ローディング中

Loading...

ワイン通なら知っているかもしれませんね。イタリア、いえ、EU全体で見ても並ぶものの少ない最上級ワイン「バルバレスコ」。今回は、“王のワイン”「バローロ」に並ぶ、この最高級のワインについて、詳しくご紹介したいと思います。

バルバレスコとは?

バルバレスコとは、イタリア北西部のピエモンテ州クーネオ県にあるバルバレスコ村界隈で産出する、イタリアワインのことです。

この辺りは、ミラノから南西へ150kmほど行った、アルプス山脈の麓にあり、ランゲの丘陵の北の一等地にあたる場所です。夏は暑くて乾燥し、冬は寒くて雪の多い地方です。ちょうどぶどうの収穫期には霧が発生します。

この地でのぶどう栽培は、はるかローマ時代まで遡ります。それ以来、村の重要な産業として今に至っています。

バルバレスコの定義

さて、バルバレスコというと、ネッビオーロ種のぶどうのみを用いた長期熟成の赤ワインで、イタリアを代表する高級ワインのひとつとして知られていますね。

では、なぜバルバレスコにはネッビオーロ種のぶどうのみが用いられているのでしょうか?それは、他の品種を混ぜてしまうと、その時点でもうバルバレスコとは名乗ることができなくなってしまうからです。

ぶどうの品種だけではありません。1ヘクタールあたりの木の本数や醸造方法、樽熟成の期間など、バルバレスコを名乗るためには細かい定めがあるのです。

バルバレスコワインの性質と特徴

バルバレスコ村界隈で栽培されたネッビオーロからつくられるワインは、色合いが濃くてほどよくタンニンを感じることができます。数年熟成させることでさらにおいしさが増し、余韻の長いワインとなること間違いなしです。

色はガーネット色で、はっきり特徴的な香りがあります。すっきりとした豊かで調和的な味も特徴的です。ロースト、煮込み料理、ジビエにぴったり!飲む2時間に栓を抜いておくことをおすすめします。

バルバレスコ三大産地とは?

ネイヴェ

ネイヴェは、イタリアピエモンテ州クーネオ県にある、人口約3400人の村。ネイヴェでは、ボッティと呼ばれる大樽での長期熟成が主流です。果実味の豊かさやタンニンの豊富さが特徴で、クラシカルな味わいのバルバレスコが多いです。

トレイゾ

こちらも、イタリアピエモンテ州クーネオ県にある人口762人の村です。トレイゾで作られるバルバレスコは、ライムストーンの香りが強く、酸味を強く感じやすいといえます。ネイヴェやバルバレスコと比較すると、エレガントな味わいだといえます。

バルバレスコ

ネイヴェと隣接する人口約700人のバルバレスコ村は、ネイヴェと同じく、果実味の豊かさやタンニンの豊富さが特徴的です。

バルバレスコの人気ワイナリー

バルバレスコにはたくさんのワイナリーがあるのですが、その中でも人気のワイナリーというとどこでしょうか?

ブルーノ・ジャコーザ、ガヤ、プロデュットーリ、マルケージ・ディ・グレーシイ、チェレットなどが一押しのワイナリーとして挙げられています。

ブルーノ・ジャコーザ
いくつも有名クリュを所有している歴史あるワイナリーです。各方面から高い評価を得ているワイナリーでもあります。

ガヤ
徹底的な品質主義のワイナリー、ガヤ。ピエモンテの伝統的なワイン造りを守りつつも、革新的な設備や技術を取り入れるなどし、世界中から認められる存在となったワイナリーです。

プロデュットーリ
9つものクリュを有し、ガヤと肩を並べるトップクラスのワイナリーです。

マルケージ・ディ・グレーシイ
さまざまなワイン評論紙でも高く評価されているワイナリーがこちら。伝統と最高技術を駆使し、テロワールの個性を最大限に引き出すワイン造りをモットーとしています。

チェレット
「最上の畑で、最上の酒をつくる」というシンプルでわかりやすいポリシーかかげ、頑固に貫いているのがこちらのワイナリーです。

バルバレスコとバローロ

同じピエモンテ州で、バルバレスコと並ぶ2大ワインとして有名なのがバローロです。バローロも、ネッビオーロ種のみを使ったワインで、ランゲの丘陵の南の一等地で生産されています。

バローロは、ピエモンテ州のバローロ村を含めた11の村で造られるワインに付けることができる名前で、こちらもバルバレスコ同様、バローロを名乗るために、さまざまな基準が決められています。品種や生産地、製造方法などが厳しく管理されているのです。

バローロは、色合いが少し淡い、オレンジを帯びたガーネット色のワインです。すみれの花の香りがするのも特徴的です。また、淡い色のワインなのに、酸味と渋味(タンニン)はしっかりしています。

そんなバローロは「王のワイン」と呼ばれ、バルバレスコは「女王のワイン」と呼ばれています。両者の違いは、土壌の違いや霧がかかることによる日照量の差によるものです。バローロの方が重厚で、バルバレスコの方がやや軽くまろやかだと評されています。

バローロの方がバルバレスコよりも知名度が高いようですが、どちらも負けず劣らずイタリア最高の長期熟成赤ワインということができます。

まとめ

というわけで、イタリア最高の長期熟成赤ワインをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。バローロと並ぶバルバレスコのことを、少し知ることができましたね。知ることにより、またイタリアワインを飲む楽しみが増えます。

バルバレスコをおいしいお料理とともにお楽しみください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハンバーガー アメリカ

今回ご紹介するのは、「BLTステーキ」から販売される、新大統領を祝福するために作られた「トランプバーガー」です。その名の通り、ハンバーガーに使用されているものは全て高級なものばかり!こんなにぜいたくなハンバー…

羊羹

今回ご紹介するのは、雅正庵から販売される「黒宝(栗羊羹バウム)」です。この商品は、なんと最上級素材の栗羊羹で包まれているという、斬新でぜいたくすぎるひと品。お祝い事などの贈り物に最適となっています。ぜひ一度、…

日本酒

日本酒の味の説明などで、よく「フルーティー」という言葉が出てきますよね。しかし、日本酒にはもちろん果物は使われていません。なぜフルーティーな味わいがするのでしょう?そんな不思議から、おすすめの日本酒まで一挙ご…

渋谷 ワイン

12月16日にリニューアルオープンした渋谷の「路地裏ワイン酒場ブエノ(BUENO)」。スペイン産のワインがなんと100種類以上揃っていて、料理もとっても本格的なお店なんです。オープン記念としてワイン飲み放題5…

焼き鳥 居酒屋 おつまみ

なぜだか無性に食べたくなるときがある焼き鳥。ですが、どこがどの部位か、どんな種類があるのかまで把握している方は少ないのではないでしょうか。今回は、意外と知らない焼き鳥に関するあれこれをまとめてみました。これで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですがイマイチわからない人も多いのでは?そんな人のために「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてください!…

まとめ

女性に多い貧血は、食事で予防・改善することが可能です。今回は貧血の原因、症状、おすすめレシピを含めて、数ある貧血のうち、もっとも頻度が高い鉄欠乏性貧血に効果があるといわれている食べ物を詳しくご紹介します。

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

調味料 レシピ

兵庫県淡路島の特産品・淡路たまねぎをふんだんに使った浜田屋本店の「淡路島ソース」を知っていますか?テレビ番組『おはよう朝日です』でも紹介され、なんにでもアレンジできて万能すぎると話題に。その便利な使い方をたっ…

パン屋

西日暮里駅から徒歩4分程の所にあるパン屋さんが「ブーランジュリー イアナック」です。様々なメディアで取り上げられている大人気のベーカリーです。イートインは行っていなくテイクアウトのみですのでお土産なんかにもぜ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...