ローディング中

Loading...

秋の定番の果物の「梨」ですが、どんな種類があるのか知っていますか?実は、梨にはたくさんの種類があるんです。今回は、梨の種類とおいしい梨の選び方についてご紹介します。ばっちりチェックして、シルバーウィークは梨狩りに行きましょう!

梨の種類、知ってますか?

そろそろスーパーに梨が並んでくる時期になりましたが、どのような種類の梨があるのか知っていますか?千葉県で多く生産されている「幸水(こうすい)」や長野県が原産の「南水(なんすい)」など有名な梨は知っているという方もいるかもしれませんが、梨にはまだまだたくさんの種類があります。

梨の旬は、8月~11月中旬ごろといわれていますが、実は種類によって微妙に旬が違ってくるんです。梨の種類について知っていると、本当においしい梨を食べることができますよ!

梨の歴史

梨の歴史は古く、日本では弥生時代に中国から入ってきたといわれています。日本書紀にも栽培の記録が残っているというので、驚きですよね。ただ、当時の梨は現在のような甘くておいしい梨ではなく、小さく、味も甘くなかったそう……。現在のような甘い梨は、江戸時代以降に品種改良によって生まれました。

品種改良によってどんどんおいしくなっている梨ですが、どんな種類があるのかますます気になりますよね。さっそく、梨の種類について詳しくみていきましょう。

梨の種類は大きく分けて3つ

梨の種類は、大きく分けると「和梨」、「中国梨」、「洋梨」の3つ。

「和梨」は、日本で多く栽培されている種類です。私たちが普段から食べている梨の多くはこの「和梨」にあたります。

「中国梨」は、日本ではあまり浸透しなかったため、ほとんど栽培されていません。「慈梨(ツーリー)」といった品種が人気。味や食感は「和梨」とほとんど変わりません。とてもジューシーでおいしいとのことです。

「洋梨」は、ラ・フランスなどが有名で、よくお菓子などに使われているのをみかけますよね。ほかの2種類とは違い、「追熟」というさらに甘さを強くする期間があるのも特徴です。

和梨は「赤梨」と「青梨」の2種類

和梨のなかでも「赤梨」と「青梨」の2種類があります。「赤梨」は、「幸水」などの皮の色が茶色い梨のことです。甘い品種が多いのが特徴。「青梨」は、「二十世紀」という品種が代表とされる淡黄緑色の梨で、「赤梨」のように甘くはありませんが、上品な味わいを感じられますよ。また一時は、「青梨」が多かったようですが、現在では「赤梨」が主流のようです。

梨の種類

ここからは、梨の種類についてご紹介していきます。メジャーな「幸水」はもちろん、たくさんの種類の梨をお伝えするので、旬や味に注目してみていってくださいね。

梨といえば「幸水」

梨といえば「幸水」を思い浮かべるというかたも多いのではないでしょうか?日本で一番生産されている和梨の種類なので、知っているという方も多いようです。

幸水は、シャリシャリとした食感と甘さが強いのが特徴。早い時期に出荷されるのも特徴で、なかには7月初旬から市場に出回っているというものも。旬は7月~9月とされています。夏の暑い時期においしくいただきたい種類の梨ですね。

酸味と甘さが絶妙「豊水(ほうすい)」

ジューシーな果肉と酸味と甘みの濃厚な味わいが楽しめる「豊水」は、梨好きからの人気が高い梨のひとつです。大玉のため食べごたえも抜群!旬は、8月下旬~9月下旬。これからの時期が食べごろの梨です。

貯蔵性がいいのも特徴。袋に入れて冷蔵庫に入れておくだけでも長持ちしますよ。

青梨といえば「二十世紀」

青梨の代表ともいえる「二十世紀」は、歯ごたえがいいのが特徴です。“二十世紀を代表する品種になってほしい”とのことから「ニ十世紀」と名付けられたそう。

日本はもちろんですが、アジアやアメリカなどでも人気を集めているんですよ。旬は、8月下旬~9月下旬。果汁が多く甘さがあるとても人気の梨です。

食感がたまらない「新高(にいたか)」

梨のシャリシャリとした歯ごたえをより楽しみたいというかたにおすすめなのが「新高」です。新潟県の「天の川」と神奈川県の「長十郎」を勾配して作った梨で、すっきりとした上品な甘さが特徴。ソフトボールほどの大きな梨なので、1個食べるだけで満足感があります。旬は、9月下旬~10月下旬まで。秋ごろにおいしくいただける梨ですよ。

ジューシーな「秋月(あきづき)」

2001年に品種登録されたまだまだ新しい梨です。「新高」と「豊水」を勾配してつくった梨に「幸水」を勾配して作られました。ジューシーな果肉が特徴。酸味も少なくやわらかくておいしい果肉が絶品です。旬は、9月上旬~10月上旬ごろ。親の良い部分をあわせもった“梨界のサラブレッド”とともいわれている品種です。

夏に旬がくる「新水(しんすい)」

8月上旬~8月中旬が旬の「新水」は、夏に食べる梨としておすすめです。甘みのなかに酸味を少し感じる濃厚な味わいが特徴。小ぶりではありますが、果汁も多く食べごたえも十分です。かつては、「幸水」「豊水」とともに「三水」として人気をはせていた品種ですが、最近はあまり出回っていない商品。石川県や兵庫県さんのものが有名です。

贈答品におすすめ「南水(なんすい)」

「新水」と「越後」を勾配してつくられたのが「南水」です。和梨のなかで、もっとも甘みが強い種類とされています。甘い梨が好きな方におすすめですよ。大きさもあり、美しい形のため贈答品としても重宝されています。旬は、9月ごろとされていますが、貯蔵性が高いため、年が明けても市場で見かけるということも……!長い期間楽しめる梨です。

冬に楽しめる梨「愛宕(あたご)」

夏や秋だけでなく冬にも梨を楽しみたいというかたにおすすめなのが「愛宕」です。「愛宕」は、11月中旬~12月上旬が旬とされ、冬の期間でもおいしくいただける梨です。ずっしりとした重さと独特の香りが特徴。平均1kgにもなる大きさは、赤ちゃんの頭ほどにもなるのだとか。高級梨としても有名です。

1%の生産量「晩三吉(おくさんきち)」

梨全体の1%ほどしか生産されていない「晩三吉」は、さっぱりとした味わいの梨です。明治時代には食べられていた梨とのことで、昔ながらの梨の味を楽しめます。10月下旬ごろから翌年3月ごろまで市場にでまわる晩成種なので、長い間楽しめるのが特徴。汁も多くジューシーな食感がたまりません。

食感が楽しめる「新興(しんこう)」

シャキシャキとした食感とたっぷり入った汁が楽しめる「振興」は、10月上旬~11月上旬に多く収穫されています。貯蔵性がいいのも特徴。涼しい場所なら1カ月おいても大丈夫だそう。お正月ごろに見かけるということもあります。新潟や鳥取で多く生産されていいる品種で、大きさはソフトボールほどで、食べごたえのある梨です。

洋梨といえば「ラ・フランス」

洋梨といえば「ラ・フランス」をイメージするというかたも多いのではないでしょうか?「ラ・フランス」の収穫時期は、10月中旬~10月下旬ですが、追熟をしなければいけないのが特徴。10日前後常温で置き、やわらかくなってから召しあがってください。見ためはデコボコしていますが、そのおいしさは上質で、とろりとした食感がクセになります。

おいしい梨の選び方

続いては、おいしい梨の選び方についてご紹介します。

大きいと甘くないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、梨は大きいものほどおいしいそう。スーパーで選ぶときはより大きくてずっしりとしたものを選ぶようにしましょう。梨はお尻の方がおいしいといわれているので、お尻がずっしりとしたものを選ぶのもポイントです。

また、皮の色がにムラがなくツルツルしているのも食べごろの証拠です。皮のザラザラ感は熟すにつれてなくなってきます。赤梨は赤みがかかってきたころに、青梨は、黄色がかってきたころが食べごろです。

おいしい梨を目利きしよう!

梨は種類によって市場にでまわる時期が変わってきます。今回ご紹介した梨の種類のなかで気になったものがあれば、時期をよくチェックしてから購入してくださいね。8月~11月までが旬なので、長い間さまざまな種類の梨を楽しむことができます。

今年の秋夏は、梨の食べ比べをしてみるというのもいいかもしれません。スーパーで梨を購入するときは、今回ご紹介した梨の選び方を思い出して購入してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ポトフ まとめ

野菜たっぷりのポトフ、パンやライスと一緒にだけでも満足できますが、献立に迷うこともありますよね。そんなときに「これっ!」というひと品をレシピ付きでご紹介します。ぜひポトフの日には、その日の気分に合ったもう1品…

東京 まとめ

国民食を超え、今やグルメと確立した「丼」東京は激戦地域といっても過言ではありません。いつも行列の人気店、高級食材を使った贅沢丼、SNS映えバッチリのオリジナル丼まで!東京都内で話題の丼を厳選12選ご紹介します!

レシピ まとめ

骨までやわらかく煮ることで、まるごと食べられる「いわしの煮付け」。今回は、そんないわしの煮付けの人気レシピをご紹介します!時短になる圧力鍋のレシピや、少ない調味料で作るフライパンのレシピなど、あなたの求めるレ…

フルーツ

いつも斬新なアイデアで私たちをあっと驚かせてくれるチロルチョコから、新フレーバー「チロルコヨ」が登場!ココナッツミルクヨーグルト(通称:コヨ)を再現したというその味わいは、いったいどういうものなのでしょう。実…

レシピ まとめ

お味噌汁に和え物、サラダなど、食卓に登場することも多いわかめレシピ。今回は生わかめや乾燥わかめや、塩蔵わかめまで、身近なわかめをつかったおすすめレシピをご紹介します。簡単にできるものからボリュームのあるものま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

火事の心配も少なく、お掃除もしやすいので重宝されるIHですが、焦げ付きが多いこともしばしば。困った焦げ付きは、重曹やクレンザー、アルミホイルを使って一発キャッチ!これを読めば、IHのお掃除方法しっかりわかりま…

和食

最近のグリルは、使いやすい形、温度、スチーム設定と幅広いメニューがついて、ただ魚を焼くだけでは勿体無いですよね。そんなグリルですが、受け皿や網などどれくらいの頻度でお手入れをしていますか?定番の重曹でのお掃除…

kkk_ooo

食べることが好きな20代。甘いスイーツが大好きです。 趣味は映画...

ページTOPに戻る