ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

洗いやすい水筒を選ぶときのチェックポイント

水筒は飲み口が広いものほど洗いやすい

水筒にはフタがカップになっているものや、ダイレクトに飲むタイプ、ストロー付きなどさまざまなデザインがあります。どんな形にしても、ふたを開けたときに口径の広い水筒が洗うのに便利。特におすすめなのは、ダイレクトに飲むタイプです。飲み口が広いため、手やスポンジが入りやすいですよ。

外せるパーツが少ないほど手入れしやすい

ストロー付きの水筒はお子さんだけでなく、大人にも人気がありますが、衛生面や洗いやすさという点からは避けたいところです。またパーツの数が多い水筒も、分解や組み立てに手間取るばかりでなく、洗いにくいことから避けるのがベター。できるだけシンプルで、パーツの少ないものを選んでください。

食洗器対応以外、小さな口径の水筒は避ける

プラスチックやステンレス製水筒の一部には、食洗器に対応しているものがあります。そういった水筒なら口径が小さなものでも、細かい部分だけ手洗いして、洗浄・乾燥ができるので安心。

また、人気のステンレス製水筒には食洗器対応タイプが少ないため、小口径のものは避けるほうが無難です。

洗いやすい水筒はこれ!おすすめ商品5選

1. 象印マホービン「ステンレスマグ」

ITEM

象印マホービン ステンレスマグ SM-JF48

¥1,680〜

材質:(本体)ステンレス鋼、(飲み口)中栓 樹脂 容量:480ml サイズ:約直径 65×高さ 215/口径 40mm 重量:約250g 食洗機対応:不可 カラー:ネイビー・フローラルピンク・ホワイト

※2020年12月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

保温と保冷力に優れているステンレス製水筒

日本を代表する魔法瓶メーカー、象印が製造販売するステンレス製水筒です。3色から選べるカラーと機能的なデザインが、シンプルながらもスタイリッシュ。パーツの分解・組み立てが簡単です。飲み口をはじめ、すべての部品を丸洗いできるため、いつも清潔に保つことができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS