手軽な家庭菜園「リボベジ」でエコな日常を。かわいいインテリアとしても大活躍

調理後に残った野菜の根や茎部分などを捨てずに水栽培して、鑑賞を楽しみながら再利用するエコな「リボベジ」。見た目がかわいらしくナチュラルな雰囲気なので、インテリアとしても大活躍。今回は、リボベジとはどのようなものなのか、詳しくご紹介します。

手軽に家庭菜園を楽しもう

リボベジは「リボーン・ベジタブル」の略称で、日本語にすると「再生野菜」。調理後に残った野菜の根や茎部分などを捨てずに水栽培して、鑑賞を楽しみながら再利用する方法です。

新たに買い直す必要がないので、お財布に優しく、エコにもつながるため、近年、実践する人が急増しています。「手軽な家庭菜園」というイメージが最適でしょう。

また、リボベジは見た目がかわいらしくナチュラルな雰囲気なので、インテリアとしても大活躍してくれるんですよ。今回は、そんなリボベジについて詳しくご紹介します。

必要なものは「水とお皿」だけ

リボベジが従来の家庭菜園と一番異なる点は、土を使わない、手間がかからない、特に準備が必要ない、ということ。「やってみたいな」と思ったら、その日からさっそく試せる手軽さにあります。

実際、用意するものは「水とお皿」だけ。構えずに始められる点、ものぐさな人に嬉しいですね。

やり方は?

改めて説明不要なほど、とっても簡単!

お皿に使い残した根を入れて日の当たる窓際やベランダに置いておき、毎日、水をやるだけ。この繰り返しで自然と野菜が育ちます。

こんな野菜が育てやすい!

ここで、リボベジに活用しやすい野菜を幾つか紹介します。どの野菜でもやり方は基本的に一緒で、残った根や茎、ヘタをお皿に移し、毎日、水をやるだけです。

豆苗

リボベジといえばこれ、という野菜が豆苗です。葉と茎を食べ終えたら、豆から2〜3センチ上でカットし、お皿に移して毎日、水をやりましょう。スクスクと育つ姿が楽しめますよ。

豆苗はほんのりとした豆の甘みと、シャキシャキした食感が特徴の野菜で、サラダや炒め物、お鍋など、さまざまな料理に利用できます。アクを抜く必要がないので、使いやすさも◎。ビタミンCやビタミンB、βカロチンなど、栄養豊かな野菜としても知られています。

にんじん

かわいらしい緑の葉がちょこんと顔を出した姿は、インテリアにぴったり。調理の際に切り落としたヘタに近い部分を、切り口を下にして水に浸けておくと、葉が成長します。

しかも、にんじんの葉、実は料理の用途が多彩なんです。サラダに使ったり、天ぷらにしたり、細かく切ってふりかけにも使えます。

体の老化予防に役立つビタミンEが豊富な点も魅力です。ぜひ試してみたいですね。

あさつき

煮たり、炒めたり、細かく刻んで薬味に使用できるあさつきも、リボベジできる野菜のひとつ。

根の部分が付いたあさつきを購入して、葉の部分を使ったら、根を深めのお皿に水に浸しましょう。緑の葉がニョキニョキと育ちます。

大根

にんじんと同様、葉に近いヘタの部分を水に浸すと、葉を育てることができます。

お店で大根を買うとき、切り落とした葉が付いている上半分と、下半分がありますよね。葉を再利用したい人は、ぜひ今後は上半分のものを購入しましょう。

大根の葉もふりかけや炒め物、味噌汁の具材など、用途はさまざま。ぜひお好みの使用法を見つけてくださいね。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS