ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

日本発のプラントベースアイスが登場

Photo by akiharahetta

日本発プラントベースのハイプロテインアイスクリーム「ZEN」。株式会社T office が販売し、サステナブルメディア「ELEMINIST(エレミニスト)」がクリエイティブ監修した新商品です。

プラントベースとは植物性由来のこと。ハイプロテインは、高たんぱく質という意味です。植物由来素材100%、乳製品と添加物不使用なので、ヴィーガンにも対応しているんですよ。

「ZEN icecream」の名前の由来は?

Photo by akiharahetta

商品名である「ZEN」は、仏教の禅を意味しています。宗教上の理由で乳製品を摂ることができない人、体質的な制限がある人、自身の理念によって動物性食品を摂らないよう心がけている人など、世の中だれもが同じ食生活を送っているわけではありません。

“どんな人でも食べられるアイスクリームを作ろう” という思いから、誕生したのが「ZEN」。

また原料や製造過程において、ヴィーガンやムスリムへの配慮だけではなく、食肉による環境問題も考慮されたサステナブルな商品なのです。

徹底されたこだわり

Photo by akiharahetta

「ZEN」には、4つの大きなポイントがあります。ひとつめは、添加物を使わないこと。2つめは、ナチュラルな素材を使用していること。3つめは100%植物性であることと。4つめは、乳製品が含まれていないことです。

日本古来の甘味料である「和三盆」を使用

Photo by akiharahetta

原料に使われる豆乳は国内製造で、甘みは日本古来の甘味料である和三盆が使用されています。ヴィーガンレストランシェフからのアドバイスにより、米沢市の塩こうじを隠し味にしているとのこと。和三盆にいたっては、製造方法から突き詰めたというから驚きです……。

アイスクリームは技術を最大限に駆使し、なめらかな舌触りを作り出しているのだとか。素材だけではなく製造過程にも徹底したこだわりがあるようです。

低カロリーで高タンパク

Photo by akiharahetta

甘さひかえめで植物油や乳脂肪を使用していないため、カロリーは一般的なアイスクリームの約半分です。炭水化物も大幅にカットされており、健康や体重を気にする人にも嬉しい限り。

さらには、原料の大豆粉や抹茶には、豊富なタンパク質が含まれています。低カロリーで高タンパク、さらには環境にもやさしい、なんて理想的なアイスクリームなのでしょう。

2種類のフレーバーを実食!

バニラが香る、ソイミルクフレーバー

Photo by akiharahetta

体に良いことはわかりましたが、味わいはどうでしょうか?まずはソイミルク味から試食してみます。スプーンですくい、口の中へ……。

舌の上で転がした瞬間、バニラが上品に香ります。見てください、このバニラビーンズの量を。アイス全体が色付くほど入っていますよ。

Photo by akiharahetta

てっきりあっさりしているのかと思ったら、そういうわけではない……乳製品が使われていないのに、これだけコクがあるのは大豆粉と塩こうじのおかげですね。

後味が良いため、もうひとくち、さらにひとくちとスプーンが止まらず、気づいたら完食していました。最初はかためなので、少し溶かしてから食べるのがおすすめです。
Photos:10枚
グレーの皿にのった2個のZENアイスクリーム
ZENアイスクリームを2個重ねた様子
プラントベースアイスの商品表示
ソイミルク味のZENアイスと金のスプーン
ZENアイスと花やグリーン
ソイミルクのアイスをスプーンですくったところ
ソイミルクアイスを金色のスプーンですくい、ふちに置いた様子
抹茶味のカップアイスにスプーンが刺さっている様子
抹茶アイスをスプーンでひとくちすくったところ
グレーの皿にのった2個のZENアイスクリームとグリーン
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS