ライター : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

牡蠣のカロリーと糖質量

牡蠣1粒(20g)のカロリーと糖質量

エネルギー量(カロリー)…… 14kcal
糖質量……1.0g(※1,2)
※参考文献2は、牡蠣1粒の重量のみを参考にしています。

ほかの食材と比べると

牡蠣とほかの貝類のカロリーと糖質量を、100gあたりで比べてみましょう。

・牡蠣
エネルギー量(カロリー)…… 70kcal
糖質量……4.9g

・はまぐり
エネルギー量(カロリー)…… 39kcal
糖質量……1.8g

・ほたてがい
エネルギー量(カロリー)…… 72kcal
糖質量……1.5g

カロリーでははまぐりより高く、ほたてがいとは大差がみられません。糖質量では、ほかの貝より牡蠣のほうが多いです。牡蠣の糖質は、必要に応じてすぐにエネルギーになる「グリコーゲン」として含まれています。(※1,3)

牡蠣料理のカロリー

生牡蠣だけでなく、調理して食べることも多い牡蠣。牡蠣料理のカロリーを1人前あたりでみてみましょう。

・牡蠣のバターソテー…… 60kcal
・牡蠣鍋…… 184kcal
・牡蠣ごはん…… 243kcal
・牡蠣フライ…… 394kcal

牡蠣1粒あたりは14kcalと低カロリー。調理方法や牡蠣以外の材料、使う調味料によってカロリーに違いが生じます。特に、衣をつけて揚げる牡蠣フライは生牡蠣と比べると約5.6倍のカロリーに。ダイエット中は個数を減らす、タルタルソースを控えるといった工夫が必要です。(※1,2,4,5,6,7)

牡蠣の栄養について

たんぱく質

三大栄養素のひとつであるたんぱく質は、牡蠣100gあたり6.9g含まれています。

たんぱく質は炭水化物や脂質と同じくエネルギーを生み出す栄養素のひとつ。細胞の主成分として筋肉や臓器をはじめ、皮膚や髪を構成するほか、ホルモンや抗体の成分にもなり、生命維持において不可欠な栄養素です。不足すると体力や免疫力の低下につながるおそれがあります。(※1,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS