ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

知ると楽しいスリランカカレー【名店に教わるグルメの嗜み方 #1】

Photo by MIYUKI.Y

最近増えている、スリランカカレーのお店。ユニークなスパイスカレーのブームも相まって、スリランカカレーを日常的に食べる人がどんどん増えているんです。とは言いつつも、その個性的な見た目や食べ方……、日本人には馴染みもないし、ちょっとディープで取っ付きにくさを感じる人もいますよね。

ですが、ご安心を!
この記事では、そんなスリランカカレーの伝道師ともいうべき敏腕シェフから、スリランカカレーにまつわるアレコレを教えていただきます。記事後半では、おうちカレーをグッとおいしくするひと手間もご紹介しますよ

今日からあなたも、スリランカカレーファンの仲間入り!

教えてくれるのは、西早稲田「アプサラ」のオーナーシェフ・ジャナカさん

Photo by MIYUKI.Y

今回訪れたのは、東京メトロ副都心線「西早稲田」駅から徒歩6分ほどのところにある「Apsara Restaurant&Bar(アプサラ レストラン&バー)」。スリランカ出身のシェフ2人が営む、本場スリランカ料理が人気のお店です。

Photo by MIYUKI.Y

スタイリッシュな店内の一階はテーブル席が4卓、そしてカフェのような雰囲気のある地階にはテーブル・ソファ席が広がります。各所にあるスリランカの置物や装飾が、現地感を醸し出しています。

Photo by MIYUKI.Y

笑顔が素敵な、オーナーシェフのジャナカさん。幼い頃はおばあちゃんっ子で、料理好きだったおばあちゃんの手伝いをすることが多く、そこから料理の魅力に目覚めたのだそうです。

Photo by MIYUKI.Y

スリランカでは料理の専門学校に通い、卒業後は母国やサウジアラビアなどでシェフを務め、その後、日本で和食・イタリアン・フレンチ・パティシエまで経験した、まさにマルチなシェフ。

以前勤めていたイタリアン&スリランカ料理のお店では、日本人向けにスリランカ料理教室も開催していたんです。そんななかで、「もっとスリランカ料理を広めたい!」と思い、友人とこのお店を始めました。

シェフに質問!スリランカカレーの特徴や魅力とは?

そもそも、スリランカカレーってどんな料理なんでしょう?

Photo by MIYUKI.Y

ジャナカさん:簡単に言うと、スリランカの家庭で食べられている定番料理です。スパイスをふんだんに使っており、ココナッツミルクがベースのものが多いんです。肉を使ったもの、魚を使ったものなど、バリエーションもさまざま。

そして大きな特徴は、その食べ方ですね。ひとつのお皿にカレーや副菜などいろいろなものをのせて、すべてを徐々に混ぜながら食べていきます。

混ざり具合や混ざった食材のバランスなど、食べる箇所によっても味が違い、さらに混ぜるたびに味がどんどん変化
。同じ味わいがふたつとない“ライブ感”が魅力ですよ!

なじみ深いインドカレーとは、どう違うんでしょう?

Photo by Apsara Restaurant&Bar

ジャナカさん:実はまったく違うんです。スリランカカレー(英語ではスリランカカリー)は、インドカレーに比べて油が少なく、野菜や素材の味を活かした味付けになっています。

決定的に違うのは、スパイスですね。スリランカ料理で使うのは、「トゥナパハ」というミックススパイスで、インドのものとスパイスの種類や配合がまったく違います。たとえば同じペッパーという名前のものでも、香りや味、見た目もまったく違うんですよ。

「トゥナパハ」は、日本でも手に入るんですか?

ジャナカさん:お店で使うスパイスは、すべてスリランカの現地から、直接仕入れています。日本だと普通のスーパーではむずかしいですが、オンラインか、スリランカスパイスを扱っている専門店で買えます。新大久保あたりでは、国に特化した食材や調味料を扱ってるお店も多いですね。

バナナリーフがお皿代わりになっているものをよく見ます。これが現地スタイルなんですか?

Photo by MIYUKI.Y

ジャナカさん:このバナナリーフに包むというスタイルは、いま家庭では少なくなっていて、ホテルのレストランなどでしか見られなくなりました。最近の家庭では、大皿のワンプレートにのせて食べるスタイルが一般的ですね。

昔は、庭に生えてるバナナリーフを取ってきて、そこに食材を包んでお弁当のように持って行ったものでした。バナナリーフに包むと、味や香りが移ってとてもおいしくなりますし、殺菌効果もあります。昔、日本でおにぎりを笹の葉にくるんで持っていたのと同じですね。

Photo by MIYUKI.Y

こちらが、お店の名物メニュー「スリランカカレーのバナナリーフ包み」

バナナリーフを開くとしっとりと蒸し上がっているのがわかります。具材やスパイスの香りとともに、何ともいえないバナナの葉のさわやかな香りが、また食欲をそそります。

Photo by MIYUKI.Y

スパイスカレーにぴったりのバスマティライスの上に、約40種類のスパイスを使ったおかずやカレーがたっぷり約10種類!この日は、オクラ・インゲン・パイナップルカレー・ビーツ・タマネギのスパイス炒め・ココナッツチップ・ゆで卵・チキンカレーなどで構成されていました。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS