太平燕

Photo by たかすばすば

680円(税込)
やや硬めの春雨麺を使用しており、その食べ応えが特徴的。海鮮や肉から抽出された旨みのあるスープは熱々で、全部飲み干したくなるほど絶品です。

また、具材が約10種類と豊富に入っており、680円(税込)とは思えないほどのコスパの高さ。ほかのお店では煮卵を使用していることが多いですが、藤園ではトロトロの半熟卵だという点も高ポイントですよ♪
店舗情報

4. 少し変わった太平燕「燕燕(えんえん)」

Photo by たかすばすば

「慶徳校前」駅から徒歩約3分、大型商業施設サクラマチクマモトの近くにあります。筆者が訪れた日は、女子会・家族連れ・夫婦など幅広いシーンで利用されており、常連さんが多い印象。

店主は、熊本を代表する高級中華「桃花源」の出身で、かなりの実力派。明るく元気な奥さまが出迎えてくれる、アットホームな雰囲気も人気の理由です。

麻辣湯燕(マーラータンエン)

Photo by たかすばすば

900円(税込)
「燕燕」では、ほかのお店とはひと味違った太平燕を味わうことができます。その名も「麻辣湯燕(マーラータンエン)」。白菜・エビ・イカ・豚肉といった具材は一般的な太平麺と同じですが、その違いはスープにあり。

酸味の効いたピリ辛スープは、じんわりと喉に刺激が走り、かなりクセになる辛さです。細めの春雨麺ともしっかり絡んでいて、身体の芯からホッコリ温まるひと品ですよ♪
店舗情報

5. 京町にある隠れた名店「シンフー」

Photo by たかすばすば

「韓々坂(かんかんざか)」駅から徒歩約11分、熊本市西区京町にあります。四川中華料理のお店で、家族連れや年配のお客さんが多く、長年京町で愛され続けている隠れた名店。

上品でおしゃれな店内にはテーブル席とお座敷があり、壁側には有名人のサインがズラりと並んでいます。

人気の週替わりランチは、1,250円(税込)でメイン料理2品・ご飯・サラダ・スープ・杏仁プリン・ドリンクがセットになっており、高いコスパを誇ります。

タイピーエン

Photo by たかすばすば

825円(税込)
白菜をはじめとした野菜が大量に入っていて、シャキッとした食感が特徴的。大きくて、プリッとした食感のイカも魅力のひとつです。

熱々のスープはやさしい味付けで、ちょうどいい塩加減。味が濃すぎないので、全部飲み干したくなりますよ♪
店舗情報

6. 幅広い世代から愛されている「紅蘭亭(こうらんてい)下通本店」

Photo by たかすばすば

熊本の中華と言えば、「紅蘭亭(こうらんてい)」と言われるほど、幅広い世代から愛されて続けている中華の老舗店。2020年5月にリューアルオープンした下通本店は、「通町筋」駅から徒歩約2分の下通りアーケードに面しています。

上品で高級感漂う外観ですが、料理は意外とリーズナブルな価格設定なので、気軽に足を運ぶことができますよ♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ