ライター : macaroni編集部レポート

macaroni編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

大阪で行列必至の天ぷら屋が東京にオープン!

Photo by china0515

大阪で連日行列をなしているという天ぷら屋「天ぷらとワイン 大塩」。ワインと合わせたくなる新感覚な天ぷらが味わえると大人気なんです!しかもリーズナブル。

そんな「天ぷらとワイン 大塩」が東京初進出。2020年9月10日(木)に開業した商業施設「日比谷OKUROJI」内にオープンしました!筆者も内覧会に参加してさっそく天ぷらを堪能してきましたよ♪ 新たな天ぷらのスタイルに大満足でした……!

新スポット「日比谷OKUROJI」内に登場

Photo by china0515

「日比谷OKUROJI」は、2020年9月10日(木)に有楽町駅~新橋駅の煉瓦アーチ高架下をリニューアルして開業した商業施設。新業態や東京初進出の店舗などこだわりが詰まったお店が全36店舗(※)が集まっています。

※9月10日に30店舗、2020年冬頃までに6店舗オープン

日比谷「天ぷらとワイン 大塩」

Photo by china0515

「天ぷらとワイン 大塩」は、揚げたての天ぷらとワインのマリアージュを味わう天ぷら屋さん。日本料理の代表ともいえる天ぷらをワインと合わせるという斬新さが特徴です。

目の前で揚げてくれるライブ感もポイント!天ぷらの衣が軽いため、女性からの支持が厚いようですよ。

大阪には天満市場店・梅田店・大阪駅前第3ビル店・天五横丁店の4店舗を展開されています。なんと日比谷OKUROJIと同時に中野店もオープンしました。全国で合計6店舗ということになりますね。

施設内の中心地にあり!注目度も高い

Photo by china0515

ただ、商業施設内に店舗展開するのは初の試み!しかも施設内のちょうど中心地にあり、注目されている店舗のひとつといえそうです。

ガラス張りで外から店内の様子が見えやすくなっているので、思わず気になってのぞいてしまいそう。カウンターとテーブル席があるので、一人でも、複数人でも楽しめる空間です。

単品190円から。いちおしのメニューを紹介

Photo by 東日本旅客鉄道株式会社

毎朝市場で仕入れられた新鮮な野菜や旬の魚介類など幅広いラインアップ。単品190円より注文できるため、いろいろな天ぷらを少しずつ楽しめます。

季節の食材を一番おいしい食べ方で提供してくれます。旬の食材を味わいに何度でも行きたくなってしまいそう♪

「メニューが多すぎて何から頼めばいいか……」と悩んでしまう方に、ここでおすすめを紹介していきます!

リピート率の高い「いくらカナッペ」

Photo by china0515

1枚190円
看板メニューの「いくらカナッペ」。海苔に天ぷら粉をつけてカラッと揚げ、その上にたっぷりのいくらがのっています。

海苔のサクッとした食感と同時に磯の香りが……。そこから濃厚ないくらの味わいが口いっぱいに広がります。「もうひとつ食べたい!」と思ってしまうほどクセになります。お店の方に聞いてみると、やはりリピート率が高いそう。

いくらカナッペにはスパークリングワインが合うとのこと。手で持ってひとくちで食べるのがおすすめですよ♪
Photos:10枚
日比谷OKUROJIがある煉瓦高架下
日比谷OKUROJIの看板
天ぷらとワイン大塩日比谷店の外観
天ぷらとワイン大塩日比谷店の内観
天ぷらとワイン大塩のいくらカナッペを手で持っているところ
天ぷらとワイン大塩日比谷店のいくらカナッペ
天ぷらとワイン大塩日比谷店のアスパラ~パルミジャーノチーズ~
天ぷらとワイン大塩日比谷店の鯛~レモンピール~
天ぷらとワイン大塩日比谷店のいちじくゴルゴンゾーラ
天ぷらとワイン大塩日比谷店のランチメニュー表
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS