ローディング中

Loading...

連載:日本の食、再発見!あなたの知らない全国”珍”野菜巡り

通常は缶詰やパックで店頭に並ぶヤングコーンですが、5〜7月頃は皮付きのまま生でも販売されます。採れたて新鮮、旬の時期ならではのおすすめの食べ方、下処理から皮の中身の様子まで画像で解説!ヤングコーンの魅力をたっぷりご紹介します。

ヤングコーンとは

ヤングコーンはスーパーで缶詰やパックにして売られており、手軽に利用できる点や、独特の味と食感を好んで購入される方も多いと思います。サラダに入っていると、食感が良いアクセントとなって、様々なドレッシングとも相性が良い野菜ですよね。

そもそもヤングコーンとはどんな野菜なのか?成り立ちや起源、また下処理からおすすめの食べ方まで、ヤングコーンの魅力に迫ります。

ヤングコーンの歴史

ヤングコーンはその見た目からも想像つく通り、とうもろこし(スイートコーン)の実が大きくなる前に収穫される野菜です。

1本の株から2本のとうもろこし「雄穂(ゆうずい)」を収穫するそうですが、3本以上実がなると、先の2本をしっかり太らせるため摘みとります。摘みとったもの「雌穂(しずい)」がヤングコーン、ベビーコーンとして出回ります。

とうもろこし(スイートコーン)の起源

とうもろこしの原産地はメキシコ、グアテマラ等の中南米付近だと言われており、その誕生には諸説あるそうです。メキシコ周辺に自生していたテオシントと呼ばれるイネ科・一年草の野生植物を改良して誕生した説と、絶滅した野生種などから交配して作られた説など様々あり、いずれにしても、野生では育つことのない野菜のようです。

そして、メキシコ西部のバルサ流域で8700年前(紀元前6700年頃)、とうもろこしが人間の手により栽培されていることが分かり、その後アメリカ大陸へと伝わりました。アメリカでは主要穀物の一つとして、現在も大規模に栽培されています。日本へも飼料用としてたくさん輸入されているのは、ご存知の方も多いでしょう。

とうもろこしは、非常に歴史の長い野菜です。

日本での栽培の始まり

日本へは、1579年にポルトガル人から長崎または四国にフリントコーン(硬粒種)が伝わり、山間地を中心に栽培が始まりました。また明治時代に入ってから北海道開拓に伴い、北海道農事試験場がスイートコーン(甘味種)である「ゴールデンバンタム」という品種をアメリカから導入したことがきっかで、本格的な栽培と流通が始まったそうです。

今では全国でとうもろこしの栽培が広がり、温暖な地域では4月頃から種をまき、7月に収穫、寒冷地では5月頃から種をまき、8月に収穫し、スーパーの店頭に並びます。日本のとうもろこし(生食)の自給率はほぼ100%と言われています。

ヤングコーンの旬の時期と主な生産地

ヤングコーンはタイなどの輸入品が多いですが、旬の時期は国産が出回り、とうもろこしが収穫される前の5月〜7月頃にスーパーに並びます。この時期は、皮付きのまま出回ります。皮付きの状態であると鮮度が保たれ、またひげや内側の柔らかい皮も食べられるんです。

主な生産地は北海道で、国内生産量の約半分を占めます。次に千葉、茨城、群馬と続きます。

鮮度の見分け方、保存方法

皮付きのまま販売されている場合は、ぜひ皮付きのまま購入しましょう!実が取り出された状態より、皮付きの方が鮮度は保たれます。またひげが茶色くなっていないもの、皮がピンと張ったものが新鮮です。

下処理の方法

皮を頭の方からゆっくり剥がしていきます。実は割れやすいため、一枚一枚優しく剥いていきましょう。
ある程度の薄さになったら、包丁を縦にして軽く切れ目を入れると、実が取り出しやすくなります。

中身の様子

皮の中身の半分は、ひげです。
繊細でなめらかなひげがたっぷり入っています。ひげの数は実(粒)の数と一致すると言われています。
実の先端箇所が、ひげと繋がっています。
ひげをプチプチと手で引っぱっていくと、簡単に抜き取ることができます。あっという間に綺麗なヤングコーンの形になります。調理の際は、茎をカットして下茹でしてから使用します。

断面図

断面をカットするとこんな感じです。大きく成長したら、まさにとうもろこしだと想像できますね。芯や茎の部分は非常に柔らかく、簡単に包丁が入ります。

ひげまでおいしく!ヤングコーンの食べ方

皮を順に剥がしていくと爽やかな新緑の香りが漂います。実を生の状態でカジってみると、シャリシャリとした食感が楽しい野菜です。鮮度が良いものは生でも甘いのですが、基本的に下茹でしてから調理に使用しましょう。

・下茹で方法: お湯に塩を入れて3〜4分茹でます。茹で上がったら取り出し、そのまま冷まします。

・ひげの下処理方法: ひげも食べることができるので、ぜひ調理してみてください。沸騰した鍋に入れて1分ほど茹でます。水に取り、水分を切ったら出来上がり。適当な大きさに切って、マヨネーズ、お好みのドレッシングでいただきましょう。ひげの甘さを感じることができますよ。

おすすめの食べ方:グリルで10分

皮付きのままグリルで焼くと香ばしさがアップし、ひげの部分はさらに甘さが引き出され、おいしくいただけます。外皮を2〜3枚はがし、ひげの部分は焦がさないようアルミホイルで巻いておきます。グリルで10分ほど、両面にこんがりと焼き目がつくまで焼きましょう。焼き上がったら、やけどに注意しながら皮を剥いていきます。実よりもひげの甘さにきっと驚くはずです!

料亭などでは、ひげの天ぷらとして提供しているお店もありますよ。その甘さや食感は、高級店でも余すことなく活用されているんですね。

おわりに

今回は愛知県産ヤングコーンを購入しました。ヤングコーンはとうもろこしと違って、芯まで食べられる野菜です。小ぶりでありながらシャキシャキした食感とヤングコーンならではのおいしい食べ方があるので、ぜひ皮付きの状態で購入してみてくださいね。

《日本の食、再発見!あなたの知らない全国”珍”野菜巡り》の記事一覧

口の中で独特の粘りと食感があるネバネバ食材。このネバネバには、免疫強化など夏バテ防止に役立つ成分が入っているんです。今回、珍しい野菜を中心に新顔野菜も取り上げ、効果・効能を一挙にご紹介します。今の体調から必要…

レシピ

つくしのような見た目をしたアスパラソバージュを知っていますか?ヨーロッパで自生し、日本では主に空輸で取り寄せられる高級食材です。上品な甘みと食感がくせになって、止まらなくなるおいしさ!アスパラソバージュの食べ…

ビーツ レシピ

濃い赤紫色が目にも鮮やかなビーツ。名前を聞いたり、見かけたり、また一度は食べたことのある人もいるかもしれませんね。とても甘い野菜で、料理を華やかにしてくれます。飲む血液と呼ばれるビーツは栄養豊富!夏にぴったり…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

うどん レシピ まとめ

うどんは1年中通して美味しく食べられる食材ですよね♫これからの時期はそろそろ冷たいうどんも食べたくなる。今回は、そんなうどんの時短アレンジレシピを5つご紹介します。最後に、お得なお取り寄せ情報もあるのでお見逃…

レシピ まとめ ハンバーガー

レシピブログで大人気ののんたんママさんが考案したモスバーガーそっくりレシピを紹介します。バンズからパティ、ミートソースと作って最終的にモスバーガーそっくりさんがおうちで楽しめますよ♪テリヤキバーガーとフィッシ…

カレー レシピ まとめ

カレーと言えば「かけるもの」と言う感じですが、いわゆる「つけ麺」のようにカレーの中に麺などを入れて食べるのもおいしそう!つけカレーのアイディアレシピをご紹介。皆さんの工夫をこらしたレシピ、どれもおいしそうです…

イワシ レシピ まとめ

カルシウムやビタミンDが豊富なイワシ。イワシは、秋に旬を迎える美味しい食材です。いざ調理しようとすると、何を作ろうか迷う方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんなイワシを使ったおすすめレシピをいくつかまと…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー

洋酒の楽しみ方を提案する「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」の第2回。「ウッドフォードリザーブ」をテーマとした今回も、お酒の魅力について新たな気づきをくれるものばかりでした!知らなきゃ損なその内容…

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

ハンバーガー

2017年2月22日(水)、マック「しょうが焼きバーガー」(通称:ヤッキー)が新登場!一見てりやきバーガーと変わりませんが、想像を超える「しょうが焼き」感に驚きが止まりません!発売記念イベントの様子と合わせて…

食卓の彩りを良くしたり、香りを良くしたりする大葉は、どんな保存方法が正しいのでしょうか。冷凍?冷蔵?乾燥?すぐに大葉がしなびてしまわないように、正しい保存方法を覚えましょう。今回は、大葉の詳しい保存法や新鮮な…

大河内美弥

野菜ソムリエ。旅の途中に寄る地方スーパー、海外のスーパーが大好き。...