ローディング中

Loading...

日本の伝統菓子「落雁」。普段はお茶菓子やお供え物としてよく見かけますよね。でも、落雁って何でできているか説明できますか?さらにおしゃれな和菓子として、再び脚光も浴びているんです。今回は落雁の魅力に迫ります。

落雁(らくがん)って何?

口の中でとろけるような品のよい甘さがたまらない「落雁(らくがん)」。落雁とは、穀類の粉に砂糖や水あめなどを入れて練り、木型に押して乾燥させたお菓子です。

お盆のお供え物でよく見かけますが、お釈迦様の弟子が、自恣日(旧暦7月15日)に僧侶達に食べ物などを振る舞ったことが起源と言われています。

砂糖がなかった時代では、甘いものである果物も供えられていました。落雁がお盆の暑い時期でも日持ちするということで、果物や蓮の花を模して代わりとして用いられるようになります。

江戸時代に落雁が茶菓子として定着し始めると、寺社への供え物にも四季の草花や祝い事の為の鶴、亀、鯛、松竹梅など様々な形が作られるようになりました。地域によっては、あんこが入っているものもあります。全国各地で、その土地の風情を活かした様々な落雁が生まれているんですね。

名前の由来

・中国の「軟落甘(なんらくかん)」というお菓子が、日本に伝来してから「落甘」と略して呼ばれるようになった。
・近江八景の一つ堅田に降りてくる雁の情景にちなんで名付けられた。

落雁の名前の由来は諸説ありますが、この2点が有力と言われています。

白雪糕(はくせつこう/はくせんこう)と落雁の違い

白雪糕とは、うるち米ともち米の粉に、白砂糖や蓮の実の粉末を加えて型に入れ、乾燥させた落雁の一種です。口の中に入れると、しっとりして、ほろほろ雪のように溶けるところから、そう呼ばれるようになりました。

地域によっては、砕いてお湯で溶き、母乳の代用になったほど、滋養にもいいそうです。また白雪糕と落雁を区別せず、すべて落雁と呼ぶ地域もあります。

干菓子・和三盆との違いは?

干菓子と落雁の違い

干菓子とは、水分の少ない乾燥した和菓子のこと。主に水分20%以下の和菓子を指し、落雁や金平糖、煎餅、八つ橋などが干菓子の種類に含まれます。

分類わけをすると、和菓子の中に生菓子、半生菓子、干菓子があり、干菓子の中に落雁や和三盆や八つ橋などが入ります。

和三盆と落雁の違い

和三盆とは、徳島県や香川県だけで摂れるサトウキビから作られている砂糖の名称。黒砂糖をまろやかにしたような独特の風味を持ちます。淡い黄色をしており、細やかな結晶とさらりとした口溶けのよさが特徴。

名称の由来は、「盆の上で砂糖を三度“研ぐ”」という日本で独自の精糖工程から来たもので、高級砂糖とされています。

落雁は、米や麦・豆などの粉と砂糖や水あめを混ぜて、型を押して乾燥させます。対して和三盆は、砂糖の和三盆を型に押して固めたものになります。和三盆そのものを固めただけのお菓子があり、それを「和三盆」と呼ぶこともあります。

おいしい落雁が購入できる名店

石川「落雁諸江屋」

La・Kugan(ココア)12個入り(巾着) 450円(税抜)

1849年(嘉永2年)創業の石川県金沢市にある老舗和菓子店。お茶屋の風情のある雰囲気の建物は、地元に愛されてきた歴史と伝統を感じさせます。

加賀名菓の伝統と製法で老舗の味を守りながらも、現代に合わない物(お菓子)に固執していないユニークなエッセンスが特徴。原料は、国産品を使用し、だったんそば茶や加賀野菜などを金沢の名産物を取り入れています。

La・Kuganは、ココアを使用した「ほろ苦い」落雁。チョコとは違い、甘さが苦手な大人でも楽しめるひと品です。

【店舗情報】
■店舗名:諸江屋(本店)
■住所:石川県金沢市野町1-3-59
■電話番号:076-245-2854
■FAX:076-245-2854
■店休日:元旦 
■営業時間:9:00~19:00
■公式HP:http://moroeya.co.jp/
■ネットショップ:http://moroeya.net/

京都「ウチュウワガシ(UCHU wagashi)」

swimmy mini 1,190円(税抜)

古都・京都にある和菓子ブランド「ウチュウワガシ(UCHU wagashi)」。モダンで洗練されたお店の佇まいと、カワイイ和菓子たちに若い女性を中心に人気を博しています。京都の名店として、遠方からもたくさんの人が足を運びます。
 
「人をわくわくさせたり、しあわせにする和菓子。」がコンセプト。かわいくて楽しい商品たちは、目で見て感じる落雁の特徴を活かし、手に取るお客様のその先を考えて生まれています。伝統的な製法を大切にしつつ、今の時代に合わせた新しくて楽しい落雁を作っています。

【店舗情報】
■店舗名:UCHU wagashi 京都タワーサンド店
■住所:京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町 721-1
■電話番号:090-8129-2169
■営業時間:9:00~21:00
■定休日:年中無休
■公式HP:http://uchu-wagashi.jp/

落雁のイメージ、変わった?

いかがでしたか?お供え物のイメージが強い落雁ですが、今はコーヒーのお供や、旅行のお土産にも落雁が選ばれているそうです。

今回ご紹介した落雁は、オンラインショップでも購入することができます。おいしい「落雁」を手にしたら、ぜひゆったりとした時の中で味わって下さいね。
▼和菓子のことをもっと見てみよう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

冷たくてツルツルの食感がおいしい心太(ところてん)ですが、なぜ心太と書くかご存じですか?心に太いと書きますが、心と何か関係があるんでしょうか?今回は、気になる心太の漢字の由来やその意味についてご紹介。各地によ…

和菓子

ローソン「食べマス」シリーズにスヌーピーとウッドストックが登場!リラックマをはじめとしたキャラクターたちの繊細なデザインが人気なシリーズですが、スヌーピーバージョンはどんな味わいなんでしょうか?実食レビューで…

和菓子

もっちりとした食感が癖になる和菓子「求肥(ぎゅうひ)」。今回は、そんな求肥について詳しくご紹介します。製法や名前の由来、お餅との違いまでまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。おうちでの作り方もあ…

京都 和菓子 スイーツ

着物で京都観光を楽しみたい方必見!今インスタで話題の最先端カフェ「ジェレミージェマイマ」で素敵な写真を撮影しませんか?今回は、祇園四条の1号店・古川町商店街2号店の情報に加え、話題の綿あめと夏季限定かき氷の魅…

中華料理

中華料理に欠かせない点心ですが、そもそも点心とは何なのかご存じですか?餃子やシュウマイなどの印象が強い点心ですが、飲茶との違いは?今回は人気の点心の種類や食べ方、飲茶との違いまで、点心についてのあれこれをご説…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

ドリンク お茶 まとめ

もうすぐ本格的に花粉の季節がやってきますね〜。花粉症の人にとってはとっても辛い時期。そうじゃない人ももしかしたらいきなり花粉症になるなんてこともあるかもしれませんよ!今回は、花粉症を内面から予防できるお茶を3…

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

東京 丸の内 バター 専門店

バター好きならこのお店を抜きにしては語れない、というバターの老舗「エシレ」。そのエシレの魅力をたっぷりと堪能できるお店が、丸の内にある「エシレ・メゾン デュ ブール」。エシレバターを使ったお菓子からオリジナル…

埼玉 パンケーキ

今年1月にオープンしたばかりのパンケーキのお店「プランピーパンケーキス(plumpy pancakes)」。厚みのある、ふわふわもちもちのパンケーキを求め行列ができる人気のお店です。パンケーキ好きの方はぜひチ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る