ローディング中

Loading...

台湾スイーツと言えば、マンゴープリン、タピオカミルクティー、フルーツかき氷……などなど。それらと並んで台湾スイーツの代表とも言える「豆花」(ドウホワ)。作り方は簡単ですが、トッピングはさまざま。無限にアレンジできる 豆花レシピをご紹介します

台湾スイーツ「豆花」ってどんなデザート?

台湾の代表的スイーツ「豆花(ドウホワ)」をご存知ですか?見た目は杏仁豆腐に似ていますが、食べてみるとミルクプリンみたいと、日本の女子にも評判です。アジアンスイーツが再ブームのいま、女子からの注目度が高いスイーツです。

「ドウホワ」という呼び方は、台湾と中国南部での呼び方です。中国西部や北部では「豆腐脳」(ドウフナオ)と呼ばれ、また南部や香港、マレーシア、シンガポールなどで「豆腐花」(ドウフホワ)と呼ばれます。地方によって呼び方が違う「豆花」は、台湾の女性に支持の高い人気のスイーツで、食後のデザートとして当たり前のように食べる人が多いようです。

字のごとく、豆腐に似た食べ物ですが、豆腐よりも柔らかいゼリー状であるのが特徴です。中華料理では「小吃(シャオチー)」の部類に入ります。手軽で安価で食べられる大衆料理といったところでしょうか。日本でいう軽食やスナックみたいなものです。

豆花の作り方と本場の食べ方

豆花の作り方はいたってシンプル。伝統的な作り方は、凝固剤に大豆から得られた豆乳を混ぜ、成形します。昔は、硫酸カルシウムやかん水が使われていたため、食感はざらざらしていましたが、今は別のものを使うのでより滑らかな仕上がりとなっています。

じつは、この「豆花」。地方によって食べ方が違います。華南地方、香港、台湾では甘い食べ方をし、中国北部では塩辛い食べ方、中国西南地方では辛い食べ方をするのです。同じ「豆花」でも旅行に行った先で食べ方が違うというのは、興味深いものがありますね。

今回は、甘い豆花のレシピを中心に紹介していきます。豆花は、夏は冷やして、冬は温めて食べられることが多く、黒糖、黒蜜、しょうがのシロップなどをかけて食べます。最近では、チョコレートを加えたり、黒ゴマを散らしたり、マンゴー果汁を加えたりとより新しい食べ方が出てきています。お好みのレシピが見つかりますように♩

豆花のおすすめレシピ11選

1.口あたりなめらかな豆花

豆花は口当たりなめらかなのが基本。それには、粉ゼラチンの扱い方にも注意したいところ。水からふやかすときは、お皿に水を入れた状態から粉ゼラチンを振り入れましょう。この手順を間違えるとダマになりやすく、舌触りがざらっとした仕上がりになるので気を付けて。トッピングのフルーツは季節のものでもOK!

2.とろっともっちり!チョコバナナ豆花

豆乳の代わりに豆腐を使用したこのレシピ。食べてみたい!ときに冷蔵庫にあるのは……だいたい豆腐ですね。これを読んで作ろうかな?と思った人にピッタリのレシピです。さらに、女子の好きなキーワード、とろっともちっと、チョコバナナときたら、試してみないわけにいかないかも?

3.フレッシュいちごで作りたい!

粉寒天を使ったレシピです。杏仁豆腐などは寒天を使うので、それに似た歯触りが実現できます。できあがりのふるふる~が楽しみですね。また、フレッシュないちごでソースをいちから手づくりしているのもポイント。おまけに、自家製黒蜜ソースのレシピもあるので、ご一緒にどうぞ。

4.優しい甘さの秘密ははちみつ

豆乳に白桃のジャムを混ぜた豆花のレシピです。ジャムだけでは甘さが足りないので、砂糖も加えてあります。さらに、はちみつと水(お湯でもOK)で作ったシロップをかけて召し上がります。はちみつシロップは食べる直前にかけるようにすると、はちみつが苦手な人でもシロップなしで食べることができますよ。

5.タピオカにピーナッツをプラスして大人な豆花に

台湾スイーツと言えば、春水堂のかき氷や豆花は有名ですよね。その春水堂みたいな豆花を自宅でも作ってみましょう。ジャスミンティーを使った手作りシロップも春水堂そのものです。甘くしてあるシロップなので、違和感なくツルっといけますね!

6.アガーで作るアジアンスイーツ

使い慣れていないと、ちょっと面倒に感じるアガーですが、その分メリットもあります。ゼラチンや寒天と比べても透明度が高いので、素材そのものの色を出すことができます。豆乳ならにごりのない綺麗な白色のぷるっとした豆花に仕上がります。ただ、一度ダマになると溶かすことは難しいので、あらかじめ砂糖を混ぜておき、液体は段階的に足していくのがおすすめです。

7.メイソンジャーで豆花スイーツ!

わざわざタッパなどにいれて冷やすことがなく、そのまま持ち運びができると人気の高いメイソンジャー。持ち寄りパーティーにはピッタリの容器ですよね。最後の仕上げのトッピングをパーティ先ですれば、好みの量を調節したりして、パフォーマンスにもなってオシャレです!ジャーはあらかじめ煮沸消毒しておきましょう。

8.塩としょうゆが隠し味の豆花

豆乳のにおいが苦手な人もいるでしょう。それを隠してくれるのが、しょうゆです。においだけで毛嫌いする子供にもウケがいいとか。鍋に豆乳と砂糖を入れて混ぜて弱火にかけます。沸騰する直前に火を止めます。塩としょうゆを入れるタイミングは、ここ。その後、ゼラチンを投入し冷蔵庫で冷やします。トッピングはお好みでジャムなどを。

9.黒タピオカの豆花

このぷるっとした見た目はアガーを使ったレシピだから。甘く煮たピーナッツが本場台湾では欠かせないトッピングだけれど、日本ではなかなか見かけませんよね。ならば、それに似たものを……と、このレシピでは黒タピオカをトッピングしています。日本ではそのほうがしっくりくるかもしれません。

10.バナナ×豆乳を混ぜて

ベースの豆乳にあらかじめバナナをつぶして混ぜた豆花。バナナ味の豆花に、台湾人もびっくりするかも!バナナ入りなので、固めたときにちょっと表面がザラッとした仕上がりになります。気になる場合は、ボウルなどに入れてから冷やし固めて、食べるときは器にうつしたほうがいいでしょう。バナナに黒蜜、抜群の相性です。

11.ピーナッツスープで台湾気分!

ピーナッツスープって何!?と思われる人もいるでしょう。台湾では普通に缶詰として売られているピーナッツスープ。輸入雑貨店などで手に入れることができます。ピーナツは煮たりすると甘いイメージがありますが、こちらはさっぱりとしたお味です。それに豆花を加えて、スープ豆花のできあがりです!

ちょっとアレンジ!和風の豆花レシピ4選

1.お豆腐で簡単豆花

豆乳の代わりに、絹ごし豆腐と牛乳を混ぜて作った豆花。舌でつぶすような豆腐のザラッと感が、きな粉や黒蜜と合って、さらに和テイスト感を出しています。豆腐は水切りをしてから使用しましょう。キッチンペーパーで軽くふき取る程度で大丈夫です。このひと手間をするのとしないのとでは、仕上がりに違いが出るかも。

2.あんこをトッピングして和スイーツに

豆乳と寒天、三温糖を使った、ごくごくシンプルな豆花レシピです。そのシンプルさに、何もトッピングしないとただの甘い豆腐みたいな感じですが、ここはあえて小豆をトッピングしてみましょう。さらに黒蜜ソースをかけてもグッドですよ!

3.黒ごま豆花

豆乳と寒天、砂糖のほかに、すりごま(黒豆)を追加したアレンジ豆花レシピです。黒ごまの風味がまろやかな豆乳と合わさっているので、あっさり食べられるけど、どこか深みのある豆花になっています。

4.抹茶ソースで和に近づいた!

こちらの抹茶ソースも手作りです。いちごソースに、黒蜜ソース、そして抹茶ソース。こんなにソースを覚えると、どんなデザートでもかかってこい!ですね。お抹茶には甘さがないので、手作りすれば、甘さを調節できるのもいいところですね。甘さ控えめで大人味にするか、甘さをプラスして子供味にするかはあなた次第です!

これからの季節はのどごしなめらかデザートがGOOD!

豆乳が好まれる台湾。美容にも健康にもいいと、豆花の人気は衰えません。日本では飲んだあとの〆は「ラーメン」ですが、台湾での〆は「豆花」なんだとか。これなら、料理をたくさん食べても、ヘルシーなデザートとしてピッタリというわけですね。夏は冷やして、冬は温めて……。1年中楽しめますから、あなたも豆乳生活、ならぬ「豆花」生活、始めませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

パスタ料理にはいろいろな種類がありますが、今回は「スープパスタ」の人気レシピを紹介します。コンソメで味付けする簡単レシピや、酸味がクセになるトマト味など、クリーム味や和風など味付け別にまとめました。あなた好み…

豚肉 オクラ レシピ

ヘルシーでさっぱり食べられる豚肉料理「みょうがとオクラの豚肉巻き」をご紹介します。肉巻きの具材が、オクラとみょうが、大葉ととてもヘルシーなので、お肉を食べていても罪悪感なし!レンジのみで簡単にできるのでとって…

天ぷら 和食 レシピ まとめ

サクッと軽く食べられてうれしい天ぷら。定番の具材はもちろんですが、これまで揚げたことのない具材で、新鮮な天ぷらを楽しんでみませんか?ユニークな野菜系、主役級のお肉・お魚系、スイーツ系までご紹介します!

ヨーグルト おつまみ

ヨーグルトを一晩水切りするだけでできちゃう「水切りヨーグルト」。まるでクリームチーズのようなその食感にハマった人も多いのではないでしょうか?今回は、水切りヨーグルトを使ったおつまみレシピのご紹介です。

まとめ

お料理の下ごしらえの際、人参の皮って気になりませんか?なんとなくピーラーで皮をむいていても、実はむかずに食べても大丈夫なんです!今回は、人参の皮について解説します。皮ごと食べるレシピも併せてご紹介しますよ。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ カレー アレンジレシピ

家庭料理で、子供受けがよく簡単に作れる定番料理といえばカレーですよね!カレールーを買いだめしてストックしておくも、カレールーって結構あまりやすい... 余ってしまったカレールーを活用できるレシピをご紹介します。

寿司 まとめ

三月三日のひな祭りに是非作りたい、かわいいちらし寿司のアイデアを「8」個ご紹介します!女の子のための日に雛飾りと一緒にかわいいちらし寿司を作れば喜ばれること間違い無し!お子さんがいる方は必見です♫

レシピ オムライス おしゃれ まとめ

ふわトロのオムライスって見た目もとってもおしゃれですよね♡おもてなしにもピッタリ!でも、普通のオムライスばかりじゃ飽きちゃう…そんな方にオススメの、誰でも失敗しないでできるふわトロオムライスとア…

サラダ レシピ まとめ

女性から絶大な支持を得る食材「パクチー」。今回はパクチーを使った(人気)サラダ(レシピ)を10件ご紹介します。これだけあればパクチーサラダの種類に困りませんよね!アンチエイジングやデトックス効果もあるとされて…

レシピ まとめ

あつ〜い夏に向けて元気でいるためには、やっぱり美味しいものを食べるのが基本!『なめろう』って知ってますか?房総半島を中心とする郷土料理でいわゆる鯵の“たたき”です。作り方もとても簡単♪…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

レシピ

コンパクトホットプレートで有名な「BRUNO(ブルーノ)」シリーズに、「グリルポット」が登場していることをご存知ですか?1台で「煮る・焼く・蒸す・揚げる」の4役をこなす電気鍋なんですよ!使用感やお手入れの様子…

お正月といえばおせち料理ですが、近頃、若者のおせち離れが進んでいるとの調査が話題となっています。業界は若年層開拓を図り、AKBとのコラボなど様々な施策を行ってるとか。若者のなかにはハンバーガーを食べたり、おせ…

中華 香港 まとめ

長い間イギリスの統治下にあった香港。その時に養われた豊かな国際感覚と、中国4000年の歴史が融合した他に地域にはない独自に発展した料理が特徴なのだそう!今回はそんな香港料理の名店にフォーカス。一度は食べてみた…

mikki_no

ライター歴15年。3児の子育てに追われながら日々アンテナを張りめぐ...