ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ほろ苦キャラメルの大人スイーツが新発売

Photo by muccinpurin

2020年12月1日(火)、ローソンから新作スイーツ「Uchi Café Spécialité 流奏キャラメルサンド」が発売されました。

サクサク食感の薄焼きクッキーに、キャラメルクリームと生キャラメルソースをトッピング。まるでパティスリーのショーケースに並ぶような美しいフォルムで、キャラメル好きを魅了する逸品です。

ローソン「Uchi Café Spécialité 流奏キャラメルサンド」

Photo by muccinpurin

「Uchi Café Spécialité 流奏キャラメルサンド」270円(税込)
Uchi Café Spécialité は、2020年秋から発売されたローソンスイーツの新ブランド。過去にも「雲泡クリームのショート」や「栗堪能モンブラン」など、素材や作り方にこだわったスイーツが発売され、コンビニスイーツの域を越える仕上がりと話題をさらいました。

この度発売された流奏キャラメルサンドは、薄く焼き上げたサクサク食感のクッキーにキャラメルクリーム、生キャラメルソースをトッピング。仕上げにキャラメルチョコレートでコーティングしたオリジナルスイーツです。

Photo by muccinpurin

上下を二枚のクッキーでサンドし、クリームをキャラメルチョコレートでコーティングしているので中が見えず、ちょっぴりミステリアス。シュッと細長いビジュアルで、高級パティスリーに並んでいてもおかしくないほど洗練されています。あえてゴテゴテと飾り立てるより、味わうことに集中できそうですね。

サクサクとほろ苦のバランスが絶妙!

Photo by muccinpurin

食べる前に半分にカットしてみると、淡い茶色のキャラメルクリームがお目見え。その上にはとろりと琥珀色の生キャラメルソースが覗きます。クッキーはかなり薄く、サクサク食感です。

キャラメルクリームはこっくりとコクがあり、バタークリームに近い味わい。ビターな生キャラメルソースと甘さ控えめのキャラメルチョコレート、極薄のクッキーを一度に頬張ると、口のなかですべてのパーツがハーモニーを奏でます。

Photo by muccinpurin

クッキーをあえて薄く伸ばして焼くことで、キャラメルクリームや生キャラメルソースしっくりなじむように計算されていますね。チョコレート、クリーム、ソースすべてにキャラメルを使っているので甘さはありますが、キャラメルのほろ苦さのおかげで飽きずに食べ進められます。コーヒーとも相性がよさそうですよ。

サクサククッキーはナイフが滑って切りにくいので、あらかじめ包装されている紙のトレーにのせたままかぶりつくのが吉。見た目は上品なスイーツですが豪快にいきましょう!個人的には冷蔵庫でしっかりと冷やし、クリームやチョコレートが冷たいうちに食べるのがおすすめですよ。

キャラメルとクッキーが奏でる魅惑の四重奏

Photo by muccinpurin

“流奏キャラメルサンド” のネーミングの意味を理解せずに食べてしまいましたが、クリームの量、クッキーの厚さ、甘さと苦さの調和がとれ、すべてがハーモニーを奏でるような逸品でした。

寒い季節になると、キャラメルやチョコレートなど、濃厚なスイーツが恋しくなりますが、まさにそんな冬の甘いもの欲を満たしてくれるスイーツです。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:Uchi Café Spécialité 流奏キャラメルサンド
■価格:270円(税込)
■カロリー:1個当たり284kcal
■販売日:2020年12月1日(火)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:6枚
皿にのせた流奏キャラメルサンド
流奏キャラメルサンド
皿にのせた流奏キャラメルサンド
半分に割った流奏キャラメルサンド
手で持った流奏キャラメルサンド
皿にのせた流奏キャラメルサンド
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS