じつは、3回という数字自体には意味はないんですけど、今でも守っています。試しにやってみてくださいね」

アイスチャイは濃いめに作る

Photo by macaroni

「アイスレモングラスチャイを作る場合は、氷を入れてしまうと味や香りが薄くなってしまうので、少し濃いめに作るのがいいですよ。

煮出し時間を1分くらい追加したり、濾すときにヘラでギュッギュと茶葉やスパイスを絞ったりしましょう」
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ