ローディング中

Loading...

連載:おとなの食育 〜手作り保存食のすすめ〜

今回は塩とお酢の力を使って保存を高める「らっきょう漬け」の作り方をご紹介。酢には強い殺菌効果があり、さらに酸性度を高めることで微生物が活動しにくい状況を作ります。らっきょうは出回る時期が限られているので旬を逃さないでくださいね。

この時期ならではの自家製保存食

今回は、"塩"と"お酢"の力を使って保存を高める「らっきょう漬け」のつくり方をご紹介します。酢には強い殺菌効果があるだけでなく、酸性度を高めることで微生物が活動しにくい状況をつくります。
▼"塩"を効果的に使った保存食「梅干し」のつくり方はこちら

まずは「らっきょう」の下準備から

http://macaro-ni.jp/30486

Photo by hiroko satomi

らっきょうは前回ご紹介した”梅”と同様、出回る時期が一時期に限られており、うっかりしているとすぐに店頭から見かけなくなってしまいます。
また、らっきょうは生命力が強く、ほっておくとすぐに芽が出てしまいますので、手にいれたらなるべく早くらっきょうづくりに取り掛かりましょう。
どうしてもすぐに作業ができないときは袋のまま、冷蔵庫の野菜室に入れておき、1〜2日中に作業するのがおすすめです。

では早速、まずはらっきょうの下処理からご紹介していきます。

手順

1. らっきょうをボウルに入れ、房がつながっているものはひとつずつはずして、水で汚れを落とします。
2. 包丁でらっきょうの茎の先とひげ根を切り落としたら、ボウルに入れて一度きれいに洗います。

◎ここでポイント
らっきょうを長時間水につけたままにすると、歯ごたえが失われやすいので注意しましょう。

3. 薄皮をむきます。とりにくい場合には軽く包丁をいれるとつるんとむけます。
4. 薄皮がとれたらもう一度しっかり洗い、水気をよくきりましょう。

◎ここでポイント
しっかり水切りしましょう!カビを防ぐためにも水気はしっかりふきましょう。

ザ・シンプル!「塩漬けらっきょう」の作り方

材料

・下処理したらっきょう
・塩(らっきょうの重さの10%)

手順

1. 瓶を消毒しておく。ビンに熱湯を少し注いで傾け、回します。湯を捨ててから自然乾燥させ、余分な水気はキッチンペーパーでふき取ります。
2. ボウルに、下処理したらっきょうを入れ、塩としっかりよく混ぜる。
3. 1の保存瓶に、2のらっきょうと塩を全て移し、ふたをして冷暗所で保管。

◎ここでポイント
らっきょうからガスが出るので、2〜3日置きにふたを開けてガス抜きをしましょう。

4. 1ヶ月ほどで食べられます。食べるときは、ボウルにらっきょうを移し、水にさらして塩抜きをします。

◎ここでポイント
しっかり密閉できるガラス製のビンがおすすめ。直射日光はNG。出来上がりまでは外気温の変化と同じような場所であればOK!冷暗所で1年くらいは保存が可能です。

食べやすさなら「甘酢漬け」もおすすめ

材料

・下処理したらっきょう ・・・500g

甘酢の分量
・酢 ・・・150ml
・水・・・150ml
・砂糖 ・・・150g
・塩・・・20g
・鷹の爪・・・1本(種はとっておきます。唐辛子は保存中の防腐効果もあるのでぜひいれましょう)

手順

5. 瓶を消毒しておく。ビンに熱湯を少し注いで傾け、回します。湯を捨ててから自然乾燥させ、余分な水気はキッチンペーパーでふき取ります。
6. 甘酢をつくります。唐辛子以外の調味料を鍋に入れて煮立たせます。
7. 1の保存瓶に下処理したらっきょう、唐辛子を入れ、熱いまま甘酢を注ぎます。
8. 甘酢が液体から上に出ないよう、表面をラップでぴったりと覆い、完全に冷めたらふたをして冷暗所で保管。3週間ほどで食べられます。1年間くらいは保存が可能です。

◎ここでポイント
らっきょうがしっかり酢につかっている状態にしておくことがポイント。酢から出ていると、空気に触れカビが生えることもありますので、表面をラップでぴったりと覆い、上にあがってこないようにします。

らっきょうで作る簡単タルタルソース

らっきょうができあがったら、そのまま食べてもいいのですが、たまにはちょっと変わり種を。
らっきょうの甘酢漬けを使った簡単レシピをご紹介します。すぐに作れて重宝しますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

らっきょうタルタルソースの作り方

1. らっきょう(5粒くらい)を粗みじん切りにする。
2. ゆで卵(1個)を粗みじん切りにする。
3. マヨネーズ(大さじ8)、お好みで塩、こしょうで味付けをする。

血液サラサラに。でも食べ過ぎにはご注意を

らっきょうは古くから漢方薬の主成分として用いられ、毎日食べると血液がサラサラ、新陳代謝が促進されると言われています。カレーの付け合わせだけでなく、なるべく積極的に食べたい食材です。
とはいえ、だからといって食べ過ぎには注意!5粒くらいまでを目安にしましょうね。
▼ こちらの記事もご覧ください。

《おとなの食育 〜手作り保存食のすすめ〜》の記事一覧

レシピ

ご自宅で余りがちな小麦粉を使って生パスタを作ってみませんか?時間もあまりかからずに気軽に作れるだけでなく、なによりできたての生パスタは乾麺にはないモチモチ感が魅力!前回ご紹介した完熟トマトのソースにもぴったり…

トマト トマトソース レシピ

この時期、安く買えておいしい完熟トマト。でも、完熟トマトはちょっとした傷からカビが生えがちです。おいしいトマトを買ったら、ぜひ「基本のトマトソース」作りに挑戦してみましょう。フライパンひとつで作れる手軽さもう…

しょうが

料理をするのも億劫な暑い季節におすすめしたいマリネの作り方を紹介します。漬け込むことで食材を上手に保存する工夫「マリネ」。魚だけでなく肉や野菜、フルーツもおすすめ。さらに、しょうがの力をプラスした夏にぴったり…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

だし 調味料 まとめ

味楽家から販売されている「幸せだし」。食品添加物も砂糖や塩などの調味料も不使用でまさに安心して食べられるだしなんです。一つ一つパックになっているので、そのまま使えてとっても便利♡今回は「幸せだし」を使ったレシ…

レシピ まとめ

辛味や香りの強い玉ねぎは、すりおろしてドレッシングにすることでいろいろなお料理のアクセントになりますよ。血液をサラサラにし整腸効果も高い玉ねぎは、ダイエットにもおすすめ。お野菜にもお肉にもおすすめの玉ねぎドレ…

スイーツ レシピ まとめ お弁当

お弁当にやっぱり入ってると嬉しいデザートですが、あまり汁気のあるものじゃマズいし、ちょっと悩めるところですよね^^;そこで今回はお弁当におすすめのデザートの作り方についてご紹介したいと思います。お弁当作りに参…

ヴィーガン レシピ おつまみ まとめ

動物性の食材を使用しない、ベジタリアン仕様のお酒のおつまみレシピをご紹介!ベジタリアンでなくても、野菜がたっぷり食べられてヘルシーなら、食べない手はないですよね!?おいしく食べて、楽しく飲んでヘルシーなんてう…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

バナナ レシピ スイーツ パイ

バナナは低カロリーで、炭水化物やタンパク質の他ビタミンBや葉酸、マグネシウム、カリウムなどミネラル分も豊富で健康にいい果物。抗酸化作用もありアンチエイジングに効果があるともされています。いいことだらけのバナナ…

レシピ まとめ パスタ

炊飯器はいよいよパスタにまで守備範囲を広げてきました☆放り込んでスイッチオン!簡単調理で本格パスタが作れちゃいます!どれもすごく美味しそう…どこから真似てみようか悩んじゃう♡ 今夜早速試せそうな…

さとみひろこ

フードディレクター / 食育指導士。ランチタイムの1時間を使った料...

http://thinkabouteat.jp/