ライター : 恩K

コピーライター

広島県生まれ。東京ときどき瀬戸内暮らし。 国内外の旅先で行うのは「くいしん坊!バンザイ」。現地の料理や人との出会い、野生に還ることでおりてくるインスピレーション…。そんな成分を…もっとみる

【コスパよし】池袋のおすすめランチ4選

1. シェフの本格ランチが手軽に「レストランセゾン」

Photo by 恩K

黒と赤のファサードが印象的な「ホテルグランドシティ」は、JR池袋東口より徒歩約5分の立地。2016年にリニューアルオープンした駅チカのホテルには、ヘアアイロンやフットマッサージャーなどのアメニティをそろえた女性専用フロアがあり、女子旅の宿泊先として大きな注目を集めています。

そんなホテルの地階にあるのが「レストランセゾン」。野菜ソムリエのシェフによる朝食やランチは、宿泊客だけでなく近隣の会社員にも人気です。

シェフの日替わりディッシュ

770円(税込)
おすすめは「シェフの日替わりディッシュ」。シェフが毎日メニューを考案するメインディッシュに、ライスまたはパン、スープバー、プチサラダが付いて770円(税込)というリーズナブルさが魅力です。

そのほかランチタイムには、「厚切りやわらかポークジンジャー」や「手ごねハンバーグ」、「ミラノ風ポークカツレツ」、週替わり「シェフの厳選魚料理」なども提供されます。

プロによる本格的な料理をリーズナブルに味わいたいときには、ぜひ利用したいお店です。
店舗情報

2. 13時からは100円引き「フォーベト レストラン」

Photo by 恩K

池袋のベトナム料理店として有名な「PHO VIET Restaurant(フォーベト レストラン)」。ベトナムではフォー(米麺)を朝食に食べるように、日本でもベトナム料理を気軽に楽しんでもらいたいという思いから誕生しました。

料理長を務めるのは、ビル・クリントン元アメリカ元大統領一家がベトナムを訪れたときにもてなしたシェフ。そんな実力派による料理をリーズナブルに味わえるとあって、ランチからディナーまで多くの人でにぎわっています。

揚げ春巻きセット

Photo by 恩K

850円(税込)
店内あちこちでベトナム語が飛び交っているほど、ランチタイムには多くのベトナム人で賑わいます。鶏、豚、牛から選べるフォーや、パリパリ感がたまらない揚げ春巻きなどのランチセットは、13時以降100円引きになるといった、お得感も魅力です。

またセットはデザート付きで、練乳入りのベトナムコーヒーやタピオカ入りドリンク、チェー(ベトナムのデザート)なども選ぶことができます。ベトナム料理ファンの心をくすぐる料理を、ぜひ試してみてください。
店舗情報

3. ケーキ付きのレディースセット!「コーヒーサロン タカセ」

Photo by 恩K

池袋駅東口にある老舗の洋菓子店「タカセ池袋本店」。東口のランドマークといってもよいほど、この地に馴染んでいます。

お店の創業は1920年(大正9年)。初代が香川県から上京し、パンの製造販売をスタートしたことからタカセの歴史は始まりました。現在は「タカセセントラルビル」が建ち、1階はパン屋と洋菓子店、2階は喫茶室、3階はレストラン、9階はコーヒーラウンジを運営しています。

池袋駅チカという立地は待ち合わせにも大変便利。1階はいつもパンを求めるお客さんで混雑していますが、意外にも階上の喫茶室は静かなので、穴場的待ち合わせスポットかもしれません。

レディースセット

Photo by 恩K

980円(税込)
2階の喫茶室「コーヒーサロンタカセ(COFFEE SALON TAKASE)」 でぜひ楽しんでほしいのが「レディースセット」です。4切れのサンドイッチにお好みのケーキが1つと、紅茶かコーヒーが付いてきます。サンドイッチだけでなく、ケーキも食べたい!という人はぜひオーダーを。

ケーキは、ショーケースに並ぶ約10種類のなかから好みのものをチョイスできます。筆者が選んだのは、お店の定番というべき「イチゴのショートケーキ」。素朴な甘みは、池袋の雑踏を忘れさせてくれるようです。

なお、レディースセットは男性も注文可能。スイーツ好きの彼を誘って、ゆっくりと喫茶時間を過ごしてみませんか。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ