ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

本家を越えた!? ファミマからふわふわマリトッツォが登場!

Photo by muccinpurin

2021年6月8日(火)、ファミリーマートから新作スイーツ「クリームシフォンマリトッツォ風」が発売されました。

いまもっともアツいスイーツ、マリトッツォをイメージして焼き上げたシフォンケーキに、ホイップクリームをたっぷりとサンドした贅沢スイーツをレビューします。

ファミリーマート「クリームシフォンマリトッツォ風」

Photo by muccinpurin

「クリームシフォンマリトッツオ風」198円(税込)
2021年が始まってまもなく半年が立とうとしていますが、上半期のグルメトレンドを振り返るとき欠かせないキーワードが「マリトッツォ」。ブリオッシュ生地にたっぷりとホイップクリームをサンドしたイタリア生まれのスイーツは、“丸い形” 、“たっぷりのホイップ” というヒット要素を完全に網羅し、一大ブームを巻き起こしています。

この度ファミリーマートから発売された「クリームシフォン マリトッツォ風」は、そんなスイーツをイメージした商品。パッケージ外から見えるコロンとしたビジュアルは、まさにマリトッツオそのものです。

Photo by muccinpurin

原材料は、ホイップクリーム、生クリーム、ミックス粉、全卵、卵白などなど。基本的に原材料は、使われる量が多い順に表記されているので、いかにホイップクリームがたっぷりサンドされているかがわかりますね。

本家マリトッツォはバターたっぷりのブリオッシュ(パン)がベースになっていますが、本商品のベースはシフォンケーキ。生地にオレンジの香りづけをほどこし、本家のマリトッツォに近づけているようですよ。

Photo by muccinpurin

袋から出してみると、溢れんばかりのクリームがサンドされたシフォンケーキがお目見え。クリームが袋に付かないように、表面にフィルムが貼ってありますよ。

1個当たりのカロリーは374kcalとややお高め。たっぷりとクリームがサンドされているのでやむなしといったところでしょうか。さっそくいただきます!

ふわふわシフォンとたっぷりクリーム

Photo by muccinpurin

半分にカットしてみるとこんな感じ。きめの細かいシフォンケーキは口どけが軽く、しっとりとしていてパサつきがありません。ほんのりとオレンジが香るところは本家ゆずりですね。

たっぷりとサンドされたクリームは甘さ控えめで、シフォンケーキと相性抜群。コクがありながらもさっぱりとしているので、たっぷりとサンドされていてもしつこさがありませんよ。

Photo by muccinpurin

本家のマリトッツォはパンでできているので、いくらしっとりと焼き上げてもややパサつきがありますが、シフォンケーキはしっとりしているのでクリームとの馴染みも抜群。

これまで筆者も数々のマリトッツォを食べてきましたが、ブリオッシュタイプよりもシフォンタイプの方が断然好きな味でした。

本家マリトッツォよりもおいしい…かも!

Photo by muccinpurin

そもそもマリトッツォはブリオッシュにたっぷりとサンドしたものなので、本商品がマリトッツォかと言われると微妙なラインかもしれません。

しかし、しっとりふわふわなシフォンケーキとホイップクリームの相性は文句なしのおいしさでした。マリトッツォの枠を越えた新しいスイーツとして、今後ヒットするかも!?
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:クリームシフォンマリトッツォ風
■内容量:1個
■価格:198円(税込)
■カロリー:1個当たり374kcal
■販売日:2021年6月8日(火)
■販売場所:全国のファミリーマート各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:7枚
袋から取り出したクリームシフォンマリトッツオ風
クリームシフォンマリトッツオ風
クリームシフォンマリトッツオ風の原材料表示
袋から取り出したクリームシフォンマリトッツオ風
半分にカットしたクリームシフォンマリトッツオ風
フォークでカットしたクリームシフォンマリトッツオ風
皿に盛られたクリームシフォンマリトッツオ風
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ