ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

紙皿を電子レンジで使用しても大丈夫?

紙皿は基本的に電子レンジで使用NG!

紙皿にのせた食品を電子レンジで温めたことはありませんか?じつは「レンジ可」の表示がある紙皿以外、レンジで加熱してはいけないのです。それにはちゃんとした理由があります。

紙皿を電子レンジで使用できない理由

電子レンジは電磁波を食品に照射し、中の水分を振動させて生じる摩擦熱によって、素材そのものが熱くなる仕組みです。そのためガラスや陶器は問題ないものの、水を吸収する紙は発熱するので基本的にNG!

一方、防水のため紙皿に施されたポリエチレン被膜の耐熱温度は110℃で、レンジで加熱した油分を含む食品はそれ以上になります。そのため被膜が溶けて耐水効果が低下し、水を吸って発熱するので、普通の紙皿はNGとされるのです。

耐水や耐熱の紙皿ならレンジ使用もOK!

一部の紙皿には、ラミネート加工されたポリエチレンの融点を高めて、レンジやオーブンにも対応できるものもあります。さまざまなタイプがあるなかで、主流となりつつあるのがラミネート加工をしていない紙皿。

ポリエチレン被膜を施していなくても、耐水性の高い素材であるため、電子レンジに対応できるのです。あくまで食材を温めるためのレンジ使用で、調理には使えないので注意してください。

電子レンジに対応したおすすめ紙皿3選

1. スリーキューブ「エコ 深皿」

ITEM

スリーキューブ 暮らし良い品 エコ深皿 ハードタイプ

¥1,021〜

サイズ:15cm 内容量:10枚入×10セット 素材:さとうきび・パルプ

※2020年9月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

バイオマスマーク取得のエコな紙皿セット

さとうきびとパルプの天然素材から作られる紙皿です。樹脂を使用していないため、燃やしても有毒ガスが発生しない環境にやさしい商品。生物由来の資源を利用した製品にのみ使用が認められる、バイオマスマークが印字されています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS