ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

故郷の味を日本でも。体にやさしいスパイスドリンク

Photo by macaroni

神奈川県鎌倉市の古民家で日々スパイスの研究をされているメタ・バラッツさん。その場でパパっとブレンドを決めていく姿はまさに職人です。

「どのスパイスをどのくらい入れるかは、自分の好みで大丈夫。好きなようにアレンジするのもいいですよ」と話すバラッツさん。スパイスドリンクの作り方はとてもシンプルだといいます。

Photo by macaroni

スパイス専門店アナン スパイス商人/メタ・バラッツさん アナン株式会社にて新商品開発や新規事業に携わりながら、父アナンさんのもとで、アーユルヴェーダを基にした料理を実践する。旬の野菜をテーマにしたカフェ「移動チャイ屋」を立ち上げ、出張料理を精力的に展開。カレーの炊き出し「女川カレーProject」やオンラインショップ「インターネットオブスパイス」を仲間と共に始める
連載第2弾のメニューは、ゴールデンミルク(ターメリックラテ)。“ターメリックのドリンクなんて、味も香りもクセが強そう……” と思いましたが、ゴールデンミルクはシンプルな材料ながら、とても飲みやすくやさしい味わいなんです。

「きれいな黄金色の見た目からゴールデンミルクと呼ばれています。ターメリックは別名ウコン。着色スパイスとして使われることが多いですよね。じつは古くから料理に使用するだけでなく、アーユルヴェーダといったインドの伝統医学にも利用されています」

今回は、より日本人の舌に合うブレンドをバラッツさんが考えてくれました。さっそく作り方を教えてもらいましょう。(※1)
前回の記事はこちら▼

インドの家庭の味。ゴールデンミルク(ターメリックラテ)

Photo by macaroni

左:アイス・右:ホット
「ゴールデンミルクは、日本でいう生姜湯のような立ち位置の飲み物です。ターメリックにはクルクミンという成分が含まれていて、免疫力を高めるといわれています。

インドでは、不調だったり、食欲が落ちていたりするときに飲むことが多いですよ。私も幼少期からなじみがあり、風邪を引くといつも母が作ってくれました。

また、体調が悪いときだけでなく日常的に飲むと元気に過ごせるとされています。インドでは家庭の味がそれぞれあるはず!」

夏は、暑さやクーラーの冷えが原因で不調を感じることがありますよね。そんなときはゴールデンミルクを飲んで免疫力を上げましょう!さらに、ターメリック(ウコン)は肝機能を増強するため、二日酔いの日に飲むのもおすすめだそうです。

ご紹介するレシピは、アイスでもホットでも楽しめます。(※2)

材料(4人分)

Photo by macaroni

・牛乳……500cc
・黒糖……30g
・ターメリックパウダー……小さじ1〜2杯
・シナモンスティック……1本
・カルダモン……4〜5粒
・ブラックペッパー……小さじ1杯
・ドライジンジャー(細粒)……小さじ1杯

シナモンスティック、カルダモン、ブラックペッパー、ドライジンジャーはパウダータイプでも問題ありません。ただ、パウダーだと加熱した際に香りが出やすいので分量を調整しながら使用してください。

作り方

1. すべての材料を鍋に入れ、弱〜中火で加熱する

2. 黒糖がとけ、ターメリックの色がしっかりと出てきたら火を止める

3. 濾さずにシナモンスティック、カルダモン、ブラックペッパーを取り除く

濾さないことでドライジンジャーのつぶつぶした食感が楽しめます。サラッと飲みたいときや、パウダータイプのジンジャースパイスを使用する場合は濾してしまってOKです。

おいしく仕上げるポイント

Photo by macaroni

沸騰しないように加熱する

「牛乳は沸騰させると膜ができてしまいます。膜ができると舌触りが悪くなるので、沸騰しないように火加減を調節し、途中でかき混ぜながら温めましょう。

万が一沸騰させてしまった場合は、最後に濾すと良いですよ」
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ