ライター : グッチジャパン

京都グルメライター

京都の情報誌の営業・制作を経て、2018年に男性版情報誌の編集長に就任し、飲食店の立ち上げやプロデュースなどを兼務。昼夜問わず年間300軒以上の飲食店へ足を運ぶ。京都で人気のお店…もっとみる

1. 肉汁溢れるハンバーグ「とくら 京都三条店」

Photo by グッチジャパン

地下鉄烏丸御池駅から徒歩4分の「手づくりハンバーグの店 とくら 京都三条店」。京都の桂や新堀川に系列店がある人気店です。系列店は車でないと行きづらいですが、京都三条店はアクセス抜群です。

とくらのハンバーグは箸を入れた瞬間に溢れ出る肉汁が有名で、動画映えすると話題となっています。ハンバーグにかけるソースは、定番のオリジナルから明太子マヨネーズ、カルボナーラまで12種類もありますよ。

ハンバーグとエビフライ

Photo by グッチジャパン

180g/1,133円(税込)
ふっくらとしたハンバーグに箸を入れると、泉のように肉汁が溢れ出ます。その秘密は、ハンバーグをこねる技術や焼き加減、ミンチの配合。

オリジナルソースは赤ワインの酸味と果実が香り、ハンバーグと相性抜群です。カリっと揚げられたエビフライも外せません。味はもちろん、目でも楽しめる唯一無二のメニューです。
店舗情報

2. 至高のデミグラス「グリルデミ」

Photo by グッチジャパン

地下鉄丸太町駅から徒歩3分のところにある「Grill Demi(グリルデミ)」。店内に一歩に入ると、デミグラスの香りに包まれます。店名の由来は、デミグラスをたくさんの方に味わってほしいという想いからつけられたそう。

ハンバーグやタンシチュー、ステーキにオムライスなど自慢のデミグラスがたっぷりかかった洋食メニューがいただけますよ。

タンシチューハンバーグ

Photo by グッチジャパン

1,155円(税込)
自慢のデミグラスソースは、5種類以上の野菜や果物を3日以上煮込んで作られていて、コクのなかに甘味が感じられます。

タンは箸を入れるとホロリと崩れるほどやわらかく、近江牛と和牛の挽肉で作られたハンバーグは肉の旨みがたっぷり。どちらも濃厚デミグラスソースが絡み合って絶品です。一度味わうと、このデミグラスを定期的に求めてしまうほど中毒性がありますよ。
店舗情報

3. 本格洋食を気取らずに「グリルにんじん」

Photo by グッチジャパン

叡山電鉄一乗寺駅から徒歩10分、一乗寺の閑静な住宅地に佇む老舗洋食店です。メニューは人気の日替わりランチからエビマカロニグラタンやホタテ料理などの海鮮、ビーフやチキンといった肉料理まで目白押し。定番メニューからコース料理までそろいますよ。

ワインショップが併設されていて、ソムリエ資格をもつシェフ厳選のワインを買うことができます。

ビフカツ

Photo by グッチジャパン

1,925円(税込)
バターで軽くソテーした牛肉を米油でカラッと揚げ、特製デミグラスソースをたっぷりかけた「ビフカツ」。こだわりのトマトを使った濃厚なソースの味わいと牛の旨みが絶妙です。

5種類のドレッシングから選べるサラダも新鮮でおいしいですよ。ランチは味噌汁の代わりに豚汁がつくのも嬉しいポイントです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS