ローディング中

Loading...

寒い時期に食べると、とても温まるボルシチやスープにあう「ビーツ」。サラダにしてもいいし、デザートやおかずにも◎ また、栄養豊富で色鮮やかなので、インスタ映えするヘルシー料理としておすすめ。今回は、ビーツの食べ方、レシピを20選紹介します。

赤いカブ?ビーツレシピ

鮮やかな赤色が特徴的な野菜、ビーツ。日本料理ではそれほど頻繁に使用される野菜ではありませんが、代表的なロシア料理のひとつであるボルシチには欠かせない野菜です。

ビーツは、地中海沿岸地方原産のアカザ科のサトウダイコンの一種です。見た目はかぶや大根と似ていますが、実は意外なことにホウレン草と同じ科に属するのです。ちなみに和名では、火焔菜(カエンサイ)とも言うのだとか。ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富に含まれているので積極的に食べたい食材ですね。

ビーツの旬は冬。3月と8月の下旬に種蒔きをし、わずか2〜3ヶ月で収穫ができます。寒い冬の時期に、温かみを感じるビーツを使った料理は、クリスマスやバレンタインに大活躍!今回はそんなビーツを使った色鮮やかなレシピをご紹介します。

ビーツの食べ方

サッと茹でてサラダに添えるだけで食卓を一気に華やかにしてくれるビーツ。輪切りにすると同心円状に赤い輪があるのも特徴です。また、ショ糖が多く、ほのかに甘みも感じられます。

茹でてから食べる

茹でたり焼いたりして食べることが一般的ですが、ビーツは固いので、水に塩と酢を入れて丸ごと茹でてから切りましょう。皮を剥くと色と栄養が流れ出てしまうため注意してくださいね。

茹でる場合は鍋にたくさん水をはり、泥と葉を落としたビーツを丸ごと入れましょう。強火で沸騰させ、弱火でじっくり10分以上かけて茹でます。ときどき蓋をあけ、火の通り具合を確かめつつ、中まで柔らかくなったら完成です。煮汁は使えるのでほかのメニューに役立ててみてください。

ホイル焼きをして食べる

風味を楽しみたいならローストがおすすめです。アルミホイルの上にビーツをおき、オリーブオイルなどの油を振りかけます。上からもアルミホイルで覆い、180~190℃のオーブンで1時間焼きましょう。ローズマリーやタイムなどのハーブを入れてローストしてもいいですね。

ビーツはシンプルにボイルやローストでいただくのはもちろん、かくはんして煮込みやスープに使うのもおすすめです。彩りゆたかなビーツ料理は食卓を華やかにし、フォトジェニックなひと品を作りだしてくれそうです。

ビーツのスープレシピ4選

1. ポタージュ

お祝いの時にぴったりな色合いのビーツのポタージュ!お鍋にバターとニンニク、生ハム、ビーツを炒めます。水とコンソメを加えて煮込みましょう。柔らかくなったら牛乳を加えミキサーへ。お鍋で温めて完成です。

2. ヴィシソワーズ

ビーツとジャガイモの相性がピッタリで、濃厚でも本当にマイルドな味わい。お鍋にバターを熱し材料を入れ炒めましょう。スープの材料を加えて煮込みます。ビーツを加え、ミキサーでかくはんして生クリームを加えて完成。冷蔵庫で冷やして召し上がれ。

3. ビーツのピンクスープ

ビーツは、缶詰を使うと簡単に作る事ができます。鍋にバターとクリームを入れ、材料を加えて炒めましょう。スープの材料を加え煮込んだら、ミキサーでかくはん。塩コショウで味を調え、生クリームでお絵かきするとかわいらしいビーツスープの完成です。

4. 豆腐スープ

ピンク色に染まったスープはパーティーシーンにもピッタリですね。炒めた玉ねぎと豆乳をブレンダーにかけます。お鍋に移して調味料とワインを加えましょう。器に盛って生クリームとパセリを散らして完成です。

ビーツのサラダ&ピクルス系レシピ4選

1. クスクスサラダ

イスラエルのクスクスをつかったサラダ、クスクスにビーツをつかってピンク色のサラダが楽しめます。みじん切りにしたビーツ、クスクス、調味料を入れ蒸し煮します。材料が柔らかくなったら、白ワインなどを加え粗熱をとりましょう。パセリや調味料を加えて完成です。

2. ポテトサラダ

ビーツをつかったマッシュポテト。甘みのあるビーツと、爽やかなサワークリームとレモン汁の酸味がポイントです。火を通したビーツとじゃがいもをボウルに入れ、調味料を加えて混ぜます。塩コショウ、レモン汁で味を調えて、じゃがいもを加えできあがり。

3. ピクルス

ビーツのピクルスレシピ。酢のきいたピクルスは、ワインのおつまみとしてもとても合います。赤、白のお好みのワインで楽しみましょう。

作り方はとても簡単!お鍋で煮込んだ調味料にビーツを加えて瓶に入れて完成です。

4. ハーブピクルス

ピリッと辛いビーツのピクルスは、赤ワインがすすむおつまみになりますよ。

材料をボウルに入れレンジで加熱。カットしたビーツをレンジで加熱した汁に8時間付けると食べごろに。冷蔵庫で冷やして召し上がれ。

定番のボルシチなどビーツの煮込みレシピ4選

1. ボルシチ

栄養たっぷりビーツをつかったボルシチは、食べごたえがあり柔らかお肉もたまりません。

圧力鍋にバターを入れ、野菜を入れ炒めます。野菜に火が通ったら肉を加えビーツの茹で汁、調味料を加え加熱。加圧してしばらくしたら、野菜を入れさらに加圧しましょう。塩コショウで味を調え、ヨーグルトを入れて完成です。

2. きのこシチュー

キノコをたっぷり使ったシチューはビーツの甘さが感じられて、気持ちを元気にさせてくれそうなおいしさです。

ビーツのピューレをお鍋に入れて溶かします。薄切り玉ねぎとエビを炒めてしんなりしたら、キノコを加えます。火を止めてビーツを加えてできあがり。

3. 時短ボルシチ

牛肉と豚肉の時短ボルシチ。ボルシチはビーツを使うのが特徴のロシアのスープです。缶ビーツを使ってお手軽にできますよ。

具になる肉とキャベツを煮込んでいる間に、フライパンでビーツ入りのトマトペーストを作って、あとは合わせて煮て完成です。

4. 骨付き豚ロースとビーツの煮込み

ビーツの水煮をつかって、ちょっと豪華なメニューが作れます。骨付きの豚ロースは食べごたえもあり!

豚ロースに塩をすり込み焼きます。赤ワインと調味料で煮込み、柔らかくなったらトマトピューレとビーツ、野菜をを加えさらに煮込みましょう。完成したら塩コショウで味を調えていただきます。

おかずやデザートも♩ビーツレシピ9選

1. ビーツのきんぴら

ビーツとニンジンの色も鮮やかなきれいなきんぴらが作れますよ。

フライパンでニンニクとクミンを入れ香りがたつまで炒めましょう。ビーツと人参を加え火が通ったら、調味料を絡めて完成です。

2. ビーツのリゾット

フレッシュビーツと赤ワインを入れたルビー色のリゾットです。リゾットに加えたスモークベーコンとチーズの塩気がビーツの甘味を引き立てます。

お鍋で玉ねぎとベーコンを炒めます。お米を加えて炒め、ブロードを加え煮込みましょう。煮汁が半分くらいになったらビーツ、赤ワイン、調味料を加えます。火からおろし調味料を加え盛り付けて完成です。

3. ビーツソースdeパスタ

ビーツを使ったパスタソースに仕上げてビーツの甘味がトマトとマッチします。

お鍋にビーツと野菜を炒めます。しばらく炒めたら、赤ワインと調味料を加え煮込みましょう。ビーツが柔らかくなったら、スパイス類を取り出しブレンダーでピューレ状にします。塩とコンソメで味を調え、パスタにかけて召し上がれ。

4. アサイーボウル

アサイーとビーツのスムージーボウル、お家でも簡単に作れますよ。

りんごなどの材料をミキサーをかくはんしてスムージーを作って、グラノーラとスライスしたフルーツをトッピングしてできあがりです。

5. ミックススムージー

ビーツとミックスベリーのスムージー。ピンク色の鮮やかなビーツにトッピングを加えて、豪華なスムージになりますね。

いちご、バナナ、豆乳などレモン汁やはちみつを加えてブレンダーします。難しいテクニックがいらないので、簡単に作れます。朝食にもおすすめ。

6. ビーツのピンクエッグスラッド

ビーツのピンクエッグスラットはショットグラスに盛り付けて。朝食にぴったりなエッグスラッドです。

お鍋にじゃがいもを入れて柔らかくなるまで煮たら、フライパンで粉ふき芋を作ります。ビーツと牛乳などを加え、煮立ったら調味料を入れましょう。耐熱ガラスに入れ、ウズラの卵を加え蒸し器にかけできあがり。

7. 焼きドーナッツ

ビーツ色のレモンリース焼きドーナッツは天然色素なので安心して食べられますよ。ブランディーで漬け込んだレーズンに、カリッと香ばしいピカンナッツと爽やかなレモン味がアクセントになってます。

ビーツは電子レンジで柔らかくし、ミキサーにいれピュレ。ボウルに卵とメープルシロップを入れ混ぜます。調味料とレーズンナッツを加え、レモン汁を入れよく混ぜましょう。ドーナッツ型に流し込みオーブンで焼いて完成です。

8. ミートボールパスタ

ビーツのピンク色がきれいな春色パスタです。お子さんでも食べやすい、ひとくちサイズのミートボール入りのスープが作れます。

合いびき肉を使いミートボールを作ります。カットした野菜とミートボールを鍋に入れ、水と調味料を混ぜ煮込みます。ミートボールの表面が固まったら、牛乳を加え弱火で煮込みましょう。茹でたパスタの上にかけて完成です。

9. ビーツとヨーグルトのディップ

色鮮やかなビーツとヨーグルト風味のディップが作れますよ。ポテトサラダを作るように茹でたビーツとじゃがいもを混ぜましょう。ヨーグルトと調味料で味付けをして完成です。

色鮮やかに彩るビーツ

このようにビーツはさまざまな料理を彩ります。色合いがきれいなので、ビーツは、ジュース屋さんのメニューで「飲む血液」「飲む輸血」とも言われます。

栄養も豊富で色鮮やかなビーツは、見栄えのするレシピが多くありましたね。パーティーシーンにぴったりな、女性に喜ばれるピンク色を彩った料理を作ってください。
▼ビーツに負けない、健康レシピ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

新大久保 サムギョプサル ランチ エスニック 韓国料理 まとめ

今回は、新大久保で人気のランチを厳選!ひとりでも入りやすいお店や、ランチで嬉しい安いお店もご紹介します。新大久保の定番であるサムギョプサルといった韓国料理だけでなく、インドやトルコなど、旅行気分で楽しんでみま…

町田 ランチ 東京 カフェ まとめ

ラーメン、焼き肉、イタリアンなど、さまざまな飲食店が点在する町田。今回は、遊びに出かけても面白い街・町田の、おすすめランチをご紹介します。ワンコインで食べられる安いランチを提供するお店や、食べ放題のお店など、…

豊洲 ランチ 子連れ 個室 まとめ

都会的でかつ開放感のある東京・豊洲には、おいしいランチが食べられるお店がいっぱい!ここでは、豊洲でランチがおすすめのお店を22店舗ピックアップ。若い家族がおおいエリアでもあり、子連れの人にも便利なお店もたくさ…

レシピ 大根 まとめ

ぶりを買ってきたらどんな献立にしますか?定番のぶり大根や照り焼きで満足していませんか。ぶりは揚げたり、焼いたりさまざまなレシピに使えます。今回は、ぶりを使った人気のレシピをご紹介!おいしいぶりの選び方もチェッ…

ほうれん草 パスタ レシピ まとめ

柔らかく甘味のあるほうれん草。パスタのレシピにもよく使われますよね。おいしく人気のほうれん草のパスタレシピですが、どんなレシピがお好みですか?和風、クリーム系、どんなソースとも相性の良いほうれん草、おいしいパ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

豆腐 おしゃれ レシピ まとめ

オシャレな食べ物の代表ともいえるディップ。パスタソースに始め、料理に使ってもよし、野菜スティックやクラッカーにつけてもよしのディップですが、お豆腐のディップならお家で簡単に出来ちゃいます。しかもヘルシーで美味…

レシピ フルーツ まとめ

デトックスウォーターとは、ミネラルウォーターに果物や野菜のエキスを加えたドリンク。今回は、デトックスウォーターの効能や人気レシピ、残ったフルーツの活用方法などをまとめてご紹介します。お好きな食材を使って、ご自…

レシピ チーズ まとめ アレンジレシピ

雪印メグミルクから販売されている「さけるチーズ」を使ったアレンジレシピを10選しました。そのまま食べてもクセになるほど美味しいと評判ですが、アレンジして食べるとまた違った楽しみ方ができます♡

ルクエ スイーツ レシピ まとめ

「ルクエ」というシリコン製品を使って、おいしいスイーツを作っちゃいましょう♡今まで使ったことがない方でも大丈夫。ルクエはとても使い勝手が良いものなので、これを機会にぜひ使ってみてください。

レシピ まとめ

豆腐がつくれる豆乳も販売されていますが、豆乳は体にやさしく、コレステロールも0!美容にいいと言われるビタミンBやビタミンEが非常に多く含まれているということで女性の強い味方です。そのまま飲むのが苦手な方も料理…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ まとめ こんにゃく

こんにゃくは皆さんもご存知の通り、食物繊維を豊富に含んだ食品です。夏にはこんにゃくを凍らせて料理に使うレシピはいかがですか?皆さんの工夫をこらした素晴らしいレシピをご紹介しますので、是非参考になさってみてくだ…

レシピ

インスタグラムで話題になっているハッシュタグ、「4コマレシピ」をご存知ですか?「hokuoh_kurashi」さんが投稿されているものなんですが、綺麗かつわかりやすい写真が多く、料理の参考になる、と人気なんで…

ちかこ

元銀行員。現在は子育てをしながら、趣味の料理を楽しんでいます。簡単...

ページTOPに戻る