ライター : omio96

おいしいもの・新しいもの・お酒が大好きな2児の母です。 みなさまに食の最新情報をお伝えします!

料理の色を引き立てる。白いお皿たち

1. ピリヴィッツ「ラウンドケーキプラター」

Photo by macaroni store

5,280円(税込)
フランスの業務用食器メーカー「PILLIVUYT(ピリヴィッツ)」。19世紀から現代にいたるまで、世界中の一流レストランや一般家庭で多くの人に愛用され続けている老舗ブランドです。

Photo by macaroni store

無駄を一切省いたシンプルなラウンドプレートは、何枚あっても重宝する逸品。その名のとおりホールケーキ用に使うのはもちろん、小鉢やサラダ、前菜を盛り付ければカフェ風ワンプレートとしても楽しめます。料理のジャンルを選ばないので、さまざまなシーンで活躍してくれること間違いありません。

2. ピリヴィッツ「プレート/プリッセ」

Photo by macaroni store

1,760~4,840円(各税込)
ピリヴィッツの食器はやや青みを帯びた白色が特徴で、和食器との相性も抜群。日々の食卓に自然となじみ、料理をすてきに引き立ててくれますよ!その上品な雰囲気から、お祝いやプレゼントとしてもおすすめです。

Photo by macaroni store

サイズ違いでそろえたくなる「プリッセ」は、リム部分にプリーツの入った丸いお皿です。17~28cmの全4サイズ展開で、用途に合わせてチョイスが可能。プリーツの繊細な雰囲気が、食卓をおしゃれに演出してくれます。普段使いからちょっとしたおもてなしまで、万能に使える定番プレート。

3. ピリヴィッツ「ディーププレート/クィーンアン」

Photo by macaroni store

3,740円(税込)
電子レンジ、オーブン、食洗機、冷凍庫とハードな使用にも耐えうる点も、業務用食器だからこそのうれしいポイント。ピリヴィッツのお皿は、おしゃれさと実用性を兼ね備えた、主婦の心強い味方です。

Photo by macaroni store

リム部分にレリーフが施された「クィーンアン」。シンプルかつ華やかで女性らしい雰囲気が魅力的です。深さがあるので、スープやパスタ、ソースの多いメイン料理やスイーツなど、使い方は自由自在。家族の人数分そろえれば、ヘビーユース確実です。上質なデザインは、おもてなしやギフトとしてもぴったり!

質感がおしゃれ。和のお皿たち

4. サバ!ストア「越前焼の中皿(土本訓寛)」

Photo by macaroni store

3,850円(税込)
福井県鯖江市のスーベニアショップ「SAVA!STORE(サバ!ストア)」では、デザイン性・ストーリー性の高い商品を幅広く展開。昔ながらの技法で作られた「越前焼」も、そのなかのひとつです。

Photo by macaroni store

焼締め(やきしめ)という伝統製法により作られる器は、薪窯で焼く際に飛んだ灰が模様のように付着しているのが特徴です。窯の位置や火力によって灰の付着の仕方が変わるので、すべて1点もの。最初はザラザラとした質感ですが、使えば使うほどに艶っぽく変化し愛着も増していきますよ!

5. サバ!ストア「そばちょこ(桃山窯)」

Photo by macaroni store

1,760円(税込)
同じくサバ!ストアで展開している、陶芸作家・木村好博さんがつくる器たち。飛び鉋(かんな)と呼ばれる技法によりできる「千点紋(せんてんもん)」が印象的です。こだわりにほどよい遊び心が加わった、親しみやすい雰囲気が人気の秘密。

Photo by macaroni store

実店舗でも人気の高い越前焼の「そばちょこ(桃山窯)」は、サバ!ストアオリジナルのサイズとカラーリング。黒・青・緑の3色展開で、そばちょことしての使用にとどまらず、フリーカップとして幅広い用途に応えてくれます。

6. イワカグ「角皿・大」

Photo by macaroni store

7,700円(税込)
静岡県静岡市のオーダーメイド家具工房「iwakagu(イワカグ)」。生活のなかに木のぬくもりを心地よく感じられるような、あたたかみのある食器や家具を提供しています。

Photo by macaroni store

どんな料理とも相性のよい大きな角皿は、職人がひとつひとつ手彫りした模様が特徴的。置くだけで食卓の主役となる、存在感のある逸品です。ブラックチェリーとウォールナットの2種展開で、どちらも使うほどに深みが増します。経年変化を楽しみながら、ずっと愛用できるのもうれしいポイント。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS