知っておきたい!生野菜と温野菜のメリットとデメリットとは

健康維持には欠かせないものの一つに野菜が挙げられると思います。そのまま生野菜として食べるか、加熱調理して食べるか…。「とりあえず食べればOK!」というわけではく、それぞれメリットとデメリットがあるようです。さっそく見ていましょう。

健康維持に欠かせない野菜

健康維持には欠かせないものの一つに野菜が挙げられると思います。そのまま生野菜として食べるか、加熱調理して食べるか…。「とりあえず食べればOK!」というわけではく、それぞれメリットとデメリットがあるようです。さっそく見ていましょう。

生野菜

メリット

生野菜は、ビタミンやミネラルを加熱によって壊す事なく摂ることができます。

出典: lbr-japan.com

生野菜の魅力としてはそのまま野菜の栄養が摂取できること。野菜の栄養素の中には、熱を加えたり、調理をすると壊れてしまうものもあるそうです。そう考えると生野菜は熱に弱いと言われているビタミンCなども破壊されずにそのまま摂取でき、さらに食物酵素がたっぷり摂れることになります。

デメリット

ほとんどが水分なので量を食べる事ができなかったり、ビタミンA・D・E・Kといった油溶性ビタミンが吸収されにくいというデメリットがあります。

出典: lbr-japan.com

野菜の1日の摂取目安量は350グラムとなっています。これを生野菜だけで摂ろうとすると、かなりのボリュームを毎回の食事で摂らなくてはなりません。また、生野菜の栄養素というのは摂取しても吸収率が悪いものもあり、せっかく含まれるたくさんの栄養をうまく活かすことができないとか。

温野菜

メリット

温野菜は栄養素が人間の体に吸収されやすい状態になっているので効率よく栄養を摂取できる

出典: phalco-web.net

まず温野菜は、加熱調理することでカサが減るのでたくさんの野菜を食べることができます。また、βカロテンなど、油で調理すれば油溶性ビタミンの吸収率が良くなるそうです。生で食べるより、温野菜のほうが強い抗酸化力があるとも言われており、摂取した栄養素は温野菜の方が人間の体に吸収されやすいとか。

デメリット

水溶性ビタミンは加熱することでかなり失われてしまうし、多くの酵素は加熱により死んでしまう

出典: blog.livedoor.jp

身体に入ってきた栄養素は効率的に吸収できるとしても、加熱する際に、ビタミンB群・ビオチン・葉酸・ビタミンCなどの水溶性ビタミンやポリフェノールなどが逃げてしまうそうです。栄養素の中には水で軽く茹でただけでも流れ出てしまうものもあるとか。

オススメの食べ方は?

ビタミン・ミネラルなどはものによって効果も効率的な摂取方法も違ってくるので、温野菜・生野菜のどちらかに偏るのではなく、両方を摂ることが理想でしょう。生野菜をたくさん食べたいときにはスムージーにするのもおすすめだそうです。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう