ライター : Kuminy

食べて作って旅するライター

『美味しい&カワイイ』スイーツ探し・お菓子作りを日々楽しんでいるライター。 旅行中も名所巡りと共にグルメ巡りを欠かさない。 お菓子のお供であるお茶にも興味を持ち、趣味で日本茶検…もっとみる

成城石井ならではの上質なヨーグルトセレクション!

Photo by Kuminy

低カロリーで健康志向の方にも人気なヨーグルト。毎日食べたい!という方も多いのではないでしょうか。

成城石井では、生乳100%や長時間発酵、植物性のヨーグルトなど、上質な商品が豊富です。そして全国各地、さらには海外発ブランドのものまでとりそろえられています。

1. 安曇野産 生乳100%ヨーグルト

Photo by Kuminy

248円(税込)
まずご紹介するのは、成城石井のオリジナル商品である「安曇野産 生乳100%ヨーグルト」。原料は生乳100%、発酵にはカスピ海ヨーグルトと同じようにクレモリス菌を使用しているという、成城石井らしいこだわりが感じられる商品です。

405gと大容量なので、ヨーグルト生活を毎日続けたい方にもおすすめ。

Photo by Kuminy

スプーンですくうとカスピ海ヨーグルトのようなとろみはありますが、どちらかというとサラサラとしています。

実際に食べてみると、無糖にしては酸味が少なく食べやすい印象でした。酸味が少ない理由は、6時間半かけてじっくり発酵させたからだそう。小さなお子様や酸っぱいのが苦手な方でも食べやすい味わいです。

オススメのアレンジ方法はスムージー!

Photo by Kuminy

オススメのアレンジ方法はヨーグルトスムージー。このヨーグルトは混ぜれば混ぜるほどサラサラになるので、お好みのフルーツと一緒にミキサーにかければすぐにスムージーができます。忙しい朝にもってこいのドリンクです!

2. グリーク ヨーグルト(プレーン)

Photo by Kuminy

431円(税込)
続いてご紹介するのは「Greek YOGURT(グリークヨーグルト)」。本場ギリシャでも使われている乳酸菌のサーモフィラス菌を使用し、本格的なギリシャヨーグルトに仕上げられています。

Photo by Kuminy

スプーンを入れた第一印象はちょっと固め。弾力もしっかりあるのでスプーンを逆さにしても落ちませんでした。普通のヨーグルトに慣れていると驚くかもしれませんね。

筆者も今までいくつかギリシャヨーグルトを食べたことがありますが、こんなにしっかりした食感のあるものは珍しいと思いました。酸味もまろやかで食べやすいです。

甘くない食べ方にトライ!

Photo by Kuminy

ギリシャヨーグルトは、バラエティー豊かな食べ方ができるところも魅力です。蜂蜜やフルーツと合わせる以外に、料理やお菓子作りにも使いやすいですよ。

筆者は、ギリシャヨーグルトにオリーブオイルやバルサミコ酢をたらし、塩コショウを軽く振りかける簡単アレンジを作ってみました。

チーズのような感覚でいただけるので、そのまま食べるのはもちろん、サラダと一緒に食卓に並べたり、パンに塗って食べたりしても楽しめます。

3. イーセイ スキル(プレーン)

Photo by Kuminy

205円(税込)
最後にご紹介するのは、アイスランド発の「Isey SKYR (イーセイ スキル)」。アイスランドで約1,000年前から食べられていたというスキル菌を使用し、現地のオリジナルレシピで作っているそうです。

一般的なヨーグルトよりも、約2~3倍のたんぱく質を含んでいます。さらに脂肪0というヘルシーさが嬉しい商品です。プレーン以外にバニラ、ストロベリーピーチといったフレーバーもありますよ。

Photo by Kuminy

スプーンですくった感触としては少し固めでもっちりしています。食べてみると、プレーンでもまろやかで「本当に脂肪分0なの?」と思ってしまうほどクリーミー。味わいは甘さ控えめ、酸味は少し強めな印象です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ