ローディング中

Loading...

店頭に並ぶいろいろなお肉。アナタは洗ってから使いますか?それともそのまま使いますか?洗うなんてとんでもないと思う人もいるかもしれませんが、海外には洗う人が結構多いのだとか。今回は、お肉を洗うことについて解説していきたいと思います。

肉ってそもそも洗うものなの?

洗った方がよい食品、洗わない方がよい食品とさまざまありますがお肉はどうでしょうか。そもそもお肉を洗うのか洗わないのかというと、洗わないで使う人のほうが多いはず。でも、外国では逆に洗うのが一般的だったりします。その差はどこから生まれたのでしょうか?海外の事情も交えてお話ししていきます。

日本ではあまり洗わない?

調理前に日本でお肉を洗わない理由。それはひとえに日本の食肉加工の技術が優れているからといっても過言ではありません。衛生面には特に気を使い、鮮度にもこだわる日本では洗う必要には迫られなかったのだと思われます。
それから日本の人が肉を洗わない理由のひとつに、洗わなくて十分にお肉がおいしいからという理由もあります。じつはきちんと血抜き処理がされていないお肉は、その肉独特のくさみが残るのです。
では、逆に日本以外の国はどうかといいますと、じつは洗うのが一般的なのだとか。後進国では特にその傾向が強まっているようです。

世界の肉事情

日本ではキレイにパックに詰めて売られているお肉が常識ですが、海外ではそうとも限りません。例えば東南アジアの市場では、高温多湿な気候にも関わらず普通に肉を吊したりしたまま販売していたり、ラップもかけられずナタでぶった切ったような状態のまま放置気味に販売されていることもあったりします。そういう状態ですからハエといった虫もやってきますし、衛生面では不安が残りますよね。つまり、洗う=汚れを落とすという概念が大きいのです。

誰がどうさばいたか不安だから洗う

誰がどこでどう加工したお肉なのか。これも「売られているお肉はキレイなもの」と考えている日本人なら気にしないことかもしれません。でも、衛生観念が微妙な国ではそうではないのです。お肉は生モノですからどんな菌が付いているかわかりませんし、パック詰めされていないお肉は、買う人が素手で触りまくっている可能性もあります。菌は見えないものなだけに慎重になるのでしょうね。

着色されているから洗う

日本ではあまり考えられませんが、一部の国では見栄えをよくするためにお肉を着色加工して売る国もあるようです。そのため「洗って食べる」という観念が定着したと思われます。

肉を偽装していたことも!

肉すらも偽装してしまうという事件も起きています。例えば豚肉を加工して牛肉と偽って販売したり、ネズミの肉を羊肉だ偽って販売したり。あるいは、期限切れのお肉を販売してしまったりなど、さまざまな加工がされたお肉かもしれないと思うと、洗うという行動に出るのもわかるかもしれません。

赤い汁は大丈夫?

世界の肉事情で洗ったほうがよいというケースを紹介してきましたが、日本のお肉でも洗いたい!と思っている人もいるのではないでしょうか。
お肉を買ったけど、赤い汁が出てきていることに気づきませんか?お肉から出てくる赤い汁はドリップとも言われます。ドリップとは鮮度が落ちてくると出てきてしまうものなので、なるべく出ているものは買わないのがベスト。でも出てきてしまったら、どうしても洗い流したくなりませんか? 
流水で洗い流してしまうと、お肉についている菌をシンク周辺に撒き散らす原因になりますので、基本的にはおすすめできません。キッチンペーパーで拭き取ってから調理するようにしましょう。

どうしても気になるなら「50度洗い」

ドリップを拭き取っても衛生状態が気になるひとは、「50度洗い」をしてみましょう野菜を50度洗いするとシャッキリするいう話は聞いたことがある人も多いと思いますが、じつはお肉にも応用できるんです。お肉を50度洗いすることで菌を減らすこともでき、さらにはうま味もとじ込める効果もあるのだとか。ぜひ試してみてください!

「50度洗い」のやりかた

1. 約50度のお湯を準備します。
2. お肉を入れて軽くこすり洗いをした後、そのまましばらく放置します。
3. 5分ほど放置したら冷水にとって冷やし、水気を拭き取ります。
熱湯と常温の水を半分ずつ混ぜるとほぼ50度になります。ただし43度以下で洗うと、逆に菌が繁殖するのでご注意を。また、放置している間は温度が下がりすぎないよう注意してください。それから一番大事なことは、洗ったらすぐに料理することです。そのまま放置するとまた菌が繁殖してしまいますよ!

洗うと臭みは取れるがちょっと注意

ときどき輸入されたお肉の臭みが気になることってありませんか?そんなときはさっと洗うことで臭みを取ることができますよ。ボウルに水をいれ、しゃぶしゃぶのお肉のようにささっと手早く洗いましょう。洗いすぎると脂やうま味成分まで過剰に流れていってしまうのでご注意を。
他、お湯を沸騰させたあとにお酒を入れてさっと下茹でをするか、使う前のお肉にお酒や生姜の絞り汁をかけておく方法がおすすめです。このひと手間がお肉をおいしく食べる下ごしらえになります。

お肉はそのまま調理して大丈夫!

しつこいようですが、日本ではきれいが常識。でも見えない菌はもちろん付いています。食中毒などを起こす菌はしっかりと火を通すことで死滅しますので、日本にいる限りはそのまま使っても大丈夫といえそうです。ドリップが出ている程度なら、キッチンペーパーで拭き取ってしまえばオッケーです。さらにおいしくお肉を食べたい人や菌を気にするかたは、ぜひ50度洗いを試してみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ローストビーフ

ラディーチェ 代官山で期間限定「究極の肉祭り」を開催♩自家製の「ローストビーフ」「ローストポーク」「生ハム」が食べ放題になる今回のイベント。お肉に目がないそこのあなたはぜひお友達を誘って行ってみてくださいね。

ハンバーガー 鶏肉 キャベツ

新作発表会まで名前を伏せられていたマクドナルドの新作が、ついにその全貌をあらわに!たっぷりたまごのタルタルソースをやわらかチキンにはさんでサンドした、あの名作の味を超えるかもしれないという新バーガーの味を、実…

ハンバーガー チーズ

2017年1月の「第1回マクドナルド総選挙」、1位は「ダブルチーズバーガー」でした。そして現在、選挙前の公約どおりチーズとパティを3枚にした「トリプルチーズバーガー」が、ダブルと同じ価格で発売中!その食べ応え…

ホルモン

レバーは栄養価も高く、毎日の食卓に取り入れていきたい食材のひとつですが、独特のくさみは上手に下処理をして消さなければいけません。牛乳を使う方法はよく知られていると思いますが、他にはどんなものが下処理に使えるの…

2017年の年始5日間、京セラドームで「スーパープレミアム肉フェス〜NEW YEARニクトーバーフェス〜」を開催♩今回、「オクトーバーフェスト」と「あいぱく」も同時に楽しめる3度おいしいイベントにぜひ参加して…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

チョコレート デニッシュ パン

イトーヨーカドーの「デニッシュブレッド」がとびきりおいしいデザートパンに大変身!その名も「オリジナル濃厚チョコデニッシュ」。ベルギーチョコがたっぷりと入り、しっとりとした食感になったこのパンの味わいを、発売前…

まとめ サンドイッチ ヴィーガン レシピ

動物性食品、乳製品を全く使わない完全菜食主義のヴィーガンレシピのうち、今回はサンドイッチをご紹介したいと思います。豆類、豆腐、野菜類をふんだんに盛り込んだ各レシピは、ボリュームも栄養もぎっしり詰まっています。…

レシピ まとめ

これから梨が美味しく出回ってきますね。ジューシーで優しい味の梨は、サラダやデザートにも適している果物なので、そのまま食べる以外にも活用していきたいものです。今回は洋梨を使ったレシピをご紹介します。和梨でも作れ…

マサコ

いろんな国でいろんな料理を食べること。現地のスーパーや市場を覗くこ...