ローディング中

Loading...

カレーの材料で絶対に外せない野菜といえば玉ねぎですよね。この玉ねぎは切り方によって味が変わることをご存じですか?カレーに合う玉ねぎの切り方は?今回は、玉ねぎの切り方から飴色玉ねぎにする方法、切り方別のカレーレシピをご紹介します。

カレーの玉ねぎ、どんな切り方してる?

カレーには欠かせない玉ねぎ、薄切りにして飴色になるまで炒めれば甘さと旨みが引き出され、最高の調味料になります。あるいは、玉ねぎを角切りにして、お肉や人参、じゃがいもなどと一緒に炒めてから煮込む方もいらっしゃいますよね。みなさんは、玉ねぎをどのように切りますか?

カレーに玉ねぎを使用する場合、人によって切り方や入れるタイミングが異なるようです。しかし、もし「玉ねぎの切り方でおいしさが変わる」といわれたら気になりませんか?

今回は、切り方によって味が変わる玉ねぎについてお伝えします。カレーに合う玉ねぎの切り方、玉ねぎの切り方別おすすめカレーレシピをご紹介します。おうちカレーの玉ねぎも切り方ひとつで、さらにおいしくなるかもしれません!

切り方によって味が変わる玉ねぎ

実は、玉ねぎは切り方を変えると、食感や味わいが変化するのです。生で食べる場合や煮込み料理に使う場合など用途に応じた切り方をすることで、玉ねぎのおいしさを最大限に引き出しましょう。

繊維に沿って切った場合

玉ねぎを縦半分にカットし、切り口を下にして繊維に沿って切ると、玉ねぎの細胞が壊れにくく、シャキッとした食感が楽しめ、辛味が残ります。食感を残したいスープや炒め物、また、煮崩れしにくいことから肉じゃがなどの煮物料理にも向いています。

繊維を断ち切ってカットした場合

玉ねぎを縦半分にカットし、切り口を下にして、繊維に対して垂直に切ると、繊維が断ち切られてやわらかな食感になります。また、切った面が空気に触れて、辛味が抜けやすくなりますよ。

繊維を断ち切ってカットすると、玉ねぎの甘みや旨味が出やすいため、ハヤシライスやオニオンスープなどの料理によく使われます。また、やわらかな食感のためにサラダによく使われますが、生で食べる場合は辛み抜きをしないと辛みが残ります。サラダに入れる時は、できるだけ薄くスライスし、水にさらしましょう。

みじん切りにした場合

玉ねぎをみじん切りにするコツは、玉ねぎに隠し包丁を放射状にいれ、横に細かく切っていくことです。みじん切りにすることで、玉ねぎの細胞が破壊され、成分が染み出しやすくなるため、栄養素を効率良く摂りたい場合におすすめの切り方です。料理をすると、旨みや甘みが強く出るのでソースやドレッシングにもピッタリ。ひき肉を使った料理にもよく使われますね。

カレーに合う飴色玉ねぎにおすすめな切り方は?

切り方によって食感や辛味、甘味が変わる玉ねぎは、どんなカレーにしたいかによって切り方を変えるのがおすすめです。「食感を残したい」「旨みを引き出したい」など、料理に合わせた切り方を選んでみてください。

くし型切り

皮をむいた玉ねぎを縦半分にカットし、へたの部分に包丁を入れてへたを切り落とします。
切り口の中央から繊維に沿って等分していくのがくし型切りです。シャキシャキした食感が残り、煮崩れしにくいため、カレーやシチュー、肉じゃがなど形を残したい煮込み料理でよく使われる切り方です。

薄切り

玉ねぎを縦半分に切り、根元に包丁でV字の切り込みを入れ芯を取り除きます。食感を残したい時は繊維に沿って薄くスライス、炒め物や煮物、スープに向いている切り方です。繊維を断ち切るようにスライスする場合は、しっかりと辛み抜きをしてサラダや和え物などに使うのがおすすめです。

みじん切り

縦半分に切った玉ねぎの切り口を下にして、繊維に沿って切り離さないように切り込みを入れます。次に、向きを変えて同じく切り離さないように包丁を横に入れていきます。あとは玉ねぎを抑え端から切っていけばみじん切りになります。餃子やハンバーグなどのたね、ドレッシングやマリネなど、幅広い料理で使われる切り方です。
▼カレーに合う意外な具材、まとめました!

みじん切り玉ねぎが入ったカレーレシピ

ここからは、玉ねぎの切り方別においしいカレーレシピをご紹介していきます。まずは、みじん切りの玉ねぎを使用したカレーレシピ。みじん切りなら、玉ねぎの旨味と甘みがたっぷり出て、料理の美味しさをワンランク上げてくれますよ。

トマトカレー

豚肉は下味をつけ小麦粉をまぶします。玉ねぎはみじん切り、トマトは湯むきをしてザク切りに。豚肉を両面焼きして取り出しておきます。

フライパンでニンニクしょうがを熱し、香りが立ったら玉ねぎ、塩を加えて玉ねぎが飴色になるまで炒めましょう。そこにトマト缶を入れ調味料を加えてひと煮立ち。豚肉とトマトを入れ、クミンパウダーを振りかければ出来上がり。

隠し味にハチミツを入れるとコクが増しておいしさアップ!カレーパウダーの量は好みで調整してくださいね。

チーズインドライカレー

合挽き肉とニンニクを炒め、みじん切り玉ねぎとニンジンを加えて炒めます。水煮コーンを加え、カレー粉、ケチャップなどの調味料を加えてさらに炒めます。プロセスチーズを加えて軽く炒め、ご飯をよそった器にかければ出来上がり。

チーズがとろけてマイルドな口当たりになります。玉ねぎとニンジンの甘みもたっぷり!辛さ控えめに仕上げれば、お子様もおいしくいただける一品です。

くし型玉ねぎが入ったカレーレシピ

次にご紹介するのは、ザックリとしたくし型玉ねぎが入ったカレーレシピです。具だくさんで野菜がゴロゴロと入ったカレーがお好みは方にはぴったりですよ。

シーフードカレー

フライパンに油を熱し、にんにくと生姜、クミンシードを炒め、くし型に切った玉ねぎとすりおろしたニンジンも炒めます。炒めたらカレーを煮込む鍋に移し、残ったフライパンに水を入れて煮立たせ、煮込み鍋に移します。カレールウを溶かし、シーフードミックスと白ワインを入れて煮込めば完成です!

クミンシードの香りが本格的なカレーです。すりおろしたニンジンの甘みがシーフードと相性抜群!いつものカレーとは一味違ったリッチな味に仕上がります。

豚肉和風カレー

焼いた豚肉、水、スープの素、ローリエを鍋で煮込みます。レンジで柔らかくしたゴボウや里芋などの根菜と玉ネギを炒め合わせたら、煮込み鍋に加え、さらに煮込みます。野菜が柔らかくなったら、カレールウを溶かして、仕上げに醤油を加えて味を調えれば完成!

根菜だけではなく、その時の旬野菜を使ってもおいしく仕上がります。たっぷりの野菜の食感が楽しめて、日頃野菜不足な方にもおすすめのカレーですよ。

薄切り玉ねぎが入ったカレーレシピ

続いてご紹介するのは、薄切り玉ねぎが入ったカレーレシピ。くし型玉ねぎと同様に一般的にカレーでよく使われる切り方ですね。カレー以外にもスープなどで使われることも多く、飴色玉ねぎといえばこの形を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

ほうれん草カレーインド風

クミンシードを炒めたフライパンで、薄切りにした玉ねぎを飴色になるまで炒めます。水煮トマト缶やカレーパウダーなどを加えて煮込み、ほうれん草を加えてしんなりしてきたら、ミキサーにかけて鍋に戻します。下味をつけた鶏肉を炒め、鍋に加えて煮込めば出来上がりです。

ほうれん草と玉ねぎの甘みがおいしく、炒めたクミンシードが香る本格的なインドカレーです。ご飯はもちろん焼きたてのナンに絡めて食べたい一品ですね!

ビーフカレーイギリス風

煮込み鍋で薄切りにした玉ねぎを炒めます。色がつけばカレーのベースを加えて煮込みます。下味をつけた牛肉を炒めたら、煮込み鍋に加えてさらに煮込み、ヨーグルトやレモン汁などで味を調えれば出来上がりです。皿に茹でたじゃがいもを盛り、カレーを注ぎます。

隠し味にインスタントコーヒーを加えると香ばしさが出ておすすめです!パンと一緒に楽しむのがイギリス流ですね。
▼カレーが水っぽい……そんなとき、どうする?

角切り玉ねぎが入ったカレーレシピ

最後にご紹介するのは角切り玉ねぎが入ったカレーレシピです。ひと口大の角切りにすれば、ほどよい食感が楽しめて煮崩れもしにくいので、カレーやスープ、煮物など食感を残したい場合に使われる切り方です。

キノコたっぷりカレー

鍋にオリーブ油を熱しクミンシードを炒めます。さらに豚ひき肉を加えて炒めて、キノコとピーマンを入れてさらに炒めましょう。カレールウを加えて溶かし、ルウが溶けたらトマトとガラムマサラを入れて、蓋をして煮込みます。お皿にご飯をよそい、上からカラーをかければ出来上がりです。

キノコ特有の旨味がたっぷりで、角切り野菜の食感も楽しめるヘルシーなカレーです。短時間で調理できるのも嬉しいポイントですね。

昔ながらの牛肉カレー

鍋にオリーブ油を熱し下味をつけた牛肉を炒めたら、生姜とニンニクを加えて炒めていきます。さらにカットした野菜を鍋に加えて炒めましょう。水を注ぎ、ローリエとすりおろしたリンゴを加えて煮込みます。野菜が柔らかくなったらルウを溶かして、とろみがついてきたら完成です。

野菜の甘さが優しい上品でどこか懐かしいカレーです。ホクホクのじゃがいもと甘くて柔らかいニンジンが嬉しいですね!優しい味なのでお子様からお年寄りまで安心して食べられる一品です。

ちなみにシチューの場合は

クリームシチューのようにマイルドな味わいが特徴なものは、玉ねぎも辛味を抑えた切り方があうでしょう。ビーフシチューなどのコクがポイントとなる煮込み料理の場合は、くし型とみじん切りの玉ねぎを両方使って仕上げるのがおすすめです。

ペコロスなどのミニ玉ねぎをそのまま入れて煮込むのも、ホクホクで甘い仕上がりになるのでぜひ試してみてください。

切り方で使い分ければおいしさアップ!

切り方で食感や味わいが変わる野菜はそうそうありませんよね。色々な料理で活躍してくれる玉ねぎにこんな秘密があったとは驚きです!繊維に沿ってカットすれば食感が残り、繊維を断ち切ればやわらかく仕上がると覚えておけば、毎日の料理に活用できますね。

カレーだけではなく炒め物や煮物、サラダなどメニューに応じた切り方をセレクトしておいしさもステップアップしましょう。
▼他にもある!切り方にまつわる情報やレシピはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ サラダ スープ まとめ

ピリっとした辛みと爽やかな香りが特徴のクレソン。おいしい食べ方やレシピはご存じですか?付け合わせのイメージが強いかもしれませんが、主役になる食べ方もあるんですよ!レシピもたくさん紹介していますので、ぜひ日々の…

アボカド レシピ まとめ

とろとろクリーミーな食感が人気のアボカド。前菜やサラダはもちろん丼にもぴったり。お肉や海鮮と合わせてご飯の上に盛り付けるだけでごちそうになりますよ。さっぱりと食べられるものから、ガッツリお腹いっぱいになるもの…

カレー レシピ

2017年5月25日放送の『あさチャン』で、マツコ推薦のカレー研究家・一条もんこさんが、自宅で作れる激うまカレーのレシピを教えてくれました。今回は、もんこさんオススメのカレーの名店と、自宅で簡単に作れる激うま…

レシピ 北海道 サラダ ラーメン まとめ

北海道で人気のご当地グルメ「ラーメンサラダ」を知っていますか?さっぱり食べられてヘルシーなので、暑い日や食欲のない日におすすめです。今回はおうちで楽しむことができる15のレシピをご紹介します。この夏、活躍する…

レシピ 韓国料理 まとめ

韓国料理のなかでも人気のチヂミですが、お店では食べたことがあってもレシピをご存知の方はあまり多くはないようです。材料を混ぜて焼くだけと簡単にできるチヂミの基本レシピから、おすすめしたいタレまでまとめてご紹介い…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ アレンジレシピ

すでに常備してる方も多いであろう缶詰、いなば・ツナとタイカレー。このおいしさに感嘆し、もっといろんな味わいで楽しみたい、と様々なアプローチをするツナとタイカレーファンが続出してるんですっ♡

レシピ まとめ

最近フレンチやイタリアンでも注目の「旨み」。その「旨み」がたっぷりの「塩昆布」はアレンジ幅は無限大でメイン料理から汁物、はたまたデザートにまで使えちゃう魅力的な食品です♪今回は「塩昆布」を使ったおいしいレシピ…

サラダ レシピ まとめ

ご飯、味噌汁、おかず、サラダ…。毎日毎日考えていたらネタが尽きてしまいませんか?特に主婦の方は強く共感していただけるのでは?たまには手抜きしてサラダとおかず一緒にしちゃいませんか?ボリュームのあ…

レシピ まとめ アレンジレシピ

ちりめんじゃことは一般的にイワシ類の稚魚を食塩水で煮て天日干しをしたもの。魚そのものは「シラス」と呼ばれることが多いようですよ。ごはんにそのままかけてももちろんおいしいのですが、今回はちりめんじゃこを使ったレ…

レシピ まとめ

辛味や香りの強い玉ねぎは、すりおろしてドレッシングにすることでいろいろなお料理のアクセントになりますよ。血液をサラサラにし整腸効果も高い玉ねぎは、ダイエットにもおすすめ。お野菜にもお肉にもおすすめの玉ねぎドレ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

中目黒 焼肉 まとめ

今回は、中目黒の人気な焼肉15店を厳選しました。ランチがお得なお店や「焼肉先生」などの有名店まで、絶対に外さない人気店ばかりですよ!おいしいお肉が食べたい!という方は、焼肉の激戦区・中目黒にぜひ足を運んでみて…

レシピ

WECKのガラス保存容器がとっても可愛いのに、使い勝手が良いことを知っていますか?耐熱性ガラスのため、レンジやオーブン調理が可能です。使い方を知れば手作りのジャムを作って長期間保存も可能。ゴムパッキンを使って…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...