いちごダイエットのやり方

ポイント

  1. 間食の代わりにいちごを食べる
  2. 一日に食べる量は「12個」まで
  3. ほかに果物を食べる場合は量を調整する
いちごダイエットのおすすめのやり方は、間食の代わりにいちごを食べること。いちごは100gあたり31kcalと低カロリーなので、菓子類に置き換えると無理なく摂取カロリー量を減らせます。

果物の摂取目安量は一日200g程度。いちごに換算すると12個までを目安にしましょう。ほかに果物を摂る場合は、いちごの量を調整してくださいね。(※6,12)

管理栄養士が答える!いちごダイエットに関するQ&A

Q. いちご1粒あたりのカロリーは?

A:いちご1粒あたりのカロリーは5kcal、10粒なら50kcalです。

いちごのカロリーは、100gあたり31kcal。いちごは、100gで6粒相当と考えられます。いちごダイエットの場合、いちごの摂取量は一日200g、12粒が目安です。(※6,12)

Q. いちごダイエットの注意点は?

A:いちごはカロリーが低いものの、糖質が含まれているため食べ過ぎないようにしましょう。また、ダイエット中は砂糖や練乳など甘味料を加えるのは控えるのがおすすめです。

砂糖小さじ1杯(3g)のカロリーは12kcal、糖質量は3.0g。練乳小さじ1杯(6g)のカロリーは19kcal、糖質量は3.4gです。糖質はエネルギー源になる栄養素ですが、摂り過ぎると中性脂肪として蓄積されるため、ダイエットの妨げになるおそれがあります。(※13,14,15,16)

Q. いちごダイエットは1ヶ月ほどで結果が出る?

A:1ヶ月といった短期間でダイエットの結果が出る可能性は低いです。

いちごダイエットをおこなうと、食事や間食から摂取するカロリー量を調整できます。しかし、一日に抑えられる摂取カロリー量は多くありません。

体重を減らすには、消費カロリー量を増やすことも重要。いちごダイエットだけに頼らず、ウォーキングやランニングなどの長く続けられる運動を積極的におこなってください。また、規則正しい食生活を心がけましょう。(※3)

いちごダイエットにおすすめのレシピ3選

1. いちごヨーグルト

プレーンヨーグルトにいちごをのせるだけの簡単なひと品です。砂糖を使わなくても、いちごをおいしく食べられるのが魅力的。

いちごに豊富な食物繊維は、善玉菌のエサとなります。善玉菌が含まれているヨーグルトと組み合わせることで、ダイエット中の便秘対策に役立ちますよ。(※17)

2. いちごとバナナのスムージー

いちごとバナナ、牛乳をミキサーにかけて作るスムージーです。砂糖を加えず、果物の甘みだけで作れるのがうれしいポイント。

バナナは、いちごと同様にカリウムが多く含まれているため、むくみが気になる方におすすめの食材です。(※4)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ