ライター : omio96

おいしいもの・新しいもの・お酒が大好きな2児の母です。 みなさまに食の最新情報をお伝えします!

フライパン、結局どれがいいの……?

「そろそろきちんとしたフライパンが欲しいな」と考えているものの、どのフライパンを選べばいいのか悩んで買い損ねている方は必見! 東急ハンズのキッチン用品バイヤーとして活躍している、調理器具のプロにおすすめのフライパンを教えてもらいました。自分の調理スタイルに合ったフライパンを選べば、日々の料理がもっと快適に楽しくなりますよ♪

教えてくれた人

秋津 修平(あきつ しゅうへい)さん

東急ハンズキッチン用品担当バイヤー。2005年入社後店舗勤務を経て、2018年より現職に就く。バイヤー歴は約2年と浅いものの、10年以上の店舗勤務経験を活かしお客様目線での商品セレクトに努めている。好きな料理はカレー。休日はスパイスカレー作りに勤しんでいる。

最近のフライパン事情ってどうですか?

「メーカー各社が独自のコーティング技術を開発しており、耐久性や焦げ付きにくさなど高性能なフライパンが増えています。

これまで錆びやすく扱いづらいのが当たり前であった鉄製フライパンも、特殊な加工によりお手入れが簡単に。扱いやすさは当たり前となり、そのなかで軽さや深さ、料理の仕上がり、ブランド力といったお客様それぞれの視点で選んでいらっしゃるようで幅広い商品が売れている印象です。」

プロが教える!アルミフライパンのおすすめ3本

1. 北陸アルミ「センレンキャストプロ 深型フライパン(26cm)」

Photo by 東急ハンズ

本体サイズ:[内径]約26cm[深さ]約6.2cm 重量:約630g 素材:[本体]アルミニウム合金 [取っ手]天然木

特殊技術が生み出したアルミ製フライパン

“鋳物の街”として知られる富山県高岡市製造の、アルミニウム合金で造られたフライパン。高性能のフッ素樹脂トップコートで汚れが付きにくく、硬度のあるシリコンカーバイドがフライパンを傷から守ります。特殊加工により底厚にもかかわらず軽いので、女性でも楽に扱うことができますよ!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS