ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ローソンの伝説スイーツがパワーアップ!

Photo by muccinpurin

2021年3月23日(火)、ローソンから新作スイーツ「バスチー -バスク風チーズケーキ-」が発売されました。

スペイン、バスク地方のバスクチーズケーキをベースに「レアでもない、ベイクドでもない」ローソン独自のチーズケーキとなったバスチー。2019年3月の発売以来、2度目のリニューアルで味わいがどう変わったのでしょうか。変わり種フレーバーを加え、ほとんどのバスチーを食べてきた筆者がお届けします!

バスチー -バスク風チーズケーキ-

Photo by muccinpurin

「バスチー -バスク風チーズケーキ-」225円(税込)
ローソンのバスチーといえば、ずっしりと濃厚な独特食感と香ばしいカラメルの風味がウケて、コンビニスイーツの枠を越えたヒットを生み出した伝説のスイーツ。2019年3月の発売時には、「発売3日間で100万個完売」という記録を打ち立てました。

実は2019年12月にも一度リニューアルしていて、そのときは北海道産生クリームや卵黄を増やし、より濃厚にリニューアルしているんですよ。

Photo by muccinpurin

2度目のリニューアルとなる今回は、卵黄の比率を従来の約2倍に増やし、これまで北海道産とオーストラリア産2種類だったクリームチーズに、北海道産チェダーチーズをプラスし、チーズ感をより際立たせたそう。

また、「カラメル感がもっとほしい!」という声を受け、カラメルの焦がし温度を上げてじっくりと焦がし、香ばしさをアップしているのだとか。

すでに十分すぎるくらいおいしいのに、さらにおいしさを追求しているだなんて、ローソンさんとてもストイック!

カラメルの色が濃くなっているような…?

Photo by muccinpurin

パッケージから取り出してみると、香ばしいカラメル色のバスチーが登場。確かに、初代バスチーよりもカラメルの色が濃くなっているような気がします。

さらに、チェダーチーズを使っているせいか、一般的なベイクドチーズケーキと比べ、チーズっぽいミルキーな香りが強く感じられます。気になる味の変化はどうでしょうか。

チーズのコク増し増し!

Photo by muccinpurin

チェダーチーズがプラスされたバスチーは、以前のものと比べてコクが増し増し!卵黄の風味が変わったことまではわかりませんでしたが、明らかに味が濃厚になっているのはわかります。

チェダーチーズはおつまみとしてそのまま食べたり、料理に使ったりと、なんとなくしょっぱいイメージがありましたが、バスチーのケーキらしい味わいはそのまま安心しました。

カラメル感はやや控えめ?

Photo by muccinpurin

もうひとつのリニューアルポイントであるカラメルの香ばしさですが、筆者個人的にはそこまで強くなったようには感じられませんでした。

むしろ、カラメルの風味が際立ちすぎるとチーズの味わいが薄まるので、筆者にはちょうどいいカラメル感でしたよ。

新しいバスチーを味わってみて♪

Photo by muccinpurin

卵黄の比率が倍になり、北海道産チェダーチーズをプラスすることでリニューアルしたローソンの「バスチー」。

チーズの風味が濃くなり、バスチーのねっとりとしたコクのある味わいがより際立ち、さらにおいしく感じられました。リニューアルしたことでバスチーの新たなファンが増えそうな予感……。ぜひ、新しくなったバスチーを味わってみてくださいね♪
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
Photos:7枚
袋から出して金色の皿に盛られたバスチー
バスチーのパッケージ
バスチーの原材料表示
袋から出して金色の皿に盛られたバスチー
半分にカットしたバスチー
バスチーをフォークでカットする様子
半分にカットしたバスチー
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ