ローディング中

Loading...

名前は聞いたことがあっても、なかなか調理したり、食べたことがある人は少ない「モロヘイヤ」。しかし野菜の王様、とまで呼ばれるだけあって、その栄養価は抜群!食べないなんてもったいないのです。今回はおすすめの食べ方とレシピをご紹介しますよ。

モロヘイヤ、どこまで食べる?

野菜売り場で夏になるとよく見かける緑黄色野菜のモロヘイヤ。日本で栽培されるようになってから30年ほど経ちますが、使いかたがよくわからず調理したことがないという方もおられるようです。
手にすると葉の部分が柔らかく、茎の部分は少しかたい感じがするため、食用できる部位は葉だけと思ってしまわれるかもしれませんが、実は葉から茎まで余すところなく食べることができます。
鮮やかな緑色のモロヘイヤを、柔らかい最もおいしい状態でいただける時期は7月~9月の暑い時期。食欲が落ちがちな季節でも食べやすいモロヘイヤのすばらしさや、調理方法を覚えて上手に使いこなしていきましょう。

モロヘイヤは野菜の王様

気温が高く乾燥した地域でも生育できるモロヘイヤの原産地は中近東です。現在もエジプトではよく食されている野菜で、各家庭にはモロヘイヤを刻む専用の包丁が用意されています。アラビア語で王様の野菜を意味するムルキーヤが元となっているモロヘイヤ。
古代エジプトには不治の病にかかり苦しんでいた王様が、モロヘイヤのスープを飲んで回復したという話が伝えられています。イキイキとした葉を見ているだけでも元気が出てきそうなモロヘイヤですが、栄養面でもかなり優秀であることは確かです。
カロテンやカルシウムの含有量は同じ緑黄色野菜の仲間と比べてもかなり多く、そのほかビタミンB群、C、Eなども含まれています。また、刻んだときにたくさん出てくるヌルヌルしたものに含まれている成分ムチンはぜひとも摂取したい成分の一つです。
ムチンは粘膜の保護、血糖・コレステロールの上昇を抑える働き、肝機能の向上が期待できます。繊維質もたっぷり含まれているので葉から茎までむだなく使うことがおすすめ。
かつては世界三大美女の一人として有名なクレオパトラも好んで食べた野菜であったと伝えられています。
古代の人々も健康や美容に優れた効果を発揮する食材であることを知らず知らずのうちにわかっていたのかもしれませんね。

モロヘイヤの茎の食べ方

モロヘイヤの茎の下ごしらえ

茎をおいしく調理するには下ごしらえが肝心です。葉と茎の分け方から順を追って見ていきましょう。
1、水道の水を出したまま、モロヘイヤ全体に付着した土などの汚れを洗い流していきます。
2、葉の部分を手でちぎりながら丁寧に取り除き、茎のみを取り出します。
3、噛み切れないおそれがあるため、下側の硬い部分を数センチ切り落とします。目安は4cm~5cmです。切った時に硬く引っかかる感じがしたときは、もう少し上の部分でカットするようにしましょう。

モロヘイヤの茎のおすすめの食べ方

下ごしらえ済みのものは約1分塩を入れた熱湯で茹で、冷水にさらすと扱いやすくなります。葉の部分より噛みごたえのある茎の部分ですが、和え物やスープなどいろいろなレシピへ使えるので便利です。炒める場合は茹でずにそのまま使いましょう。
炒めてお好みの味付けにすれば、シャキシャキした食感が残るおししい炒め物が簡単にできあがります。

モロヘイヤの葉の食べ方

モロヘイヤの葉の下ごしらえ

茎の下ごしらえと同様、流水で洗ってから葉の部分だけをそっと取り除きます。葉の部分は茎よりも柔らかいので、約20秒茹でるだけで十分です。沸かしたお湯に塩を入れてさっと茹でてからざるに取り、熱がなくなるよう冷水にさらします。

モロヘイヤの葉のおすすめの食べ方

さっと茹でてお浸しで食べるだけでもおいしいですが、うどんやおそばのトッピング、おみそ汁の具材としても向いています。柔らかいのでふわとろに仕上げるオムレツの具材にもぴったりです。
ムチンを含んでいる食材をいくつか組み合わせて食べるとより効果的なため、夏においしいオクラや山芋、納豆などと一緒に和え物にするといいでしょう。エジプトでは親しまれているモロヘイヤを使った料理はスープです。
のど越しのいいスープならば体調がすぐれないとき、食欲があまりないときにも食べやすいですね。

モロヘイヤは生でも食べられる?

モロヘイヤを生のまま食べたからといってすぐに体に異変が起こることはあまりないでしょう。市販品の袋に生食用の表記こそありませんが、決して生で食べてはいけないものではありません。
洗った葉をそのまま口に入れてみると独特なえぐみがあり少し食べにくいと感じるはずです。ほうれん草などと同じでシュウ酸が多いため食べ続けると腎臓結石や尿路結石など健康面に影響を及ぼす心配が出てきます。
食べる場合は基本的に茹でてアク抜きしてから食べるといいでしょう。もう一つ、モロヘイヤを食べるときに気をつけなければならないことがあります。成熟したモロヘイヤの茎や種には「ストロファンチジン」という成分が含まれているのです。
「ストロファンチジン」が体内に入るとめまいや吐き気など中毒症状があらわれます。
スーパー等で市販されている商品は安心して食べることができますが、自宅のプランターや庭、畑で栽培したものは十分注意して、安全だと確信できるもの以外、生食はもちろん加熱調理用としても避けるようにしましょう。

モロヘイヤのおすすめレシピ5選

ピリ辛モロヘイヤ納豆

サッと茹でて細かく刻み粘り気を出したモロヘイヤと納豆を使った簡単な和え物。豆板醤を使ってピリ辛にすることで食欲減退ぎみの夏場にちょうどいいおかずです。葉から茎まですべて使えて経済的。ネバネバ同士の組み合わせで元気を取り戻せそうです。

納豆とモロヘイヤのかき揚げ

納豆が苦手な方でも食べやすい天ぷらに仕上げます。モロヘイヤはそのまま切って納豆と混ぜ、天ぷら粉をつけて油でカラッと揚げればOK。納豆に添付されているタレをかけていただくことができます。

モロヘイヤのすり流し

モロヘイヤの葉だけを使って作ります。下ごしらえした葉と一緒にだし汁と白だしを入れブレンダーで混ぜるだけで完成。鮮やかな緑が美しい、すり流しが簡単にできます。爽やかな器に入れれば和のおもてなしにも使える逸品です。

モロヘイヤのシンプルソテー

モロヘイヤとえのき、ロースハムがあれば手軽に作れる炒めものです。具材をカットしてサラダ油をしいたフライパンで炒めるだけなので短い時間で作れます。味付けはコンソメとコショウでさっぱり。お弁当のおかずにも良さそうですね

モロヘイヤとトマトのスープ

モロヘイヤは茹でて水にさらし、水気を切って包丁でたたいておきます。トマト。玉ねぎ、ベーコンは食べやすい厚さに切り、トマトは両面焼き色をつけましょう。コンソメベースのスープを作ったら、モロヘイヤとトマトを入れて完成です。

まとめ

豊富な栄養価を含んだ独特な粘りが特徴的なモロヘイヤは食欲がなくなりがちな夏場、疲れた体を癒す手助けをしてくれる貴重な食材です。旬の葉物が少なく、価格が高騰しやすい時期に家計の強い味方にもなってくれるでしょう。
幅広く活用できる魅力的な野菜ですので料理だけでなく、ジュースやスイーツ作りへも積極的に取り入れて、健康管理や美肌作りに役立ててくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

子どものころに小銭を握りしめて行った駄菓子屋さん。大人になった今、あの頃の思い出とともにまた味わってみたいと思いませんか?安価でバラエティーに富んだ駄菓子は、大人でも楽しめますよ!今回は、そんな懐かしい駄菓子…

もつ鍋 レシピ まとめ

居酒屋で人気のもつ煮をおうちでおいしく作るポイントは、もつの下ごしらえを上手にすることです。圧力鍋を使えば簡単に作れますが、圧力鍋がなくても作れるんです。今回は、モツ煮の基本的な作り方や、味噌煮などのアレンジ…

大根 レシピ まとめ

大根おろしは、大根そのままで食べるときよりもプラスなことが増えることをご存じでしたか。そんな大根おろし、ただ食材につけて食べるだけではなく、いろいろな料理に使える万能の食材だったのです。今回は、人気のアイデア…

まとめ

釣り人兼ライターの横沢テッペイさんが愛用している「ヨコザワテッパン」。サイズは小さいながら、その実力は折り紙つきなんです。安いお肉でもおいしく焼けちゃうという魔法のグッズ、どこがそんなにすごいのでしょう?その…

新宿 新宿三丁目 立ち飲み まとめ

新宿に飲み屋さんがたくさんあるのは想像つくと思いますが、今中でも立ち飲みのお店が注目を集めています。昔からある老舗のお店から新しいお店まで。どのお店もそのお店それぞれの特徴、個性がありとても魅力的です。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

通常、21時以降の食事は太るから…と避ける方が多いと思うんですが、人気ブロガー「おおたわ歩美」さんのレシピなら、そんな心配も無用です♡働く女子のための、簡単で美味しいレシピ考案してくださっている…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

もうすぐクリスマス!macaroniでは、ロッテ「ガーナチョコレート」を使ってクリスマスチョコスイーツを作り、「#手作りチョコガーナ」のハッシュタグをつけてSNSに投稿していただくキャンペーンを実施します。ぜ…

ヌテラ おやつ

今や200カ国で愛されている「ヌテラ」。日本でも密かなブームとなっていましたが、ここへ来て急速に人気が高まっています。「あの味がたまらない」「クセになる!」と評判の「ヌテラ」とは一体どういうものか、乗り遅れる…

バー 居酒屋 ビアバー まとめ

大量生産ではなく、ビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているのがクラフトビール。ビール職人が造り出す高品質なビールを「手工芸品(Craft)」に例えてクラフトビールと呼びます。そんなクラフトビールが飲み放…

デート 女子会 合コン 赤坂 居酒屋 まとめ

今回は赤坂、赤坂見附、溜池山王あたりで、デートや合コンに使いたいお店を9店舗選んでみました!!一度は行ってみたいと思うような、大人な雰囲気の居酒屋やお店が多いですよ♪

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...