ライター : 岡本翔子

占星術研究家

ロンドンにある英国占星学協会で、心理学をベースにした占星術を学ぶ。英国占星学協会会員。占星術と料理、コスメ、旅などを組み合わせたコラムを女性誌やWEBマガジンなどの連載を中心に…もっとみる

いよいよ「風の時代」へ。牡牛座の運勢は?

誰もが予想もしない1年になった2020年が終わり、新しい年がはじまりますね。

そんな2021年ですが、占星術では約200年続いた「地の時代」が終わり、新しい「風の時代」がはじまる年になる……という予測が出ています。

土地やお金など、目に見える分かりやすい成功が"良いもの"とみなされていた「地の時代」から、他人とのつながりや、自分なりの思考とアイデアを大切にする「風の時代」へ。

少し簡単にいうと「守ること」ではなく「共有すること」こそが、より価値を生む時代が訪れる、と私は予測しています。

今まで当たり前だった社会や経済のあり方や、地位や財産など自身がいま手にしているモノに左右されず、まわりの人々とモノや知識や経験を「共有」「共存」していくことで、新しい時代の波に乗れるのが2021年、というイメージです。

また、星の動きは食のトレンドにも影響を与えます。

2021年は「オーガニック」「ホールフード」への関心がますます高まると予想しています。既に新しいサービスも出てきているように、生産者と消費者をつなぐネットワークが発達し、新鮮な野菜のデリバリーが当たり前になるように。

また、少し変わったハイブリッド野菜や、今までになかった新しい食材の組み合わせなども流行しそうな予感がします。そして、コロナ収束後の社会を見すえて、移動型レストランや店舗のシェア、星付きレストランの進化系カジュアル店も増えてきそうですね。

さて、そんな2021年、あなたの星はどう動くのでしょう?

今回は私なりに、あなたが2021年をしなやかに、有意義に過ごすための星からのメッセージをまとめてみました。
▼牡牛座以外の方の運勢はこちら

【牡牛座】の運勢|発想を変えて“なりたい私”を思い描いて

2020年は、だれもが未曽有の感染症に翻弄されて、先が読めない不安と戦わざるを得ない状況にありました。

それでも“STAY HOME”がお約束だった頃のことを思い返してください。思いがけなく家族で過ごす時間が増えたり、いつも以上に「食べること」の重要性を感じたりして、コロナ禍が生活全般を見直すきっかけを与えてくれたのも事実です。

さて年末に大きな星の動きがあり、牡牛座にとって2021年は「仕事」に焦点が当たるようになります。ここでいう仕事とは、単に生活費を稼ぐための仕事ではなく、あなたらしさを発揮できるライフワークのことを指します。

「私にとって仕事って何だろう?」と真面目に考えさせられる時期が来たということです。じつは2019年から2026年までの7年間、牡牛座は、自由と革命の星と呼ばれる天王星という惑星の影響を受けます。

この星はあなたに「自分の個性や才能を生かせることをしなさい」とメッセージを送り、さらには「今までの殻を破り、もっと自由になれ」とあなたを激励しているのです。

この予感を数年前から感じながら見て見ぬふりをしていた人は、コロナ禍が現実を変える機会を作ってくれたということでしょう。2021年はこの星の力を借りて、約5年計画で今後の仕事の可能性を広げてみたいものです。少し大きめの目標を立て自分を追い込んでみると、新しい景色が見えてきます。

たとえばパートやアルバイトで緩~く働いているつもりだったのに、責任を押しつけられて心が折れそうになる人もいます。その場合は将来を見据えて別の道を探ってみる。この運気の波に乗るには、大きな発想の転換が必要です。

生活に関わる料理やインテリア、建築、香りに関すること、お金回りの専門家のもとでしっかり基礎を学ぶ、また職人と呼ばれる人に弟子入りを願い出るのもよいでしょう。5年後に“なりたい私”を思い描いて、第一歩を踏み出すのにふさわしい1年です。

また、例年に比べて定期的なボディメンテナンスを怠らないように。乾燥が続く春先までは、特にノドと肩を冷やさないように気をつけましょう。4月後半にはよい知らせが舞い込みます。それまでは家族にも協力を仰ぎ、あなたの活躍を応援してもらえれば最高です。

【牡牛座】のラッキーフード|人間関係に調和をもたらす

占星術では地球上にあるすべての食材は、天の星座や惑星と関係があると考え、その対応関係が長い間、研究されてきました。古代ギリシャ人はハーブと天上の星と病気との関わりを考え、古代ローマの料理人のなかには、占星術の知識を持つ者もいました。

ここで説明する星座と食べ物との関係は、星が授けてくれるちょっとした魔法のようなもの。ワクワクしながら食事をすると、健康にもきっとよい変化があるはずです。これはただ単にモノを食べるのではなく、楽しくそして創造的に食べようという提案です。

食材

牡牛座の守護星は、愛と調和の星・金星。金星が支配するえんどう豆やトマト、ほうれん草、アボカド、またりんごやベリー類、バナナやアプリコットといった果物が、伝統的に牡牛座の食材とされています。

また牡牛座という名のとおり、牛肉や乳牛から作られる乳製品(バターやチーズ、生クリームなど)も、同様です。じっくり時間をかけてコトコトと煮込む料理や、その土地に伝わる郷土料理(スローフード全般)などもおすすめです。

牡牛座の食材は愛を育み、人間関係に調和をもたらします。

レシピ|愛を育む「トマトと牛肉の煮込み」

材料(4人分)

・牛バラ肉……400g
・玉ねぎ(くし切り)……大1個
・えんどう豆……100g
・トマト水煮缶……1缶(400g)
・水……400cc
・コンソメキューブ……1個
・ローリエ……2枚
・オリーブオイル……大さじ1杯
・塩こしょう……適量
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ