ライター : 岡本翔子

占星術研究家

ロンドンにある英国占星学協会で、心理学をベースにした占星術を学ぶ。英国占星学協会会員。占星術と料理、コスメ、旅などを組み合わせたコラムを女性誌やWEBマガジンなどの連載を中心…もっとみる

いよいよ「風の時代」へ。蟹座の運勢は?

誰もが予想もしない1年になった2020年が終わり、新しい年がはじまりますね。

そんな2021年ですが、占星術では約200年続いた「地の時代」が終わり、新しい「風の時代」がはじまる年になる……という予測が出ています。

土地やお金など、目に見える分かりやすい成功が"良いもの"とみなされていた「地の時代」から、他人とのつながりや、自分なりの思考とアイデアを大切にする「風の時代」へ。

少し簡単にいうと「守ること」ではなく「共有すること」こそが、より価値を生む時代が訪れる、と私は予測しています。

今まで当たり前だった社会や経済のあり方や、地位や財産など自身がいま手にしているモノに左右されず、まわりの人々とモノや知識や経験を「共有」「共存」していくことで、新しい時代の波に乗れるのが2021年、というイメージです。

また、星の動きは食のトレンドにも影響を与えます。

2021年は「オーガニック」「ホールフード」への関心がますます高まると予想しています。既に新しいサービスも出てきているように、生産者と消費者をつなぐネットワークが発達し、新鮮な野菜のデリバリーが当たり前になるように。

また、少し変わったハイブリッド野菜や、今までになかった新しい食材の組み合わせなども流行しそうな予感がします。そして、コロナ収束後の社会を見すえて、移動型レストランや店舗のシェア、星付きレストランの進化系カジュアル店も増えてきそうですね。

さて、そんな2021年、あなたの星はどう動くのでしょう?

今回は私なりに、あなたが2021年をしなやかに、有意義に過ごすための星からのメッセージをまとめてみました。
▼蟹座以外の方の運勢はこちら

【蟹座】の運勢|ひとつのテーマを深く掘り下げよう

ただでさえ木星と土星が正反対に位置していて、身辺がざわざわと騒がしかった2020年の蟹座の運勢。加えてコロナウィルスという未知の感染症に世界中が巻き込まれ、蟹座の日常をより複雑なものにしていました。

「人からどう見えるか」が気になったり、「仕事でちゃんと結果を出さなくては」という焦りもあったりと、ちょっと頑張り過ぎたかもしれません。

2021年は静かに幕を開けます。年末にあなたに無言のプレッシャーをかけてきた星が移動。頭上の暗雲が去り、「もっと身近な幸せを大切にしたい」と強く思うようになるでしょう。

あれもこれもと欲張るよりも、ひとつのテーマを深く掘り下げることが幸運につながる1年です。さまざまなことに心を奪われて集中できなかった前年に比べ、まわりの雑音に振り回されなくなるでしょう。

人間関係の間口は狭くして、しかもひとりの人間とじっくり付き合うことで大きな実りがあります。やたらめったら交友関係を広げないほうが、ストレスを感じずに済む年です。

となるとある意味、依然続くコロナ禍はあなたに集中力を授けてくれます。日々の生活を充実させてくれる趣味やテーマを探して、徹底的に深掘りしてください。物事の表面をさらりと学習するのではなく、もっとちゃんと調べて研究していくと「そうだったのか!」という発見があるはずです。

1月は価値観を揺るがすほどの事件に遭遇する人もいます。もしかしたら不思議な巡り合わせで、家業や事業、伝統に関わる何かを「引き継ぐ」ことになるかもしれません。

これらの出来事は、自分から動いてどうなるものではなく、縁あって向こうからやってくるもの。心をピュアにして、その変化に身を任せましょう。2021年、環境を変える試みは、自分の意志で動くのではなく、人やまわりに促されて、という形を取ったほうが、収まるべきところに収まる年です。

健康面は前年の疲れが表面化しやすい年です。婦人科系の不調や女性特有のお悩みなどがある場合、早めに病院で診てもらうとよいでしょう。

パートナーとしっかり向き合うことも、2021年の重要なテーマです。いつも以上にスキンシップを大切にして、相手への感謝の気持ちを伝えると、より絆が深まります。

【蟹座】のラッキーフード|人の心に寄り添う力を授ける

占星術では地球上にあるすべての食材は、天の星座や惑星と関係があると考え、その対応関係が長い間、研究されてきました。古代ギリシャ人はハーブと天上の星と病気との関わりを考え、古代ローマの料理人のなかには、占星術の知識を持つ者もいました。

ここで説明する星座と食べ物との関係は、星が授けてくれるちょっとした魔法のようなもの。ワクワクしながら食事をすると、健康にもきっとよい変化があるはずです。これはただ単にモノを食べるのではなく、楽しくそして創造的に食べようという提案です。

食材

蟹座の守護星は夜毎にその姿を変える月です。月の満ち欠けはエビや蟹、貝類(ホタテや牡蠣)といった海の生物の成長に影響を与えます。これらの甲殻類や貝類は蟹座の食材といわれています。

また卵に豆腐や湯葉、きのこ類、野菜ならばキャベツ、かぼちゃ、きゅうり、果物ならマンゴー、パパイヤ、メロンなども月の支配を受ける蟹座の食べ物です。調理法では、蒸した食べ物、マリネした料理も蟹座的とみなされます。

蟹座の食材は感受性を強め、人の心に寄り添う力を授けてくれます。

レシピ|月に願いを「ホタテときのこのホイル焼き」

材料(4人分)

・ホタテ……4個
・しめじ、舞茸、えのきだけ……各1パック
・しいたけ……4枚
・すだち(半分に切る)……2個
・バター、酒、塩……各適量
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS