ローディング中

Loading...

スープや煮込み料理、炒飯など一本あると料理の味付けが楽になり、調理時間の時短にもなるとして知られるうま味調味料「味の素」。忙しい人には本当に便利ですよね。そこで今回は、誰もが知っているであろう万能な「味の素」の成分について徹底解説します!

気になる味の素の成分って一体なに?

炒飯や卵スープなどの中華はもちろん、様々な料理の味付けに欠かせないうま味調味料である「味の素」。ひとつひとつきっちりと図らなくても簡単においしくなることから、どの家庭にも一本はあるのではないでしょうか。

しかし、味の素のあの白い粉末は何からできているかをご存じの方は少ないと思います。今回は料理をなんでもおいしくしてくれるほか、調理時間の短縮にもつながる魔法の調味料「味の素」についてまとめてみました。

そもそも味の素とは

「味の素」とはうま味調味料の商品名のひとつなのですが、いまやこの商品名は日本のみならず、世界中に知られているほど有名なのだそうです。ほとんどの人が、テレビCMなどで、かわいい赤色のパンダを見たことがあるのではないでしょうか。

最近では、うま味調味料としてだけでなく、このオリジナルキャラクターのパンダがかわいいと、ストラップなどのオリジナルグッズもかなり人気があるのだそうです。そんな世界的にも有名な味の素には、どのような成分が含まれているのでしょう。

気になる成分とは

味の素の成分

味の素を構成している成分はいくつかありますが、その主成分にあたるのがグルタミン酸ナトリウムという化学調味料です。日本人はこのグルタミン酸ナトリウムをおいしいと感じる傾向が強く、ラーメンやみそ汁、お吸い物のダシにも欠かせない調味料なのだそう。

ラーメンや味噌汁と聞くと、日本人の食生活にこのグルタミン酸ナトリウムはどうやら欠かせないようですね。では、このグルタミン酸ナトリウムとはいったいどのようなものなのでしょうか。

注目のグルタミン酸ナトリウム

グルタミン酸ナトリウムとは、グルタミン酸のナトリウム塩のことをいいます。強いうま味を持つことで有名ですが、このうま味は昆布由来のものです。グルタミン酸はたんぱく質を構成する主要なアミノ酸のひとつで、味の素に限らず、広く食品に使用されています。

さとうきびからとれる糖蜜やでんぷんを発酵させて作ります。元々、そのままでは水に溶けにくいのですが、ナトリウムが加わることで溶けやすい性質に変化します。つまり、料理にも使いやすくなるということですね。

味の素のうま味はどこからきてる?

味の素の主成分がグルタミン酸ナトリウムであることは先ほどご紹介しましたが、そもそもどのようにして生まれたのでしょうか。

歴史

味の素の主成分であるグルタミン酸ナトリウムは、化学者であった池田菊苗教授によって発見、創業者の二代目鈴木三郎助によって商品化されたと言われています。

「すっぱい」「甘い」「しょっぱい」「辛い」の4つの味覚しかなかった戦前、それ以外の味を「うま味」と名付け、昆布のうま味成分がグルタミン酸ナトリウムであることを発見したのがはじまりだそうです。

その後1907年、研究に研究を重ねた結果、昆布からうま味成分だけを抽出することに成功させ、同時にこのグルタミン酸ナトリウムがアミノ酸の一種であることも分かったのだそうです。翌年の1908年にグルタミン酸ナトリウムを主成分とする調味料の製造方法を発明し、特許を取得したことで今日の「味の素」が生まれたのだそうです。

現在では、この「うま味」は「UMAMI」という呼称で世界中に親しまれています。

グルタミン酸ナトリウムは体に悪い?

昆布由来のうま味成分、グルタミン酸ナトリウム。「化学調味料」と聞くと、「体に悪いんじゃないの?」「病気の発症リスクは?」などと気にされる方も多いかと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。

結論から言うと、グルタミン酸ナトリウムが体に直接悪影響を与えることはありません。ですが、味がしっかりとつくため、子供に与えすぎると濃い味のものしか受け付けなくなって味音痴になる可能性があります。大人でも、過剰摂取しすぎると塩分過多になる場合があるため注意が必要です。

グルタミン酸ナトリウムは、昆布やかつお節、干ししいたけなどいろいろな食品に含まれている成分と同じ「うま味」として蓄積されるので、体に悪影響を与えるということはありません。過剰摂取は良くありませんが、常識の範囲内で継続的に使用する分には問題ないと言えるでしょう。

過去にはこんな事件もあった!

2000年(平成12年)、インドネシアで「味の素」の原料にイスラームでは禁忌されている豚肉が使用されている噂が流れたことがありました。

結果的には材料に豚肉や豚肉由来の成分は使用されていませんでしたが、発酵菌の栄養源を作る過程で豚肉由来の酵素が使用されていたため、現地法人の社長が逮捕され、味の素製品はインドネシアの食料品店から一斉に姿を消したことがあったのです。

その後、翌年の2001年(平成13年)2月に商品の回収がすべて終了し、使用する酵素を変更したことによって再び販売許可が下り、現地の社長も釈放され、製造販売を再開したのだそう。

日本ではあまり、牛や豚かなど気にしなくてもお国柄や宗教的な違いによってこのような大きな問題に発展するのですね。

昔は石油由来の成分を使っていた?

インターネットで「味の素」と検索すると、「石油」や「害」などのネガティブなキーワードが並んで出てくるのが気になります。でも、現在の「味の素」はさとうきびから作られているグルタミン酸ナトリウムが主成分となっているため心配はいりません。

しかし、確かにネットで書かれている通り、過去には石油由来の成分を使っていた時代もあったのだそうです。1950年代には石油由来の成分を使って味の素は作られていました。1960年代に入るとその影響で健康被害を訴える人が続々と増え、その有害性が社会的に問われたのです。

そのため当時の「味の素」の成分を調査したところ、微量ながらもタール由来の不純物が残留していることが発覚し、一時期「味の素」のイメージはガタ落ちだったそうです。確かに、タールを摂取していたなんてことが発覚したら、なかなかそこの商品を継続的に使用しようとは思いませんよね。

その後はさとうきびを原材料とするグルタミン酸ナトリウムから生産する手法に切り替え、現在もその製法で作られているので安心してくださいね。

「味の素」で調理時間を賢く時短しよう

日本人なら誰もが知っている万能調味料「味の素」の成分と歴史、いかがでしたか。色々な歴史を経て、今では体に安心な原材料から作られている日本のみならず、世界的にも有名になっているうま味調味料です。

さっとかけるだけで料理の風味やコクが深まり、調理時間の短縮にもつながる「味の素」。働く女性が増えてきた昨今、このような時短アイテムは本当に助かりますよね。

毎日の食卓に味の素を上手に取り入れて、時間と心に少しゆとりが持てる、豊かな生活を送ってみませんか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おしゃれ 調味料

キッチンの生活感を減らすことは、調味料ボトルとラベルを変えるだけでお手軽に実現できます。セリアやIKEAの市販品だけではなく、自作ラベルも素敵♩また、無料でテンプレートのダウンロードもできるんです!今回は、調…

カレー マヨネーズ 調味料

ご家庭によっていつもの味が定着しているカレー。ちょい足し調味料の中でもマヨネーズを使う人、少なくないようです。でも、実際、カレーにマヨネーズってあり?なし?今回は、カレーのマヨネーズレシピも合わせてご紹介しま…

調味料

ひそかなブームが続いているオリーブオイルスプレー。ほんの少しの量でオリーブオイルの香りを楽しめるので、ダイエットにも最適とコストコでも人気です。オリーブオイルスプレーにはどんな特徴があって、どんな料理に使える…

調味料

宮城県の今野醸造から本格派みそのパウダー「ミソルト」が登場しました!忙しい料理中も片手で簡単に使えますし、仕上げにサッとふりかけるだけで、本格みその風味が漂います。ミシュランシェフも使用するという今話題の最新…

バター 調味料

レシピを見ると「バター大さじ1」という量。これって何グラムかご存じですか?バターで固形だし、計量器で計るのも面倒……そんな人、必見!バター大さじ1杯や小さじ1杯のグラム数、計量器が…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

「アサヒスーパードライ」が2017年3月14日に発売30周年!これを記念したキャンペーンの賞品は、同ビール史上最高のクオリティを家庭で味わえるという驚きのアイテムです。その実力を、まだもらっていない皆さまより…

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

まとめ

お正月に供える鏡餅は何故丸いのか、みかんを乗せるのか、疑問に感じたことはないですか?そしておせち料理の中に入れる食材、これらにはすべてきちんと意味があるんだそうです。一体どういう意味を表しているんでしょうか?…

ワイン フランス パリ 餃子 バー まとめ

餃子といえばビール!という感じですが、実は最近ちょっと違うようです。パリでは餃子にワインというのが流行しており、その流れで青山にも「GYOZA BAR(ギョウザバー)」というおしゃれな店が2015年夏にオープ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...