ローディング中

Loading...

ビールの定番おつまみ焼き鳥。よく食べる人は多いと思いますが、どこがどの部位で、どんな種類があるのかまで把握している方は少ないのではないでしょうか。今回は、意外と知らない焼き鳥の種類についてまとめました。これであなたも今日から焼き鳥通!

おつまみに欠かせない焼き鳥

飲み会には欠かせない料理のひとつ、焼き鳥。香ばしく仕上げられた焼き鳥は、キンキンに冷えたビールやお酒との相性が抜群ですよね。あなたは”塩派”ですか?それとも”タレ派”ですか?部位によって塩とタレを変える方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんな日本人には欠かせない、焼き鳥。日本人の肉食文化というのは、南蛮人の食文化の到来から始まるとされていて、それまで禁止されていたお肉を好んで食べる南蛮人の姿は、当時の日本人からすると衝撃的だったようです。のちに、キリスト教の弾圧により日本の肉食文化の繁栄も衰退していったといいます。歴史をたどってみると、焼き鳥の始まりは、日本からでははなかったのですね。
ちなみに、江戸時代の書物には鶏をつかった様々な料理が取り上げられていたそう。江戸時代の終わりごろには、神社などで”焼き鳥”が売られている様子も見受けられたといいます。幕末から始まったと言われる焼き鳥屋。そんなに昔から、焼き鳥は日本人に愛されていたのですね。

焼き鳥の種類ってどのくらいあるの?

さてそんな焼き鳥ですが、お店に行くと、その種類の多さに驚きません?焼き鳥屋さんの壁にメニューがずらりとかがげられているのを見たことがある方もおおいでしょう。メニューを見ただけでは、いったいそれが鶏肉のどの部位なのか想像がつかないものもあったり、たくさんの種類を取り扱っているお店では、聞いたこともないような名前のものもあったりしますよね。
果たして、実際に焼き鳥はどのくらいの種類があるのでしょうか。部位ごとにご紹介していきたいと思います!

正肉の種類は全部で10種類

モモ

「迷ったらまずはこれ!」と言っても過言ではない、モモ。足の部分から付け根にあたる部位で、焼き鳥を食べたことがある方なら、ほとんどの方が一度は食べたことがあるでしょう。ちなみに、モモ1本の平均的なカロリーは塩で約80kcalで、タレで約88kcalだそうです。

ムネ

ムネは、鶏の胸にあたる部位。脂肪が少なくあっさりとした味わいが特徴です。こちらも塩とタレから選べる場合が多いと思いますですが、お肉そのものがあっさりとしているため、タレがおすすめです。

ねぎ間

焼き鳥の定番とも言えるねぎ間!モモ肉もしくはムネ肉をねぎと交互に串に刺したものです。実は、この”ねぎま”という名前の意味はねぎを間に挟んでいるからではないそうなのですよ。「ねぎ」はそのまま野菜の葱のことなのですが、「ま」というのが間ではなくお魚の鮪(まぐろ)のことなのだそうです。「葱と鮪」から「ねぎま」になったようです。
その”鮪”の代用品として”鶏肉”が使われるようになり、今現在のねぎまとなったそうです。
こちらは知らなかった方多いのではないのでしょうか?こちらは甘辛いタレで食べるのがおすすめです。

ささみ

ダイエットしている方から人気の部位ささみ。こちらは鶏の胸肉の一部をいいます。さっぱりとした味わいで、脂身が少ないのが特徴で、高タンパク質で低カロリーのため、スポーツ選手などにも好まれているお肉のひとつですね。塩とタレのみならず、わさびや明太マヨネーズなどお店によっては様々な食べ方ができるささみ串があります。

手羽

鶏の羽先の部位を表します。中のお肉は柔らかく外の皮はパリッと香ばしく、二つの食感が楽しめる部位です。塩とタレから選べますが、甘辛いタレで食べるのが人気のようですよ。

つくね

子どもから大人まで幅広い世代に愛されているつくね。首部分のひき肉を丸く成形して作っていきます。ねぎや大葉などを混ぜ合わせたお店も多く、そのお店独自のものを作り出しているところも近年ではよく見かけますよね。卵の黄身やタレにつけるとより一層おいしくいただけますよ。

ハラミ

鶏肉ではないけれど、焼き鳥屋さんでは出しているところも多いハラミ。牛の横隔膜の背中にあたる部位で、食感のやわらかさが特徴です。塩でもタレでも食べますが、お酒に合わせて、ワサビで食べる通な食べ方もおいしいようですよ。

せせり

鶏の首周りの部位のことをいいます。別名では、”ネック”や”そろばん”とも言われているよう。鶏がよく動く部分なので、身が引き締まっていて、歯ごたえがあり適度な脂身をもつようです。塩、タレから選べ、好みが分かれるところですが、塩派がやや優勢なようです。

ぼんじり

尾骨の周りのお肉のことをいい、脂肪の塊が周囲が覆っているのでこってりとした印象もあります。ほどよく弾力のある歯ごたえと、ジューシーな味わいで若い人からも人気。こちらは岩塩や黒コショウなどでいただくのもおすすめですよ。

ソリ

あまり聞きなれないソリ。ソリレスとも呼ばれていて、鶏のモモの付け根もしくは股関節の部位のことをいいます。あっさりとしていて雑味のない味わいです。塩、タレ、どちらも違ったおいしさが楽しめます。

ホルモンの種類

代表的な焼き鳥の種類についてご紹介しました。それでは、次にホルモンの種類をご紹介したいと思います。「肉食女子」という言葉がすっかり定着し、最近では女性からも高い支持を得ているホルモン。これを読めば、次回ホルモンを食べ行く際に、よりいっそうおいしくいただけるかもしれません。

砂肝

鶏の胃の部位です。コリコリ、しゃきしゃきとした食感が人気を集めていますよね。粗びきのコショウを少しかけたり、塩とワサビでいただくのがおすすめです。

えんがわ

さきほどの砂肝の部位の壁のみを集めて、串にさしたもののようです。砂肝より硬く、よりコリコリとした食感が味わえます。お酒との相性も良く、シンプルに塩でいただくのがおすすめです。

レバー

鉄分が多く含まれていることで有名なレバーですが、こちらは鶏の肝臓にあたる部位です。独特なねっとりとした食感に好みが分かれますよね。レバーはレバニラ炒めなど、家庭でも比較的よく使うのではないでしょうか。塩、タレどちらも選べるところが多いですが、独特の風味があるため、初めはタレで食べるのがおすすめです。

ハツ

ハツは鶏の心臓の部位です。もっちりとした食感ですが、弾力があるので歯ごたえばっちりです。ハツには貧血に良い葉酸が多く含まれているそうですよ。塩、タレどちらもそれぞれのおいしさがありますが、もっちりとした食感とタレの相性はとてもよいですよ。

白子

鶏の精巣の部位をいいます。味わいはクリーミーでその食感もやわらかくつるっとしていて評判です。塩よりもタレとの相性のほうがよく、ポン酢につけてもおいしく食べられます。

さえずり

鶏の食道にあたる部位をいいます。しっかりと弾力があり、コリコリとした食感を楽しめます。お酒とともにいただくのであれば、塩が合うでしょう。

目肝(めぎも)

目肝(めぎも)鶏の脾臓の部位をいいます。小豆とも呼ばれているようです。一羽から一個しか取れない希少な部位です。あまり聞いたことはないという方も多いかもしれませんが、ぜひ一度味わってみたいものですね。

背肝(せぎも)

背肝(せぎも)は、鶏の腎臓の部位をいいます。レバーと少し似た味わいなのですが、そのざらりとした舌触りと濃厚さは独特です。一羽から二つほどしか取れずこちらも貴重。タレで食べるのがおすすめなよう。

あいだ

こちらは、鶏の心臓と肝臓の繋ぎ目にある動脈の部分です。一本の焼き鳥を作るのに4、5羽分必要とのことで、こちらも大変希少な部位ですね。こちらはタレと、七味を少しふりかけていただくのがおすすめです。

おたふく

胸腺の部位をいいます。中の身は歯ごたえがあるのに弾力があり、表面はふわっと溶けるような脂身があることから、二重の食感が味わえます。こちらは甘辛いタレでいただきましょう。

ふりそで

手羽とムネ肉の間の部位をいいます。脂分は少ないのですが、肉汁がたっぷり出てくる味わい深い部位です。

ふんどし

砂肝と連結している部位のことをいいます。鶏が餌を消化する際に弾く器官で、砂肝とは異なりやわらかい食感だそうですよ。こちらは塩コショウと、レモンを少ししぼっていただくのがおすすめです。

油つぼ

ぼんじりの付け根部分の部位のことです。ぼんじりよりも歯ごたえ、噛みごたえ十分で濃厚な味わいが広がります。タレでもおいしいのですが、ぼんじり同様に塩がおすすめです。

ちょうちん

見た目が少し変わった形のちょうちんは、内臓にあった殻と白身に覆われる前の黄身の部位をいいます。口の中に黄身を入れると弾けるので、面白い食感体験ができます。ほとんどの場合はタレででてくるといいます。

その他(皮・骨)

焼き鳥屋さんで食べられる皮のほとんどが首の皮の部分なのだそうです。皮には、実はコラーゲンが多く含まれているので、女性はぜひ食べたい部位かもしれませんね。カロリーが少し気になる方には、脂部分を取り除いて食べるのがおすすめです。塩、タレどちらもおいているお店が多く、食べ比べてみるのも良いですね。

銀皮

砂肝を包む銀色の皮のことを指します。”ずりかべ”とも呼ばれていて、コリコリとした食感が特徴です。

ペタ

お尻の部分のぼんじりと背中を繋いでいる、厚い部位のことをいいます。脂分が多くジューシーさが特徴です。

なんこつ

鶏の胸骨の先にある、特有のコリコリとした食感が人気のなんこつです。それ自体に味はほとんどないそうなのですが、ビールのお供にぴったりの部位です。実は、鶏肉の中で一番カロリーが少ないのだとか。
胸の部分のなんこつは”やげんなんこつ”と呼ばれ、唐揚げなどに使われる部分のなんこつは”げんこつ”、”ひざなんこつ”と呼ばれるそうです。こちらはシンプルに塩でいただくのがおすすめです。

かんむり

鶏のとさかをカリカリに焼いたもののことをいいます。かんむりも皮と同様、女性には嬉しいコラーゲンが豊富に含まれているようで、とろっとした食感が特徴です。かんむりがあるお店は少ないようなので、見つけたら食べてみてくださいね。

焼き鳥屋さんにいってみよう

焼き鳥の種類についていかがでしたか。聞いたことなかった部位、メニューで見かけることはあっても、どんなものか知らない部位もたくさんありましたよね。今度焼き鳥屋さんに行ったときには、ぜひ気になったものを注文してみてくださいね。食べたことのない部位の中から最高にお気に入りの焼き鳥が見つかるかもしれませんよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

菜の花 おつまみ

色鮮やかな緑が美しい菜の花は、おひたしにパスタ、天ぷらなど様々な調理法で楽しめます。今回は、そんな中でも基本の「辛子和え」の作り方をご紹介。食感を損なうことなく茹でるコツや作り方、この機におさらいをしてみませ…

日本酒

おいしくて、ついつい止まらなくなる日本酒。上手に楽しく呑むためには、日本酒一合の量やカロリーを知ることが大切です。今回は、日本酒一合の量、カロリーを基本に、日本酒のおもしろいウンチクまで詳しくご紹介します。

カクテル

新鮮なフルーツを使った「フルーツポンチ」に、お酒を入れたカクテルが楽しめるイベント『酒フェスフルーツポンチ』が今年も開催されます。今年のGWはおいしいカクテルとBBQを楽しんでみてはいかがでしょうか?

おつまみ

今回は、下処理を済ませたふきのおいしい食べ方をご紹介。炒め煮は短時間で作れて、しっかり味が染みるので初心者さんにもオススメ。甘辛い煮汁に、ピリッと鷹の爪を効かせて召し上がれ。

レシピ おつまみ

レンジとトースターを使って手軽にできる、「餃子の皮でカルツォーネ」のレシピをご紹介します。外はカリカリ、割ると中からチーズがとろ〜り♩おつまみやお弁当にぴったりなひと品です!簡単なので、ぜひ作ってみてはいかが…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

チーズケーキ カフェ ケーキ テイクアウト

クリスマスケーキも、誕生日のケーキも、チーズケーキがいい!というほどのチーズケーキ好きさん必食。名古屋にチーズケーキ専門店があるのをご存知ですか?オレゴンの美味しいチーズを使った、優しい美味しさのケーキ。きっ…

レシピ チーズ まとめ

包んで焼くだけと、とっても簡単なホイル焼きのレシピをご紹介します。定番、鮭のホイル焼きを始め、いろんな材料を使ったレシピを集めました。一度にたくさんの量ができて、ボリューム満点!洗い物も少なくて済むので、ぜひ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...