ローディング中

Loading...

サラダなどで見かけるベビーリーフ。苦味が弱く甘みがある葉は、お塩とオリーブオイルのみのシンプルな調理でもおいしいんですよ。ちょっとしたスペースで簡単に栽培ができて、しかもひと月ほどで収穫ができます。獲れたてリーフの自家製サラダが作れますよ。

ビギナーにおすすめのベビーリーフ栽培

ご自宅のお庭やベランダで育てた野菜をさくっと摘んで、新鮮なうちにサラダにして食べる……そんな食卓、いいですよね。とはいっても、家庭菜園ってなんだか難しそう、と思っている方や、昔やってみたけれど失敗したから、と諦めている方もいるのでしょうか。

「ベビーリーフ」なら、簡単にしかも短い期間で収穫が可能です。手間が少なく、わずかな栽培スペースで育てられるベビーリーフは、ビギナーの方にもチャレンジしやすい家庭菜園です。

ベビーリーフの育て方

ベビーリーフを植える時期

ベビーリーフは、植える時期も神経質になる必要はありません。真夏と真冬を避けて、できれば気候のおだやかな4〜6月、または9〜10月の種まきがおすすめです。ベビーリーフはその名の通り、葉物野菜の生まれたての葉っぱ。芽を出してからひと月以内に収穫をする葉物野菜です。種は、スーパーなどで売られている、ほうれん草やルッコラ、レタスなどのベビーリーフミックスを選んで植えましょう。

栽培に必要なもの

ベビーリーフを育てるとき、立派なプランターを用意する必要はありません。例えばイチゴの入っていたプラスチック容器でもいいですし、おしゃれなアルミ缶などでも十分です。ただ、水をあげた際の水抜の穴が作れるものを用意してくださいね。
1. ベビーリーフの種(ベビーリーフミックスなどのミックス系は味もよく、彩りもいいのでおすすめです。植える前に種を一晩水につけておくとよく発芽します)

2. 栽培容器(10cm以上深さがあればOK)

3. 野菜栽培用の土

4. 栽培容器の受け皿(屋外での栽培であればなくてもOK)

手順

1. 容器に水抜け穴がない場合には、穴を開けます。

2. 準備した容器に野菜栽培用(肥料が含む)の土を5cmほど入れます。
※少ない土でもちゃんと育ちますが、なんとなく不安があればたっぷりの土で育てても問題ありません

3. 種が重ならないようにパラパラとまきます。

4. 種の上から薄く土をかぶせます。
※土をかぶせ過ぎると発芽しにくくなるので、種が見えないくらいの土がかぶればOK

5. やさしく、たっぷりの水をあげてください。
※勢いよくかけると、種が流れてしまうことがあるので注意してください

6. 芽が出るまで日陰で育て、土が乾かないように水やりをします。

7. 3日〜1週間程度で芽が出たら、日の当たる場所に移します。日光をたっぷりあげて育てましょう。
※水をあげすぎないように注意が必要です。表面の土が乾いたら水を与えます

8. 丈が10cmくらいに伸びたら、根元を2、3cm残して切ります。およそ1ヶ月程度で収穫できます。

収穫の仕方

ベビーリーフが元気に伸びて、隙間がないくらいびっしりと育っている状態の時は、株と株の間を収穫(間引き)し、残った株が伸び伸びとできるようにします。その後、残りの葉が伸びてきたら、今度は株ごとに外側の葉から収穫するようにすると、長く楽しむことができますよ。

また、収穫後の土に肥料を加えると、数回くり返して栽培ができます。

摘みたてベビーリーフのサラダを食べよう!

さて、収穫ができたら早速摘みたてのベビーリーフでサラダを作ってみませんか?シンプルな味付けで、とってもおいしく食べられますよ。好きな素材と調味料を使うだけで、おしゃれでおいしいサラダができあがります。

オリーブオイルとバルサミコ酢で食べる

1. ローストビーフの上に好きなだけベビーリーフを盛ります。
2. お好みの量のバルサミコ酢、はちみつ、パルミジャーノをかけてできあがり。

好きなお野菜とパルメザンチーズで

1. ベビーリーフや、水菜、トマトなど好きな素材を好きなだけ盛ります。
2. 小皿にパルメザンチーズと、ブラックペッパーを振ったオリーブオイルを用意してできあがり!
1ヶ月ほどで収穫ができる「ベビーリーフ」。
成長とともに失われてしまう養分も、若芽の時期の葉っぱにはぎゅっとつまっています。女性にはうれしい鉄分も豊富で簡単にトライできるベビーリーフ栽培を、ぜひ1度試してみてはいかがでしょう?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

クリスマスや誕生日パーティーに、かわいらしい「ロールケーキタワー」を作ってみませんか?今回は、基本の作り方から真似してみたいアイデアレシピまでご紹介!フォトジェニックなロールケーキタワーに、ぜひ挑戦してみてく…

サラダ まとめ

いろいろな野菜をソースにつけて食べる「バーニャカウダ」。夏も冬も楽しめる、手軽なサイドメニューです。今回は、材料4つでできる基本ソースの作り方から、簡単アレンジソースを7選紹介します。ちょっと風味を変えれば飽…

マグカップ レシピ

レンチンであっという間にできあがり!忙しい時にぴったりなマグカップごはんを、あなたの朝に取り入れてみませんか?手間なく簡単にできて、その上見た目はフォトジェニック♩気持ちのいい朝のひとときを素敵に彩ってくれる…

そうめん 〆ご飯 おつまみ

夏といえばそうめんですが、同じ味だと飽きてしまいますよね。そこで今回は、鯛あらを使った今までにないそうめんのレシピをご紹介します。鯛の上品な味がしみでたスープは、冷やしても温めても◎。呑んだあとの〆にもぴった…

サラダ キムチ

コンビニで販売している納豆巻きが好きな方も多いと思うのですが、食べると端から納豆がはみ出てきませんか?指で押し込むこともできず、次は反対側から食べたりすることも。今回は世紀の大発見とネットで話題の納豆巻きの上…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

ハワイ まとめ

ハワイに来たらぜひスーパーマーケットをチェックしてみてください!特に本日ご紹介する3店は話題のオーガニックフードやスーパーフード、そして地元の食材が手に入る一押しマーケットです。

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

ランチ まとめ

湯布院といえば、全国でも有名な温泉地。疲れた身体を癒やしに、湯布院を目指して県外から訪れた観光客で賑わう町です。今回は、そんな癒しスポット湯布院で、おいしいランチが食べられるお店20選をご紹介。温泉とともに、…

テレビでもご紹介された「お好みたい焼き」をご存知ですか?、たい焼きとお好み焼きを合体させた「お好みたい焼き」が、また食べたくなると最近話題になっています!あまり知られていないのに、行列ができるというお好みたい…

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...

ページTOPに戻る