ローディング中

Loading...

緑色で栄養満点のピーマン。英語でなんて言うのかご存じですか?今回は知っているようで知らなかったピーマンについてのあれこれを特集します。これを読んだらあなたもすっかりピーマン通。ピーマンの英語での呼び方、語源などトリビアをまとめました。

ピーマンは英語でなんと言う?

冷蔵庫に常備されている身近な野菜の代表格、ピーマン。カタカナで書くので外来語ということはなんとなく想像がつきますが……ご存知ですか?「ピーマン」って、実は英語じゃないんです。

では、ピーマンは英語で何と言うのでしょう。今回はピーマンという言葉にまつわるちょっとした豆知識をご紹介しましょう。

さくっとピーマンについておさらい

原産地と旬

ではまず、ピーマンについておさらいしましょう。

ピーマンは、ナス科トウガラシ属の一種であり、一年草です。原産地は中南米の熱帯地方。世間一般に流通しているポピュラーな緑色のピーマンは、熟す前の状態で収穫されたものです。熟すと赤色になり甘味もグッと増すのですが、赤くなるまで相当数の日にちがかかるので、効率よく採れる緑色のピーマンが多く販売されているのです。

独特の癖があることから、ピーマンは子供に嫌われがちでしたが、昨今改良により苦みが少なくなり、健康野菜として人気を集めています。ピーマンの旬は5月〜9月頃、夏野菜の代表的な存在です。

歴史

原産地の中南米熱帯地方では、紀元前6500年頃にはすでにとうがらしが、食用の野菜として用いられていました。その後大航海時代に入り、コロンブスがとうがらしをヨーロッパへと持ち帰り、改良されて、ピーマンが誕生しました。

日本には16世紀にポルトガル人によって伝わってきたのですが、一般家庭に普及するのには長く時間がかかり、第二次世界大戦後にようやく栽培されるようになったので、日本でのピーマンの歴史はまだまだ浅いでしょう。

ピーマンの呼び名は3種類

実は、英語でのピーマンの呼び名は3種類あります。

比較的よく聞かれるのは「green pepper(グリーンペッパー)」。これは「緑のとうがらし」という意味です。次に「bell pepper(ベルペッパー)」。「ベルの形のとうがらし」という意味です。そして最後は「sweet pepper(スウィートペッパー)」。これは「甘いとうがらし」という意味です。

いずれもピーマンの特徴をよくあらわしていますね。あなたはどの呼び名が1番ピンときますか?

ピーマンはとうがらしだった

さて、とうがらしは英語で「hot pepper(ホットペッパー)」というのはご存じの方も多いことでしょう。ピーマンの呼び名と同じく「pepper(ペッパー)」が入っています。この、「pepper」という単語自体がとうがらしを意味しています。

先ほども触れましたが、ピーマンはナス科トウガラシ属。れっきとしたとうがらしの仲間で、とうがらしの辛みをなくすように品種改良されたものがピーマンなのです。そのため、ピーマンをあらわす英語には「pepper」という単語が使われているのです。

オーストラリアでも言い方が違う

また、同じ英語圏でもオーストラリアでは、ピーマンの呼び方が欧米とは異なります。オーストラリアでは、ピーマンのことは「capsicum(カプシクム)」と呼びます。これは、とうがらし全般を意味する単語です。オーストラリアでは、ピーマンは独立した野菜の種類ではなく、とうがらしの一種として認識されているということですね。ところが変われば呼び名も変わる、面白い一例です。

パプリカはなんと呼ばれる?

では、ピーマンとそっくりなパプリカは英語でなんと呼ばれているのでしょうか?

日本では「パプリカはピーマンよりも苦味が少なくて肉厚」というイメージがありますが、実は「ピーマン」と「パプリカ」そして「とうがらし」の違いを示すはっきりとした定義はないのです。そのため、英語圏では、辛みが強いとうがらしを「hot pepper」、甘味が強いとうがらしを「sweet pepper」と名前をつけたのですね。

さらに、ピーマンは形によっても分類されています。「シシ型」「ベル型」「シシトウ型」の3つです。私たちが一般的に思い浮かべる緑色のピーマンはシシ型、パプリカはベル型です。

パプリカのことを、アメリカでは「bell pepper」、オーストラリアではピーマンと同じく「capsicum」または「sweet pepper」、ニュージーランドでは「capsicum」と呼ばれています。パプリカひとつ取ってもさまざまな呼び方をするのですね。ちなみにヨーロッパでは、日本と同じく「パプリカ」と呼ぶ地域もあるそうです。

で、結局ピーマンは何語?

ピーマンは、お国によってさまざまな呼び方があるということはわかりました。では、このピーマンという呼び名は、いったい何語なのでしょうか?まさかの日本語⁉︎ ここでは、ピーマンという名前の由来を紐解いていきましょう。

スペイン語が由来

ピーマンの語源は、スペイン語の「pimiento(ピミュエント)」、もしくはフランス語の「piment(ピマン)」からきているといわれています。このふたつの言葉は、どちらも、とうがらしを意味します。

とうがらしが日本に伝わったのは江戸時代。甘みのあるとうがらし、いわゆるピーマンが伝わったのは、明治に入ってからでした。その後、甘味のあるとうがらしのことを、ピーマンと呼ぶようになったということです。ちなみに明治時代はピーマンのことを「西洋とうがらし」、または「甘とうがらし」と呼んでいたそうです。

おわりに

いかがでしたか?

メジャーな野菜でありながら、日本での歴史はまだまだ浅い「ピーマン」。今まで知らなかった秘密がいっぱいでした。ピーマンの呼び方は、国によってさまざまなんですね。

奥が深くて栄養満点のピーマン。今日の夕食はぜひ、ピーマンお料理をご用意してピーマントリビアで盛り上がってください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ピーマン じゃがいも 中華料理 中華 おつまみ 作り置き

一年中手に入れることのできる、じゃがいもとピーマン。便利で何にでも使える食材ですが、レパートリーがマンネリ化してしまっていませんか?今回は、簡単なのにいつもと違うやみつき中華レシピをご紹介。このレシピを作って…

レシピ

鮭とばってご存知ですか?北海道や東北地方の人には馴染み深い鮭を使ったおつまみです。そのまま食べたり炙って食べたり、お酒好きの人は目がない一品ですが、実は鮭とばは、お食事としても活用できる万能食材。鮭とばの食べ…

ラーメン

無性にラーメンが食べたい、でもカロリーが気になる……。そんな方へ「麺なしラーメン」はいかかですか?麺をぬいたラーメンならカロリーもグッとダウン、安心して食べられますよ。麺の代わりに…

作り置き

食材を冷凍保存する際の大敵「冷凍焼け」。食感がパサパサになってしまったり、変色してしまったり、風味が落ちたり、食材を台無しにしてしまうんです。そこで今回は、その原因や冷凍焼けを防ぐための対策などをまとめてご紹…

レシピ

安くて料理のかさ増しにも使えるということで、家庭のつよ〜い味方、もやし。安売りの際に買い込んで、ダメにしてしまった、なんて経験はありませんか?実はもやしも、冷凍保存することができるんです!正しい保存の仕方を知…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

カフェ おしゃれ

人気急上昇中の谷根千エリア、根津に「BISTOIRE(ビストア)」が2015年8月24日(月)にグランドオープン! かつて文豪たちが愛した町に、ちょっとおしゃれな日常使い出来るカフェの登場☆お腹も心も満足出来…

表参道

2015年8月3日、青山骨董通りに「バロワーテラス青山」がグランドオープン!農家から産地直送野菜の栄養バランス満点の料理で、栄養・ビタミン補給をして暑い夏をパワフルに乗り切ろう♪

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...