にんじんジュースの効果を活かすレシピ3選

1. にんじんとオレンジのゼリー

にんじんジュースと寒天があれば手軽に作れるレシピです。寒天は常温でも固まるので、加熱が終わったら素早く容器に移しましょう。にんじんジュース、寒天ともに食物繊維が含まれているので、便通が気になる方にもおすすめのひと品です。(※5)

2. りんごとにんじんのスムージー

にんじん、りんご、みかんを合わせるすっきり飲みやすいスムージーです。野菜や果物にはカリウムが豊富に含まれているので、むくみ対策としても活躍してくれます。にんじんは皮ごとミキサーにかけることで、皮に含まれる栄養も余すことなく摂り入れられますよ。(※1,2,3,17)

3. にんじんケーキ

にんじん嫌いのお子様でも食べやすい、にんじんケーキのレシピです。にんじんに含まれるβ-カロテンは、体内でビタミンAに変換されるため、子どもの成長に欠かせないビタミンAを摂ることができます。にんじんジュースを作ったあとの搾りかすを利用して、ケーキに混ぜるのもおすすめ。健康を意識したおやつとして作ってみてはいかがでしょうか?(※9)

野菜不足のお助け役!にんじんジュースの栄養を摂り入れよう

にんじんジュースには、むくみ対策に役立つカリウムのほか、排便を促したり、血糖値の上昇を抑えたりする食物繊維が豊富です。さらに、健康な肌づくりに役立つβ-カロテンなど女性に嬉しい栄養がたくさん含まれています。

一日に多くの量を摂るのがむずかしい野菜ですが、ジュースやスムージーとして飲む方法だと手軽に摂ることができるので、野菜不足が気になる方にもおすすめです。家でにんじんジュースを作る場合は、皮ごとミキサーにかける、ほかの果物や野菜と組み合わせて飲みやすくするといった工夫で、たっぷりの栄養を摂り入れることができますよ。
【参考文献】
(2020/09/23参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS