離乳食を食べる時間がバラバラになってしまう

毎日食べる時間がバラバラになってしまう場合は、まずご家庭のあげやすいタイミングで離乳食を与える時間を決めましょう。なるべくでいいので決めた時間に合わせて準備するようにしてみてください。また、朝の離乳食の時間を決めると、そのあとの離乳食の時間もおのずと決まってくるので、リズムが取りやすくなりますよ。

赤ちゃんと一緒にいると、時間通りに進まないことが多いですが、離乳食の時間を意識することで生活リズムが整いやすくなりますよ。

夜は何時までに離乳食をあげれば良いのか

夜はできるだけ遅くならないよう、離乳食は18時頃を目安に与えるようにしましょう。

しかし、仕事をしていたり、家事に追われたりしていると、夕方はバタバタしがちな時間帯。できる範囲でなるべく早めにと心がけましょう。(※9)

離乳食の時間を決めて生活リズムを整えよう

離乳食には初期から完了期まで段階があり、赤ちゃんの成長に伴い、食事回数や食品の種類、量が増えていきます。それぞれの時期に合わせてスケジュールを組んで時間で動くようにすると、赤ちゃんも大人も生活リズムが整いやすくなりますよ。

スケジュールを決めると、ずれてしまったときにどうしたらいいか迷うことがあるかもしれませんが、多少のずれは問題ありません。また、赤ちゃんが離乳食を機嫌よく食べていれば順調です。無理をせず、楽しく離乳食の時期を過ごしましょう。
【参考文献】
(2021/08/31参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ