離乳食(中期)の形状

離乳食中期の形状は、すりつぶしていたものから、少しずつ粗くしていきます。

かたさの目安:舌でつぶせる固さ(豆腐ほどのやわらかさ)
調理形態の目安:2〜3mm角の大きさで粗くつぶす

おかゆや野菜に加え、たんぱく質を含む食材の種類も増やしていきます。中期で食べられるようになるものは、赤身魚や鶏ささみなど。初期に食べられる、白身魚やしらすなども引き続き食べられます。

繊維が多い葉物野菜や、パサパサしがちな魚や鶏ささみなどは、水溶き片栗粉でとろみをつけると食べやすくなりますよ。(※1,3)

離乳食(中期)を与える時間とおすすめスケジュール

・6:00……ミルクまたは母乳
・10:00……離乳食+ミルクまたは母乳
・14:00……離乳食+ミルクまたは母乳
・18:00……ミルクまたは母乳
・22:00……ミルクまたは母乳

時間は各ご家庭であげやすいよう前後してかまいません。また、母乳は授乳のリズムに合わせて欲しがるだけ与え、ミルクは離乳食後に飲むほかに一日3回程度が目安です。(※1,3,4)

離乳食後期(3回食)の時間とスケジュール

離乳食(後期)の進め方

生後9ヶ月頃になってくると、手づかみをして自分で食べようとする様子がみられるようになります。

そのため、9ヶ月頃からは離乳食を一日3回食にし、食欲に応じて食べる量も増やしていきましょう。3回食の場合も、食事と食事の間を4時間ほどあけることを目安に時間を組みます。

また、9ヶ月頃から始まる手づかみ食べは、自分で食材を触る、握るという行動から食への興味や食べる意欲につながったり、摂食機能の練習になったりしますよ。手づかみ食べをはじめたからといって、すぐにひとりで離乳食を食べれるようになるわけではありません。焦らず赤ちゃんのペースで進めていきましょう。

手づかみ食べをはじめた最初は、自分で食べるため時間がかかったり、片付けが大変だったりします。汚れてもいい服で、新聞紙やシートを敷くなどの汚れ対策をとり、存分に手づかみ食べをさせてあげましょう。(※1,5)

離乳食(後期)の形状

後期の離乳食は、中期よりも少しかために仕上げます。

かたさの目安:歯ぐきでつぶせる固さ(バナナほどのやわらかさ)
調理形態の目安:5〜7mm角の大きさ

味覚が発達してくる時期なので、いろいろな食品にチャレンジしてみてください。特に、鉄が不足しやすいので、赤身の魚や肉、レバーなどを取り入れましょう。(※1,5)

離乳食(後期)を与える時間とおすすめスケジュール

・6:00……ミルクまたは母乳
・10:00……離乳食+ミルクまたは母乳
・14:00……離乳食+ミルクまたは母乳
・18:00……離乳食+ミルクまたは母乳
・22:00……ミルクまたは母乳

また、母乳は授乳のリズムに沿って欲しがるだけ与え、ミルクは離乳食後に飲むほかに一日2回程度が目安です。(※1,5)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ