ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

台湾グルメ好きがお届け!カルディのおすすめ商品

小籠包やシェントウジャンなど、安くておいしい台湾グルメは日本人の心をつかんで離しません。気軽に旅へ出られないいまこそ、カルディの台湾アイテムで食べ歩き気分を味わってみてはいかがでしょう。

この記事では、カルディで取り扱う台湾アイテムのおすすめを5品ピックアップ。手作りキットを含め、筆者が実際に台湾で食べた料理と比べつつ、その再現度もあわせてご紹介します。

1. ルーローファンふりかけ

Photo by muccinpurin

「ルーローファンふりかけ」30g/192円(税込)
まずご紹介するのは、台湾屋台のど定番メニュー、ルーローファンをイメージした「ルーローファンふりかけ」。豚バラ肉を八角香る甘めの味付けでじっくりと煮込み、とろとろになった豚肉とごはんがよく絡んだ日本人にも人気のメニューです。

温めるだけで食べられるレトルトは見かけたことがありますが、まさかふりかけになろうとは。カルディで見かけたときに「そうきたか!」と驚きを隠せず即購入を決めました。

ルーローファントーストアレンジが絶品!

Photo by muccinpurin

干ししいたけや玉ねぎなどのカリカリ食感がアクセントになったふりかけは、ごはんにかけるだけで一瞬にして台湾にトリップ。温める必要がないのでお弁当やおにぎりにも使えるのがふりかけの魅力です。

さらに筆者のおすすめは、バタートーストへのトッピング。通常のルーローファンは水分が多くパンとの組み合わせはほぼ不可能。ところがふりかけを使えば、トーストしてバターを塗ったパンにササッとひと振りするだけで、あら不思議豚の旨みたっぷりのルーローファントーストの完成です。

バターが準わり染みたトーストと八角の風味が相まって、背徳感がありつつもやみつきになる味わいですよ。

2. 胡椒餅の素

Photo by muccinpurin

「胡椒餅の素」267円(税込)
つづいてご紹介するのは、台湾が誇る人気ファストフード、胡椒餅が作れるキット「胡椒餅の素」。屋台はもちろん、街角の行列の先には胡椒餅屋あり、と言っても過言ではないほどの人気メニューです。

八角と胡椒をたっぷり利かせたスパイシーな豚肉を生地で包み、ごまをたっぷりとまぶして専用の窯で香ばしく焼き上げられた胡椒餅は、台湾街歩き中に小腹を満たすのにぴったり。胡椒の風味がビールとよく合うので、おつまみにもいいんですよね。

お手軽なのに味は本格派!

Photo by muccinpurin

キットには生地用のミックス粉と胡椒だれが入っていて、角切りにした豚肩ロース肉に下味をつけ、こねた生地で包んで焼きます。通常胡椒餅は専用釜で焼かれますが、オーブンで焼くのがカルディスタイル。よく伸びる生地なので失敗することがなく、イチから自分で作るというイベント性も相まって、筆者もすっかりはまってしまいました。

Photo by muccinpurin

湯気が立つほどアツアツの焼きたてを頬張れば、肉汁がじゅわっとあふれ出します。スパイシーな胡椒&甘い八角の香りは台湾で食べた胡椒餅そのもの。スパイスの味付けがキモなだけに、たれひとつで再現できる手軽さが魅力です。

3. 豆乳ドレッシング シェントウジャン風

Photo by muccinpurin

「豆乳ドレッシング シェントウジャン風」351円(税込)
台湾の人気朝食、シェントウジャンをイメージしたカルディのオリジナル商品「豆乳ドレッシング シェントウジャン風」。

搾りたての濃い豆乳に黒酢やパクチー、干しエビなどを加えた台湾の朝の定番、シェントウジャンを、ドレッシング風にアレンジ。日本でも豆乳ドレッシングを見かけたことがありますが、さすがにシェントウジャン風は初めてではないでしょうか。
Photos:11枚
ルーローファンふりかけのパッケージ
ルーローファンふりかけをかけたトースト
胡椒餅の素
ねぎと豚肉をのせた胡椒餅の生地
半分に割った胡椒餅
豆乳ドレッシング
シェントウジャン風ドレッシングをかけたバンバンジー
葱油餅ミックス粉
葱油餅と葱油餅ミックス粉のパッケージ
ジャックソイ
豆乳を注いでいるところ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ