ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

トリプルチーズの豪華版チーズケーキが登場!

Photo by muccinpurin

2021年5月4日(火)、ファミリーマートから新作スイーツ「とろける生チーズケーキ」が発売されました。

香ばしいクッキークランブルをベースに、なめらかな生食感のレアチーズケーキとチーズクリーム、チーズホイップをトッピング。濃厚なチーズソースで仕上げた、贅沢なカップスイーツです。

ファミリーマート「とろける生チーズケーキ」

Photo by muccinpurin

「とろける生チーズケーキ」288円(税込)
この度ファミリーマートから発売された「とろける生チーズケーキ」は、チーズを使ったパーツを3層重ねた贅沢仕立てなのが特徴です。

コンビニのスイーツは数あれど、筆者個人的にはシュークリーム、チーズケーキが二大花形だと考えているので、今回も期待に胸を膨らませつつ、正直にレポートしていきたいと思います。

Photo by muccinpurin

原材料はクリームチーズ、砂糖、小麦粉、マーガリンなど。香料にはバニラビーンズを使っているようですね。税込288円、1個当たりのカロリーは356kcalでした。

原材料をチェックすべく横に倒してみましたが、流れ出ない程度にしっかりとしたホイップの固さがありました。

クランブル、クリーム、ホイップ、ソースの4つ

Photo by muccinpurin

チーズケーキに欠かせないサクサクのクランブルをベースに、チーズクリーム、チーズホイップ、チーズソースと3層の美しい黄色のグラデーション。見た目にはプリンにも見えなくないですが、カップのふたを取るとわずかにチーズの香りがふわり。

白と黄色でなんだか癒し系のビジュアルです。しっかりと冷やしていただきます。

濃厚ながら軽い口どけ

Photo by muccinpurin

まずは一層目のチーズホイップとチーズソースをひと口。生クリームのような見た目のチーズホイップですが、口のなかにチーズのまろやかな風味を残しつつシュワっと軽い口どけ。

チーズソースは濃厚でコクがあり、わずかにレモンの酸味が効いていますよ。個人的にはソースがもっとあってもよかったかも……。

Photo by muccinpurin

つづいて生チーズケーキのメインとなるチーズクリームを食べてみると、とろ~りなめらか。まさに “生チーズケーキ” の名にふさわしい口どけです。すべてのパーツにチーズを使っているとはいえ、ひとつとして同じ味わいではなく、口どけやチーズの濃さが違うことでいろいろな風味が楽しめますよ。

昨今のチーズケーキといえば「濃厚がすべて」みたいな風潮がぬぐいきれませんが、このくらい軽い口どけだと、これからの暑い季節でも食べやすそうですね。

ザクザククランブルがアクセント

Photo by muccinpurin

食べ進めていくと、クランブルにたどり着きます。ザクザクとしたクランブルの食感がいいアクセントになっていて、チーズケーキ感がより引き立ちます。やはり、クランブルや土台あってこそのチーズケーキですよね。

軽さがありながらもチーズの風味をしっかり感じることができる、完成度の高いチーズケーキでした。

軽い口どけの夏向けチーズケーキ

Photo by muccinpurin

クリーム、ホイップ、ソースのパーツにチーズを使い、口どけなめらかなとろけるチーズケーキは、これからの暑い季節にもぴったり。濃厚だけがチーズケーキの魅力じゃないとうことを再確認しました。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
Photos:8枚
とろける生チーズケーキをスプーンですくう様子
とろける生チーズケーキのパッケージ
とろける生チーズケーキの原材料表示
ふたを開けたとろける生チーズケーキ
とろける生チーズケーキをスプーンですくう様子
とろける生チーズケーキをスプーンですくう様子
テーブルに置かれた生チーズケーキのカップ
とろける生チーズケーキをスプーンですくう様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ