ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

バスチーにティラミスがのっちゃった!?

Photo by muccinpurin

2021年4月27日(火)、ローソンから新作スイーツ「ティラミスバスチー -バスク風チーズケーキ‐」が発売されました。

これまで数々のアレンジで私たちを驚かせ、楽しませてくれたバスチーが、今度はティラミスバージョンで登場。チーズケーキとティラミス、ありそうでなかった新鮮な組み合わせ……!

ローソン「ティラミスバスチー -バスク風チーズケーキ‐」

Photo by muccinpurin

「ティラミスバスチー -バスク風チーズケーキ‐」380円(税込)
ローソンのバスチーといえば、もはや説明不要の大ヒットスイーツ。巷のバスクチーズケーキブームとは一線を画す、カラメルの香ばしさと中とろ~のリッチな味わいがコンビニプライスで味わえる、唯一無二の存在になっています。

バスチーには何度も驚かされてきましたが、今回の斬新な組み合わせにも「そうきたか」と言わざるを得えません。

Photo by muccinpurin

原材料には、クリームチーズ、砂糖、卵、クリームなどバスチーの材料とともに、マスカルポーネが名を連ねます。マスカルポーネは、イタリアを代表するドルチェ、ティラミスを作るのに欠かせない材料ですね。

さらに、ココアパウダーやコーヒー濃縮液など、ティラミスらしい材料の名も。

見た目もシャレてる…!

Photo by muccinpurin

カラメルで焦がされた表面を覆うのは、たっぷりこんもり絞られたマスカルポーネクリーム。本物のティラミスのビジュアルを再現するように、コーヒーパウダーでお化粧を施されています。どことなく、オシャレ!

Photo by muccinpurin

ちなみに断面はこんな感じ。白いクリームに覆われているのは、たっぷりとコーヒーシロップがしみ込んだふわふわのビスキュイ。こちらもティラミスに欠かせない要素のひとつです。

コーヒーのビターな香りがティータイムへと誘ってくるようです、さっそくいただきます♪

ほろ苦い大人テイスト

Photo by muccinpurin

コーヒーパウダーの香ばしさとともに、じゅわっと染み出すコーヒーシロップ。甘さのなかにほろ苦さが見え隠れし、大人の味わいです。

バスチーのとろ~りなめらか食感も、安定のおいしさ。ホイップクリームの軽やかさ、コーヒーのほろ苦さ、バスチーのコクが一体になり、これまでのバスチーとはまったく新しい世界が開けます。

Photo by muccinpurin

ケーキとコーヒーを一緒に楽しむ、というシーンはよくありますが、濃厚なバスチーとティラミスを組み合わせたティラミスバスチーは、これひとつでドルチェ&コーヒーを味わっているような気分に(もちろん、のどを潤すドリンクは必要ですが)。

マスカルポーネクリームはかなりのボリュームですが、コーヒーのほろ苦さのおかげで意外とペロリ。チーズケーキとティラミスは意外と相性がいいことに気付かせてもらいました。

ただ、コーヒーシロップもコーヒーパウダーもかなり苦めなので、お子さまには向かないかもしれません。大人のご褒美デザートとしてどうぞ♪

バスチー×ティラミス、意外とアリかも

Photo by muccinpurin

これまでありそうになかったティラミス×バスチーという意外な組み合わせでしたが、食べてみるとあら不思議。同じチーズを使っているせいか違和感なく、コーヒーのほろ苦さがいいアクセントになっていましたよ。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:ティラミスバスチー -バスク風チーズケーキ‐
■内容量:1個
■価格:380円(税込)
■カロリー:1個当たり455kcal
■販売日:2021年4月27日(火)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:8枚
皿に盛られたティラミスバスチー
ティラミスバスチーのパッケージ
ティラミスバスチーの原材料表示
ふたを開けたティラミスバスチー
半分にカットしたティラミスバスチー
フォークでティラミスバスチーをカットする様子
フォークでカットしたティラミスバスチー
皿に盛られたティラミスバスチー
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ