ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

しゃぶしゃぶを食べたからといって痩せるわけではない

この記事では、ダイエット中にしゃぶしゃぶを活用する方法やメリットをご紹介しますが、しゃぶしゃぶを食べるだけで体重が減るわけではありません。

ダイエット中は摂取カロリー量を調整し、バランスのよい食事を摂りましょう。

また、有酸素運動や筋肉トレーニングを実施し、消費エネルギー量を増やすことも大切です。しゃぶしゃぶダイエットをおこなう際は、生活習慣の見直しも意識してくださいね。(※1)

しゃぶしゃぶダイエットの効果

食事の糖質量を抑えられる

しゃぶしゃぶの主な具材である牛肉や豚肉は、糖質の含有量が少ないです。そのため、しゃぶしゃぶをダイエットに取り入れることで、食事の糖質量を抑えられます。100gあたりの糖質量は、牛肉のしゃぶしゃぶだと2.0g、豚しゃぶだと2.1gです。

糖質はエネルギー源となる栄養素ですが、摂り過ぎると体脂肪として蓄積されるおそれが。ダイエット中は糖質の過剰摂取を避けることが大切です。(※2,3,4,5)

糖質や脂質の代謝を助ける

豚肉には、糖質の代謝に関わる「ビタミンB1」が豊富です。ビタミンB1が不足すると、糖質をうまくエネルギーに変えられず、体脂肪になるおそれが。ダイエット中に意識して摂りたい栄養素です。

また、豚肉や牛肉には、脂質の代謝に関わる「ビタミンB2」や「カルニチン」が含まれています。これらは食事から摂取した脂肪の代謝をサポートするほか、体脂肪の燃焼に役立つと考えられていますよ。(※2,6,7)

食事の満足感を得られる

豚肉や牛肉をよく噛んで食べると、脳内の満腹中枢が刺激され、満腹感を得やすくなります。食事の食べ過ぎ対策に役立ちますよ。

また、豚肉や牛肉の脂質には、必須脂肪酸である「アラキドン酸」が含まれています。その一部は、幸福感をもたらす脳内物質に変化すると言われています。ダイエット中の食事でも満足感を得たいという方に、おすすめできる食材です。(※8,9)

便秘対策

野菜やきのこには、「不溶性食物繊維」が多く含まれています。不溶性食物繊維は、腸を刺激して便の量を増やす作用がある栄養素です。

また、豆腐には、便をやわらかくするはたらきがある「マグネシウム」が含まれています。これらの食品をしゃぶしゃぶに取り入れることで、ダイエット中の便秘対策に役立ちますよ。(※2,10)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ