ライター : 山内良子

フード/生活ライター

食に関する資格としては、「エコ・クッキングナビゲーター」と「豆腐マイスター」を保有。車両系では、「大型免許」と「けん引免許」を持っている、おいしいもの、楽しいこと、お得なこ…もっとみる

北欧食器の人気ブランド「イッタラ」

「iittala(イッタラ)」とは、耐久性と実用性を兼ね備えた食器を生み出し続けている、北欧食器の人気ブランドです。ルーツは1881年、フィンランドの南部にあるイッタラ村の小さなガラス工場。

当初は、吹きガラスなどを作っていましたが、20世紀のはじめに美しい装飾や機能性の高いデザインを加え、世のディナーセットに変化をもたらしました。美しく丈夫で機能的な製品は人々の心をつかみ、現在も愛され続けています。

どれがお好み?イッタラの代表的な食器シリーズ

Teema(ティーマ)

1952年に販売されてから今日まで、多くの人々を魅了し続けている定番シリーズです。デザイナー、カイ・フランク氏の「必要な装飾は色だけ」というシンプルさと使いやすさへのこだわりが、ユーザーの心をしっかりとつかんでいます。

Kastehelmi(カステヘルミ)

ガラスデザイナー、オイバ・トイッカ氏が1964年にデザインしたシリーズです。しずくのようなデザインは、朝日を浴びて、真珠のように光輝いた朝露からひらめいたのだそう。しずくが連なるようにデザインされた、美しい独特のフォルムは季節を問わず人気。

Origo(オリゴ)

プロダクトデザイナーのアルフレッド・ハベリ氏がデザインしたシリーズで、ポップなカラーのストライプが特徴です。カラフルで明るい印象なので、シンプルな食器との組み合せやテーブルアクセントとしても人気があります。

Taika(タイカ)

デザイナー、クラウス・ハーパニエミ氏の大胆かつ繊細、そしてバリエーション豊富なイラストが特徴のシリーズです。テーブルに並べると豪華な印象を与えてくれます。 Teema(ティーマ)やKastehelmi(カステヘルミ)との組み合わせも抜群。

Kartio(カルティオ)

生みの親は、ティーマをデザインしたデザイナー、カイ・フランク氏です。長年愛され続けているシリーズで、余計なものを排除したシンプルな見た目と丈夫さ、そして豊富なカラーバリエーションが魅力。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS