塩チョコ ミルク

1,080円(税込)
特におすすめなのが「塩チョコ ミルク」です。ベルギー産クーベルチュールチョコレートに室戸の塩をトッピングした看板商品。水引をかけた白い小箱に入った、シンプルで洗練されたビジュアルです。

ひと口大に割って舌にのせた瞬間、塩の旨味がはっきり感じられたかと思うと、ミルクチョコレートのまろやかな甘みが押し寄せ、キャラメルのようにコクのある濃厚な味わいが口いっぱいに広がります!

繊細なハーモニーが奏でる奥深い甘さは、ひとかけでも満足感がありますよ。賞味期限が150日あるので、少しずつゆっくりと味わいたい逸品。

このほか「塩チョコレート ビター」や、オレンジピールをコーティングした「プリンセスオレンジ」もおすすめです。
店舗情報

7. 生クリームのバーガー!?「グッドモーニングテーブル」

Photo by suncatch

「大阪タカシマヤ 西館」の地下1階入口すぐにある「Good Morning Table(グッドモーニングテーブル)」。北海道産の生クリームやジャージー牛乳などで作られた「生クリームバーガー」、クッキーやフィナンシェなどの焼き菓子が人気のお店です。

「大阪なのに北海道⁉」とお思いかもしれませんが、こちらは全国で「大阪タカシマヤ」と「横浜タカシマヤ」だけの2店舗展開。ほかでは味わえないスイーツが楽しめるんです。

オープンスタイルの店内は、北海道の牧場をイメージしたイラストが描かれていて、ほっこり心和む雰囲気。お買い物の休憩にイートインでさくっと、お土産やギフト用に焼き菓子を購入するのにも最適です。

生クリームバーガー・イチゴ

471円(税込)
生クリーム好きの方にぜひ食べてもらいたいのが「生クリームバーガー」。

マスカルポーネチーズをブレンドした北海道産生クリームと、十勝ジャージーミルク使用のミルクジャムをサンドした、真っ白なバーガーです。イチゴあり・なしの2種類があり、筆者はイチゴありタイプを選びました。かわいいボックスに入っているのが、ハンバーガーらしくていいですよね。

たっぷりの生クリームは、コクがありミルキー。それでいて、あと味がさっぱり爽やかです。ふわふわのバンズはほどよい弾力があり、甘いクリームと相性のよいあっさり味。ジューシーなイチゴがアクセントになっていますよ。

バーガーはテイクアウトが可能。北海道産の素材を使用したコーンクッキーやチーズフィナンシェなども、要チェックです♪
店舗情報

8. ビン入りのレアチーズ「チーズスイーツ専門店 マルチーズ」

Photo by suncatch

「大阪タカシマヤ」の南隣に位置する「なんばCITY」本館1階に、2020年7月オープンしたチーズスイーツ専門店です。

看板メニューの「マルーブリュレバスクチーズ」は、クリームブリュレ×バスクチーズケーキのハイブリッドスイーツ。ケーキにのせたブラウンシュガーをお客さんの目の前で炙るキャラメリゼが話題になっています。

テイクアウト店ですが、キャラメリゼしたてのバリバリ感を味わいたい場合は、店奥のスタンドでもいただけますよ。

食のセレクショップ「SIGN OF THE FOOD(サイン オブ ザ フード)」内にあり、ほかにも人気のスイーツ店が並んでいます。

マルーボトルレアチーズ(ティラミス)

Photo by suncatch

540円(税込)
ビンに入った「マルーマルーボトルレアチーズ」はお土産にぴったりなひと品です。レアチーズにフレーバーソース、種類によってクッキーやゼリーなどを組み合わせています。プレーン・いちご・ティラミスのほか、期間限定ものも。

「ティラミス」は、マスカルポーネ・レアチーズ・コーヒーゼリーのの3層です。まろやかなマスカルポーネとコクのあるレアチーズ、硬めで食感のよいコーヒーゼリーがアクセントになり、チーズ好きにはたまらないおいしさです。

数種類並べると色合いが美しく、フォトジェニックなところも高ポイント!
店舗情報

9. 新発想のタルト「マルサンカクシカク」

Photo by suncatch

「なんばCITY本館」の南隣り、南海本線直結の「なんばパークス」2階にある「◯△□ Maru sankaku shikaku(マルサンカクシカク)」。大阪のおしゃれエリア、北堀江に本店を構える、女性に人気のタルト専門店です。

人気の理由は、写真映えする華やかさや味のクオリティだけでなく、食べやすい形状や1ピースずつ三角のケースに入っているという、新しいスタイルにもあります。

なんばパークス店はテイクアウト中心ですが、イートイン用のカウンターも4席ありますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ