ローディング中

Loading...

生姜ひとかけと言われて、どのくらいの量なのか説明できますか?レシピを参考にする際にも生姜ひとかけの量を知らなければ困ってしまいます。どのくらいの量なのか、生姜が余ったらどうすればよいのかなどをお話します。

生姜ひとかけってどれくらい?

ネットや雑誌などのレシピを見ると、「生姜ひとかけ」という表記を見かけることも多いでしょう。生姜ひとかけというのはどのくらいの量なのでしょうか?また、見た目はどれくらいの大きさになるのでしょうか?

生姜ひとかけを知らず使いすぎてしまったり、反対に少なすぎてしまうと、レシピ通りの味付けにならず残念な思いをしてしまうことも。そのようなことを防ぐためにも、生姜ひとかけの量を把握しておきたいものですね。

ひとかけ(1片)とは

生姜ひとかけというのは、一片という意味になります。生姜は見た目がゴツゴツとしていますが、最も小さな突起部分であれば、これを生姜ひとかけとしてお料理などに使用することもできます。

ひとかけの目安は、親指の第1関節までの大きさを参考にしましょう。重さとしてはおよそ10グラムになります。

おろししょうが(チューブ)の場合

便利なチューブタイプのおろし生姜を使用するご家庭も多いようですが、この際の生姜ひとかけはどのくらいの量でしょうか?

チューブのおろししょうがの場合には、大さじ一杯を目安にしましょう。重さはおよそ15gです。ただし新鮮な生姜をすりおろす、またカットとして使う場合に比べ風味が弱いことが多いので、チューブタイプの場合には5gほど多く使っても問題ありません
▼生姜を活用する海外レシピ、ご存じですか?

ニンニクひとかけは?

生姜と同じように、ニンニクもひとかけと表記されていることがあります。にんにくの場合にはひとかけといえば、その名の通り一片になりますので量としてもわかりやすいといえるでしょう。

ニンニクは外の皮をむくと内側には7個から8個ほどの実が入っています。この実一つが「にんにくひとかけ」になります。

おろしニンニクの場合

チューブタイプになったニンニクを使用する場合には、おろし生姜と同じようにおよそ大さじ一杯分を目安にしましょう。ニンニクも生のものに比べ香りが弱いことが多いですので、少し多めでも問題ありません。

少々とひとつまみはどれくらい?

レシピを参考にする際には生姜少々と記載されていることや、ひとつまみと記載されていることなどがあります。どれだけの量なのかが分からずに困ってしまうこともありますね。

少々とは

少々と表記されている場合には、好みによってもある程度味つけを変えることができます。一つの参考として小さじ4分の1から半分程度だと思っておきましょう。

ひとつまみとは

ひとつまみと表記されている場合には、文字通り一つまみを使用することになります。親指と人差し指と中指でつまんだ量をそのままお料理に加えましょう。もちろんその後、味の調整をするために再びひとつまみを加えても良いです。

余った生姜の上手な保存

まるごと生姜を購入し、ひとかけを使用した場合にはたくさんの生姜が余ることになります。このように余った生姜の保存方法についても知っておくとよいですね。

そのままの状態で生姜を保存する際には、ラップまたは新聞紙でしっかりと包みます。特にカットしたものに関しては、切り口を乾燥から防ぐためラップが良いでしょう。また、新聞紙で包んでおり切り口が乾燥してしまった場合には、使う直前に切り口の部分を少量切り落としてから使いましょう。

ラップや新聞紙で包んだ生姜は基本的に冷暗所で保管することが大切になります。また、冷蔵庫で保存することも可能ですが、乾燥から防ぐため1週間程度で使うようにしましょう。

さらに長持ちさせる冷蔵保存方法

使いかけの生姜を少しでも長期保存するためには、冷蔵庫による保存がおすすめです。この際には、ある程度の大きさにカットした生姜をタッパーなどの保存容器に入れて生姜がヒタヒタになる程度までお水をいれます。その後しっかりと蓋を閉めて密閉した状態で、冷蔵庫へ入れてください。

この場合の保存期限は1ヶ月が目安になります。また、保存する間は2日に1回から3日に1回、中のお水を綺麗なものに交換してください。

冷凍保存の仕方

生姜は冷凍保存をすることも可能な食材です。生姜を冷凍する場合には、皮がついた状態のままではなく皮をしっかりと剥きカットする、またはすりおろした状態で保存するようにしましょう。フリーザーバックにカットした生姜を入れ、できるだけ平らにしてから冷蔵庫で保存するとよいですよ。しっかりと空気を抜いて保存することで、生姜の風味も保てます

冷凍庫で保存した場合、生姜の保存期限は1ヶ月です。生姜には体を温める作用があるといわれていますが、冷凍保存をした生姜はこの作用が弱くなってしまうことも覚えておきましょう。
▼こんな方法で食べると、生姜がよりヘルシーになるみたい!

生姜ひとかけの量を覚えて料理上手に!

生姜ひとかけというのは、およそ10gだということがわかりました。自分の親指を目安に、レシピの参考にしましょう。生姜にも様々な種類があり、風味の弱いものなども販売されていますので、そういった場合にはひとかけよりも多くの量を使っても良いでしょう。

生姜の入れすぎ、不足しすぎを防ぎ、おいしく、そして無駄なく使いたいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ サラダ まとめ

野菜をソースでディップして食べる「バーニャカウダ」。食べたことがある方も多いのでは。その一方で、名前の由来やどこの国の料理かなど、知らないことも多い料理です。今回はバーニャカウダの基本情報や食べ方、レシピなど…

アレンジレシピ 生姜 カクテル

おいしいジンジャーエールを自宅で簡単に手作りできること、ご存じですか?甘さも辛さも自分好みに作れちゃうんですよ。爽やかな味わいが魅力のジンジャーエール、作り方やアレンジレシピをご紹介していきましょう。

スムージー レシピ フルーツ まとめ

野菜やフルーツがたっぷり入ったスムージー。美容やダイエットにもおすすめです。今回は、おいしいスムージーを作るための食材・ミキサー選び、小松菜やバナナを使った人気のスムージーレシピをご紹介。お野菜嫌いのお子さま…

「蒸留酒」と聞いて、どんなお酒を思い浮かべますか?聞いたことがないという方も多いかもしれません。代表的な蒸留酒は焼酎やウイスキーで、他にもたくさんの種類があります。今回は、蒸留酒の基礎知識や飲み方をご紹介しま…

じゃがいも レシピ

玉ねぎを電子レンジ5分で調理するねとめしが「絶品」とツイッターで話題になっています!使う材料は、玉ねぎ、コンソメやバター、ポン酢、黒胡椒のたった5種類。本当に簡単に絶品ねとめしが作れるのか、作り方やアレンジな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

まとめ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

まとめ

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

お菓子 レシピ スイーツ フルーツ まとめ

果物はそのまま食べる以外にもアレンジの楽しみ方がいろいろ♩コンポートとは果物をシロップやワインで煮こむヨーロッパの保存方法という意味。今回は定番のりんごや梨を含むコンポートレシピをまとめました。ぜひ参考にして…

アボカド フルーツ

皆大好き「アボカド」。 マグロと一緒に食べても、サラダに入れても、単体で食べても美味しい大人気食材です。しかも「森のバター」と呼ばれるほど栄養価も高く、健康、美容にいい成分が多く含まれ、しかも低カロリー。ま…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る