ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

本場イタリア直輸入のティラミスを発見!

Photo by muccinpurin

世界各地からの輸入アイテムがそろうカルディから、「ドルチェエゴ ティラミス」が新しく発売されました。

ティラミスの本場イタリアからの輸入品で、冷凍なのでストックも可能。小ぶりで食べやすく、溶かし方によって味わいが変わる魅惑のスイーツをレビューします。

ドルチェエゴ ティラミス

Photo by muccinpurin

「ドルチェエゴ ティラミス」270円(税込)
ティラミスといえば、かつて日本で一大ブームを起こしたイタリア発祥の伝統菓子。ブームが去ったあともカフェやレストラン、コンビニスイーツとして日本のスイーツ文化に根付き、ブームから時が経ったいまでも愛され続けています。

カルディの新商品として発売されたドルチェエゴ ティラミスは、イタリアからの輸入品。小さなティラミスが3個入った食べきりサイズです。

イタリア産マスカルポーネ使用

Photo by muccinpurin

ティラミスの味を決める大切な材料といえば、なんといってもマスカルポーネチーズですよね。ドルチェエゴのティラミスにはイタリア産のマスカルポーネを使い、本場イタリアで仕込んでいるのが特徴。

冷凍で販売されているので冷蔵庫で解凍するか、そのまま食べることもできるようです。

Photo by muccinpurin

箱から取り出したティラミスは、こんもりと絞られたマスカルポーネクリームが何ともかわいらしいビジュアル。ココアパウダーのビターな香りが漂いいかにもおいしそう~さっそくいただきます。

軽さと濃厚さが絶妙なバランス

Photo by muccinpurin

凍ったままでも食べられると聞き、冷凍庫から出してすぐひとすくい。カチカチに固まっていないので、思ったよりもスムーズにスプーンが入りましたよ。

凍ったままのティラミスは、軽やかなチーズ香るアイスクリームのような味わい。行ったことはありませんが、イタリア産のマスカルポーネを使っていると聞くと、より一層おいしいような気がします。

Photo by muccinpurin

マスカルポーネチーズは濃厚なコクがありながら、空気をたっぷりと含んで軽いので、食後のデザートに食べたくなるちょうどいいバランス。濃厚すぎると、胃もたれしちゃいますからね。

溶かせば、そのくちどけにうっとり

Photo by muccinpurin

思った以上に本格的なティラミスの余韻に浸りつつ室温にしばらく置いておくと、さっきまではアイスのようだったティラミスが、あっというまに作り立てのようにやわらかく溶けてきましたよ。

ひんやり冷たいアイスっぽさもおいしかったのですが、口のなかでしゅわっとなくなっていく儚さもまた魅力的。時間を置きながら、好みの溶かし具合を探るのも楽しみのひとつかもしれません。

カルディの公式サイトで購入可能

Photo by muccinpurin

「ドルチェエゴ ティラミス」は、カルディの公式オンラインショップでも購入できます。筆者は店舗で購入しましたが、人気商品らしく次に来店したときには品切れしていました。

オンラインショップもタイミングによっては在庫がないようですが、こまめにチェックしてみてくださいね。
Photos:9枚
白い皿にのったドルチェエゴ ティラミス
ドルチェエゴ ティラミス
ティラミスの原材料表示
パッケージから出したティラミス
スープ―ンでティラミスをすくう様子
スプーンですくったひと口サイズのティラミス
スプーンですくったティラミス
パッケージから出したティラミス
ティラミスをスプーンですくう様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS