ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

フライパンが焦げる原因・理由

鉄製フライパンの場合

鉄製のフライパンが焦げる理由には、温度と油の量が関係しています。鉄製のフライパンは、コーティングされたフライパンよりも熱の通りがよいです。しかし、火加減が強くなりすぎると食材が焦げる原因となるので気をつけましょう。

また、調理時の油の量が不十分だと、食材がフライパンにへばり付いてしまい、焦げの要因となることも。焦げ付きが重なると、しだいに焦げぐせが付いて焦げやすくなってしまいます。

コーティング加工されたフライパンの場合

コーティング加工されたフライパンの場合は、コーティングが剥がれてしまうことが焦げ付きの原因です。よくあるケースとして、洗浄するときに硬めのたわしで力強く洗ってしまい、コーティング部分が劣化することがあります。

身近のものでできる!フライパンの焦げの落とし方7選

鍋やフライパンはどんどん使っているうちに、焦げが溜まってきてしまいます。しっかり落とさないと、使用すればするほど焦げが落ちにくくなります。ここでは、焦げを簡単に落とす方法をまとめてみました。きれいな調理器具でおいしい料理を作りましょう。

1. 空焚き

フライパンを火にかけて、約20分間空焚きしましょう。空焚きをしてさらに焦がして水に浸けます。冷めたら金属製のヘラでこすってみましょう。しかし、テフロン加工が施されているフライパンにこの方法は適さないので、おこなわないでください。

2. 天日干し

フライパンをきれいに洗い、1日天日干しにしましょう。次の日にフライパンに水を入れ、焦げ付きをよく濡らし、もう1日天日干ししてからヘラや、割り箸などで焦げの表面だけ軽くこすります。そうすると、かさぶたが剥がれるように焦げが落ちますよ

3. ペットボトルのキャップでこする

しつこい鍋の焦げ付きは、ペットボトルのキャップを使うのが効果的です。フライパンを傷つけることなく、焦げをきれいに落とすことができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ