ローディング中

Loading...

栄養価が高いスタミナ野菜、ニラ。そもそもニラって生でもおいしく食べられることをご存じですか?特に春と冬のニラは味わい深いことで知られています。今回は、ニラを生でおいしく食べる方法や、保存法、おすすめレシピなどをご紹介します。

ニラって生で食べてもいいの?

餃子、麻婆豆腐、レバニラ炒めなど、様々な料理に活躍するニラ。栄養価が高いため、スタミナ料理にもよく使われていますよね。一般的に火を通す料理に使われることの多いニラですが、生で食べてもよいのでしょうか。また、食べられるとすれば、どのような食べ方をすればよいのでしょうか。

今回は、生のニラがおいしい旬の季節と保存方法、おすすめ料理をご紹介します。

春ニラは生でもおいしい!

さて、ニラは生のままで食べることができるのでしょうか。実は、ニラは生で食べてもおいしい野菜なのです!また、生で食べることによって、栄養を損なわないため、食べ方としては一番おすすめです。特に、春に収穫されるニラは、柔らかく茎まで食べることができますよ。シャキシャキとした食感がクセになります。

ちなみにニラの茎とは、どの部分かご存じですか?ニラの下の方の白い部分です。調理する際に、ここをすべて切り落していたという方、もったいないです!

ニラには、独特な香りの原因である硫化アリルの一種「アリシン」という成分が含まれています。これが、ビタミンB1の吸収を高めたり、疲労回復に役立ったりするといわれています。ニラがスタミナ食に使われる所以です。

ところが、このアリシンは茎に多く、なんと葉の4倍も含まれているのだそうです。これは、茎まで食べるほかないですね。

春と冬がニラのおいしい季節

では、ニラが一番おいしい季節とはいつでしょうか。ニラは一年を通して食べられる葉野菜ですよね。また栄養価が高いため、夏にスタミナ料理として食べるイメージもあります。

しかし、ニラが一番おいしい季節は実は3~5月の春なのです。寒い冬から春になり、初めに伸びてきた葉は、葉肉が厚く柔らかいです。また香りも強いため、ニラの風味をしっかりと味わうことができますよ。春ニラは柔らかいですから、ぜひ生で食べてみてください。

次におすすめの季節が11月~2月の冬です。品種により細かい時期は前後しますが、冬のニラは葉肉の厚みと独特の風味が増すため、こちらもおいしさで言えば旬ですね。

生ニラはすぐに食べよう

ニラは傷みやすく、鮮度が落ちると香りや風味が落ちていきます。乾燥にも弱く、保存できる期間は短いことから、生で食べる場合には購入後すぐの調理がおすすめです。次に、保存方法と保存期間をご紹介しましょう。

保存期間

ニラの保存温度は、0~5℃が適温です。そのため常温よりも冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。ニラは乾燥しやすく傷みやすいので、ニラの根元部分に塗れたキッチンペーパーをあて、全体を新聞紙で包みましょう。包みごとビニール袋に入れ、野菜室では立てて保存してあげてください。濡れた新聞紙で全体を包みこみ、ビニール袋に入れても良いですよ。

ニラが長くビニール袋に全体が入らない場合には、上からもう1枚のビニール袋をかぶせ隙間を作らないように保存します。この時、ニラが長いからといってニラを折らないように注意してください。葉が折れるとそこから傷み始めますよ。

保存期間(賞味期限)3日程度です。
▼ニラの保存方法について、もっと詳しく知りたい人はこちら!

生ニラのおすすめの食べ方

では、生でニラを食べるおいしいレシピをご紹介しましょう。

小松菜とニラのサラダ

小松菜は、生で食べても茹でて食べてもおいしく、クセもないのでサラダやおひたしに向いている青野菜です。この小松菜と生のニラの和え野菜はサラダとしてだけでなくおつまみにも最適ですよ。

沸騰したお湯で小松菜を茹でたら水気を切ります。小松菜と生ニラを食べやすいサイズに切ってボウルに入れたら、醤油とごま油で味付けしましょう。仕上げにごまをふりかければ和風サラダのできあがり。

にらのピリ辛タレ

ニラの風味は薬味としてもその力を発揮します。焼肉や冷奴など何にでも合う万能タレです!

ニラを細かくカットします。次に、豆板醤、味噌、ショウガなどで合わせ調味料を作り、ニラとよく混ぜたらできあがりです。
▼黄ニラという食材、ご存じですか?

サッと湯通し!鮮やかなニラレシピ

ニラは、少し湯通しすることで、色が鮮やかになります。次は、サッと湯通ししたニラのレシピをご紹介します。

月見ごまニラ

色合いだけでも元気が出てくるひと品です。簡単にできる、絶品スタミナ低カロリーおかずですが、おつまみにもなりますね。

ニラを短時間茹でて、水水気をきります。麺つゆ、鶏がらスープの素などの調味料でニラを和えます。卵黄をのせたらできあがりです。

キュウリとニラの和え物

マヨネーズと練りからしで和えた洋風和え物です。からしのピリッとしたアクセントが食欲をそそりますよ。

キュウリは輪切りにし、塩揉みをしたら水気を絞ります。ニラはさっと茹でて水に浸し、水気を絞って小さくカットします。カニ風味カマボコは食べやすい大きさにほぐしたあと、お酒を絡めます。ボウルでマヨネーズ、練からしを混ぜ合わせ、キュウリ、ニラ、カニ風味かまぼこと和えたらできあがりです。

エノキとニラの梅おかか和え

和え物と言えば、胡麻和えばかり作っているという方はいらっしゃいませんか?サッパリといただきたい時には梅ダレがおすすめです。ニラとエノキダケを和えれば、ヘルシーな1品になりますよ。

熱湯でエノキダケ、ニラをさっと茹で、水気を切って絞ります。梅ダレを作ったらボウルに入れ、チリメンジャコとエノキ、ニラを混ぜ合わせれば完成です。

新鮮なニラの選び方

生で食べるためにも、購入する時には新鮮なニラを選びたいですよね。次に、新鮮なニラを選ぶポイントをご紹介しましょう。

まず、ニラは鮮度が落ちるにつれ、葉の色の緑が薄くなり黄みを帯びていきます。そのため、葉の色の緑が濃く、ツヤがあるものを選びましょう。

また、手で束の根元を持ったときに張りがあって大きく曲がらないものがいいです。しなびていたり、持った時にふにゃりと先が垂れ下がるようなものは食べ頃を過ぎてしまっている可能性がありますので、避けたほうがよいですよ。

そして、切り口が新鮮かもチェックしましょう。瑞々しく、切り口が新しいものほど新鮮です。葉は折れた部分から傷んでいきますから、折れた葉がない物を選んでくださいね。

ぜひ、ニラを生で食べてみよう!

さまざまな料理に使われるニラですが、注目すべきはその栄養素です。特に多く含まれているのが「アリシン」と「ベータカロテン」で、アリシンはビタミンB1の吸収を高めるといわれています。ビタミンB1が多く含まれるという豚肉などのお肉と、一緒に食べるのがおすすめですよ。

ニラはおいしいけれど、食後のにおいが気になるという方は、食後のデザートに「りんご」を食べましょう。りんごには消臭効果があるポリフェノールが含まれていますから、におい成分と結合し、においそのものを抑える働きが期待されています。

スタミナアップにもってこいのニラ。ぜひ一度、生で食べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ サラダ まとめ

もやしは季節を問わずスーパーで手に入る食材で、価格も安く人気の食材です。他の食材との相性もよく、ナムルやサラダ、炒め物、蒸し料理、鍋物などレシピも多数あり、いろいろな料理に使えます。今回はそんな万能食材「もや…

タコライス レシピ まとめ

沖縄の人気料理「タコライス」を、お家で作ってみませんか?ピリッとスパイシーなひき肉、さっぱりトマト、シャキシャキレタスの組み合わせが絶品!今回は、基本の作り方や人気のアレンジレシピ、簡単に作れる裏技をご紹介し…

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

牛肉 ピーマン レシピ まとめ

時間の無い時に便利なおかずは炒め物ですね。牛肉とピーマンを使った炒め物は、どんな味付けでもおいしくなるのが特徴です。和にも中華にも合う、おかずレシピをたっぷりご紹介します。時間をかけずに作れるスピードおかずは…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鶏肉 レシピ アレンジレシピ まとめ

鶏肉を買ってもいつも唐揚げや照り焼きばかり…それ以外のレシピはないかな?そんな方におすすめの、鶏肉を使った簡単アイデアレシピです。難しい手順がないものばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

スイーツ レシピ まとめ お菓子

春巻きの皮はスイーツに使える、とは聞いても、具体的にどんな使い方をすればいいの?と思っている方もいらっしゃると思います。そんな方に見てほしい、春巻きの皮を使ったスイーツのレシピを紹介します♪

レシピ まとめ

なめたけって、そのまま食べても美味しくてお酒のおつまみにもバッチリ♡もちろん色々アレンジしても美味しく食べられますよね♫市販のものにはもう味がついてるから、時短にもなっちゃう!そんな便利ななめたけのおすすめレ…

おにぎらず お弁当 レシピ まとめ おにぎり

漫画「クッキングパパ」でも紹介された握らないおにぎり「おにぎらず」♪手も汚れず、食べやすく簡単につくれておいしい!と人気なんです。おにぎらずでも洋風のレシピを紹介していきます。お弁当に普段の食事に活用してみて…

スープ レシピ まとめ

これから夏に向けてだんだん暑くなってきますよね。暑くなると食べたいのはやはり冷たいもの!ここ最近はスープも温かいものばかりではなく冷たいものも人気を集めています☆今回は家で作れる冷製スープを今回は紹介したいと…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

まとめ

卵スープといえば、ふわふわでとろとろの食感がたまりませんね。子どもから大人まで大人気!今回は、ふわとろ卵スープのほぼ卵のみレシピや、和洋中にアレンジした簡単レシピをたくさんご紹介します。どれも簡単なので、メイ…

レシピ カレー まとめ

スパイシーで奥深い味が魅力のシーフードカレー。今回は、人気レシピ15選をご紹介します。具材を簡単に用意できるシーフードミックス使用のカレーや、本格派、どちらも時短なのにリッチな味わいです。あなたのお気に入りを…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る