ローディング中

Loading...

冬至に食べると風邪を引かないと昔から言い継がれる郷土料理「いとこ煮」のレシピと諸説ある呼び名の由来をご紹介します。体を温めてくれる大根などの根菜と小豆を甘く煮込んだ、甘くてやさしい味に心もほっこりしますよ♩

いとこ煮とは?

みなさん「いとこ煮」という料理をご存知ですか?知らない、という方はもちろん、名前からは想像もつかないという方がほとんどなのではないでしょうか?
いとこ煮とは、富山県をはじめとした北陸地方、奈良県、山口県で郷土料理として食べられている根菜と小豆を甘しょっぱく味つけた煮物です。神様に供えた食材を寄せ集めて煮たことがはじまりで、もともとはお盆やお正月、祭礼の際に食べられていました。今でも一般家庭で楽しまれているほか、地域の祝い事のときにはいとこ煮がよく食べられています。

地域によって煮込む材料や味付けが異なるのも特徴のひとつで、一般的に知られているのは、かぼちゃと小豆を甘く炊いた奈良県のスタイルですが、煮物ではなく汁物であったり、小豆や大根の味噌汁のことを指す地域もあります。このような地域差があるのも、いとこ煮の面白いところでしょう。

いとこ煮の名前の由来

だったらあずき煮でいいじゃない!どうして「いとこ煮」って言うの?と思った人もいるはず。実は、いとこ煮の語源には諸説あるんです。

一般的に多く知られているのはこちら。材料を煮えにくいものから順にお鍋に入れて煮込んでいくことから、「おいおい煮る」を「甥甥」にかけ、すなわち「いとこ」と名付けられたとされている説です。

また、それぞれ煮ていくことを意味する「銘々に煮る」を、「姪々」とかけ、それが「いとこ」に繋がったという説。

そして、複数の野菜を煮ていく中で、種類は異なるけれども近親関係であることから「いとこ」と見立てた説などがあります。

長い歴史の中でさまざまな説があるのも、それだけ地元の方々に親しまれ、土地に根付いた食べ物だといえますね。

いとこ煮の作り方

ここからは、いとこ煮を郷土料理として親しむ富山県、奈良県、山口県の各いとこ煮の作り方をご紹介します。各地域によって全くスタイルが違い、とても興味深いですよ!甘くてやさしい味のいとこ煮を食べて、風邪をひかない体を作りましょう!

富山のいとこ煮

富山県のいとこ煮は、里芋、人参、ゴボウ、大根などの根菜類とこんにゃく、油揚げを煮て、あらかじめホクホクに茹でておいた小豆を加えて味噌や醤油で味を調えた汁物を指します。ほとんど甘みもなく、体を温める根菜がたくさん入っている体にやさしい汁物です。北陸地方では、冬の報恩講のお参りの際に食べられていました。

現在でも冬の寒い時期に、よく食卓にあがる温かい汁物で、幅広い年代の方たちに親しまれています。富山県のいとこ煮は材料も手に入りやすく、アレンジもしやすいので、初めていとこ煮を作る人にもおすすめです。

富山県のいとこ煮の詳しいレシピはこちらから↓

奈良のいとこ煮

奈良のいとこ煮は、かぼちゃと小豆を砂糖と醤油で甘く味付けした煮物を指します。いとこ煮としては、一番全国的に知られているスタイルでしょう。奈良では、これを冬に食べると風邪や痛風にならないと言い伝えられ、ご利益があるとして神棚や仏壇に供えてからいただくそうです。

小豆はあらかじめ圧力鍋で炊いておくのがおすすめ。加圧の時間を意識して、ふっくらと柔らかくなるように炊きましょう。また、砂糖を少し多めにすると、デザートのような感じで楽しめます。

奈良県のいとこ煮の詳しいレシピはこちらから↓

山口のいとこ煮

山口県のいとこ煮は地域によって全く異なります。日本海側の萩地域では、昆布の出汁がきいたお汁に、小豆や白玉団子、シイタケ、花麩が入っています。イメージとしては塩味がきいたお吸い物のようなもので、白玉は祝儀のときは赤く色付けし、不祝儀のときは白か緑に色付けするのです。見た目はまるでぜんざいのようですね。

一方、瀬戸内海側のいとこ煮は、汁気がなくなるまで煮詰めたものをさします。こちらの味付けは甘く、地域によって根菜が入っていたり、入っていなかったりします。

このように同じ県内でも地域によって異なり、さらには家庭によってもそれぞれの味がある「いとこ煮」。食べるときは冷蔵庫で冷やして食べるのが一般的です。かまぼこやシイタケであしらってもよいでしょう。
ほかにも、山形の庄内地方ではもち米を使ったいとこ煮が有名です。見た目はまるでお赤飯のようになっていて、食感はおはぎのようにもちもちです。小豆の汁がふんだんに染み込んだもち米が最高ですよ。

このように、いとこ煮という郷土料理は地域によって作り方が異なるんですね。自分好みのいとこ煮の味をぜひ探してみてください!

かぼちゃと小豆のいとこ煮のレシピ

次は、いとこ煮の基本的な作り方をご紹介します!どの地域のいとこ煮がよいかわからない、そんな方はまずこの基本的な作り方をマスターしましょう。
いとこ煮の中で、一番全国的に有名なのが、かぼちゃと小豆を甘じょっぱく煮たものです。小豆は缶詰を使うと、水に浸したり炊いたりする工程を省くことができるので効率的です。小豆缶は甘みのバランスも丁度よいため、砂糖をそれほど足す必要もなく、手軽にできるのでよいですね!

副菜として作り置きしておくのもよいでしょう。冷めてもおいしい「いとこ煮」は、家庭の食卓に取り入れると栄養バランスがとれるのでとってもおすすめです。

かぼちゃと小豆のいとこ煮の詳しいレシピはこちらから↓
上記でご紹介したレシピ以外でも、お餅を入れてお汁粉風にしてみたり、リメイクしてかぼちゃのグラタンにしてみたり、アレンジ方法もたくさんあります。冷蔵庫にある野菜を使い切りたい方、いとこ煮を作りすぎて余ってしまった方は、ぜひ自分なりにいとこ煮をアレンジしてみてください!

おうちで郷土料理を味わおう

郷土料理のいとこ煮をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?名前の由来も諸説あったり、地域によって具材や味付けが異なるのも興味深かったですね。それぞれ違いがありながらも地域に根付き、長きに渡って伝承される郷土料理を、この先私たちも守っていきたいです。

いとこ煮は自宅でも簡単に作ることができます。しかも栄養満点なので、ぜひご家庭に取り入れてみてはいかがでしょうか。あなたも、一度食べたらやみつきになること間違いなし!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

みなさん、「氷頭なます」という料理をご存知ですか?新潟県ではお馴染みの郷土料理として知られていますが、あまり聞いたことがないという方も多いのではないでしょうか。今回は、「氷頭なます」とは何かということから自宅…

北海道 ランチ

北海道の根室で絶大な人気を誇る「エスカロップ」。地元の方にとっては、全国で親しまれているメニューだと思っていた……という声もあるほどあたりまえに食べられているものなんだそう。そんな「エスカロップ」とはいったい…

うどん 山形 レシピ

山形県の郷土料理といえばいも煮やしそ巻きが有名ですが、忘れてはいけないのがこの「ひっぱりうどん」です。最近ではメディアで紹介されることも増えてきたので、聞いたことがあるかもしれませんね。この変わった名前にはど…

和菓子 羊羹

井村屋の「えいようかん」は、災難時の非常食やアウトドアにもぴったりでカロリー補給が手軽にできるようかんです。見た目はオーソドックスなパッケージですが、実はあらゆるところに工夫がこらされ、災害用の保存食として意…

お茶漬け 長崎 アレンジレシピ レシピ まとめ

飲んだあとに欲しくなる、贅沢な鯛茶漬け。実は、長崎の郷土料理なんですよ。あっさりとしたお出汁と甘辛いタレでいただく鯛茶漬けは、絶品です!本格的な味をおうちで再現できる簡単レシピと、アレンジレシピをご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

新潟 お土産 スイーツ まとめ

新潟といえば、大自然から生まれた「おいしいもの」がたくさんあります。そんな、食材の宝庫・新潟県では、どのようなお土産が手に入るのでしょうか。わざわざ買いに行きたくなるような、絶品新潟土産をご紹介していきたいと…

スイーツ 東京 お土産 まとめ

海外では最高のスイーツのひとつとして愛されている「エッグタルト」。しかし日本ではパンケーキやチーズケーキの影に隠れてしまっているのか、あまり注目されてないですよね。一度食べたら、今まで気付かなかったことを後悔…

調味料 パン バター まとめ

今回は近くのスーパーや、通販などで手に入る本当においしいバター5選をご紹介します。濃厚で芳醇な香りが楽しめるものや、ミルキーな味わいが特徴のバターなど、個性豊かなバターを集めました。毎日のプチ贅沢にぜひ極上バ…

お弁当 まとめ

今お弁当のアイデアがぎゅっとつまっているのがインスタグラム。その中でも特に「seiko_sato」さんのお弁当のアイデアが素晴らしかったので注目。一体どの様なアイデアにあふれているのでしょうか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

おつまみ 女子会 レシピ まとめ

ミルフィーユと言えばパイとクリームを重ねたケーキが有名ですが、様々な材料を重ねて作る「ミルフィーユおつまみ」もおいしいみたいです♪今回は簡単にできるおしゃれなレシピをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

レシピ まとめ

食感は柔らかく、甘くて生でもおいしく食べられる新玉ねぎ。春だけに出回るので、限られた時期にしか食べられない新玉ねぎを丸ごとレンジチンするだけで絶品になると話題になっているとか!さっそくアレンジレシピを紹介しま…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る